Previous Topへ Next

「段ボール入り肉団子はでっち上げ」報道に思うこと
/Fake product

民主中国の開放政策にご同慶を感じる


随分参戦が遅れてしまったが、これも書いておかなくてはと思ったので。
中国のテレビ局が報じた「肉団子に段ボールを混入させていた悪質業者」のニュースに日本のワイドショーなんかは激しく反応していたが、それがデタラメ報道だということが明らかになったとたんに中国人のデタラメぶりに非難囂々、実に面白かった。
そりゃ歯磨きにネコイラズが入っていたり、うなぎに抗生物質が入っていたりの国だから、肉団子に段ボールが入っているくらい不思議でも何でもないかもしれない。

でもこれがでっち上げ報道だったというのは私には違う意味で衝撃だった。
「中国も随分民主的になったのだな」
と思う。
これが文革の時代だったら、このでっち上げニュースを流したディレクターも番組のプロデューサーも即日人民裁判にかけられて、即日公開銃殺だったろう。

さすがに中国でも譴責はあるだろうけど、そういうことにはならないということが分かっているからこんなことをしたんだろう。
あの国もオープンになったものだと思う。




2007年7月30日













Previous Topへ Next





あわせて読みたい
site statistics
青木さやか