Previous Topへ Next

OSXでよく使うアプリケーション18-9

Dashboard/Widgets for Dashboard



FontViewer

(Freeware, Widgets for Dashboard)
おすすめ度★★★
OS10.4Tiger対応

これはフォントを見るWidget。

テキストのデザインに凝るようなイラストレーションのようなことをやっている時に、自分が持っているフォントの一覧を見たいという場合がある。
こういう時にフォントをプレビューできるアプリがいくつかあるが、これらは大抵はフォントを表示するのに非常に待たされるか、または非常に大きなフォントキャッシュファイルを生成してくれるかどちらかだ。でかいライブラリデータを生成してディスク容量を圧迫してくれても表示が速い方がうれしい。

しかし両得で解決したいならこのWidgetを使えば良い。
ライブラリデータを生成しないので表示には結構時間がかかる。しかしそこはDashboardWidgetの手軽さで、起動しっぱなしにしておけば良い。
バックグラウンドではメモリ領域以外はほとんどリソースを食わない。

それでフォントを見たい時だけさっとDashboardを開けばスピーディだ。
日本語も通るので日本語フォントの確認にも使える。
英語フォントと切り替えるとまた時間がかかるが、Widgetは2つも3つも窓を開いておけるので一つに日本語を、もう一つに英語フォントを表示しておくという使い方もできるかもしれない。






FontViewerはフォントプレビューがお手軽スピーディにできる
起動しっぱなしにしておけば待ち時間無しにフォントを確認できる





もちろん日本語も通るので日本語デザインをする人にも使える





DoBeDo

(Freeware, Widgets for Dashboard)
おすすめ度★★★
OS10.4Tiger対応OS10.5Leopard対応OS10.6SnowLeopard対応

iCalの予定を気軽に見たいということで最近Widgetを愛用している。
iCal Eventsは予定をiCalを起動しないで確認できるのが便利だ。
しかしこれは予定はチェックできるがToDo項目がチェックできない。
ToDoだって見落とすと大変だ。
そこでこのWidgetを一緒に起動しておけば、予定ToDoともにDashboardで表示できる。
これも必要だと思っていたので早速常駐させることにした。





DoBeDoiCalのToDO項目を表示できるWidget
項目の種類や期間も選べる





Christmas Lights

(Freeware, Widgets for Dashboard)
おすすめ度★★★
OS10.4Tiger対応

季節物のソフトの中でもこういうのって人気があるのか、アプリでも種類が相当有るんだけどWidgetでもやっぱりいろいろ出始めている。
これはDashboard画面をクリスマスの電飾でキラキラ飾ろうというWidget。

純朴な白も選べるし、カラーライトも選べる光り方もブリンクやチェイスなどいろいろパターンが有って面白いんじゃないだろうか。






Christmas LightsはDashboardにもクリスマスデコレーションをというWidget





BitMemo

(Freeware, Widgets for Dashboard)
おすすめ度★★★★
OS10.4Tiger対応

簡易なメモ帳、スクラップブックとして使える多目的なDashboardWidget。

コピペでテキストを引き写して、書き込みもできる。
またそれだけでなく画像データなどをドロップして画像も取り置くことができる。
画像はリンクとして保存されて編集モードから抜けると次に表示されるという仕組みになっている。

それだけならわりと普通のメモソフトなのだが、これの面白いところはこれ単体で画像のキャプチャーをしてここに取り込んでおくということができる。
これは面白い。
画像は
"?/Library/BitMemo/capture/"
にpngデータとして取り込まれる。
なのであまり調子に乗ってどんどんキャプチャーしているとすぐにでかいファイルサイズになってしまう。
でもとりあえずメモっておきたいという時には、面白い機能じゃないだろうか。

webは知識の泉だが、記録をちゃんと残しておかないとすぐに消えてしまうサイトが多い。
1年後の生存率はhtmlで4割、ブログの場合は生存率は2割を切っているという話を聞いたことがある。
つまり目についた時にお気に入りサイトは記録を残しておかないと消えてしまうということだ。

また面白い機能にメールへのエクスポート機能もある。
とりあえず見つけた面白いwebの情報をキャプチャーして、URLもドロップしてそれを登録したお友達に知らせるという使い方もできる。
メールはシステムで指定したデフォルトメーラを呼び出してくれる。

また画像だけでなく音源や動画、各種ファイルを記録しておくことができるので簡易なランチャーとしても使えるかもしれない。

これはなかなか実用性を考えても使えるんじゃないだろうか。
こういう機能はWidgetだけでなくアプリでも欲しいくらいだが、Widgetだからこそこういうものがどんどん出てくるということなのかもしれない。






BitMemoはテキストをコピペ、画像ファイルをドロップで
とりあえず簡単にメモを作れる





面白いのは画像キャプチャー機能がついていること
気になるサイトを見つけたらとりあえずキャプチャーで
URLと一緒に記録することができる












Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか