Previous Topへ Next

Windows10無償アップデート予約開始〜早速バーチャルは予約したが
実機はWin7かな〜予約しても消えない予約ボタンの消し方

Win10Coming

Windows10無償アップデート予約開始〜早速バーチャルは予約したが実機はWin7かな〜予約しても消えない予約ボタンの消し方

OSは無償の時代が来るらしい。

らしいというよりもMicrosoftがWindows7、8.1からのアップデート者に限りWindows10を無償配布すると発表し、これは結構インパクトがあったようだ。

もちろんまだWindowsXPを使っている人はダメ。

条件はWindows7、8のライセンス(実機プリインストールも含め)を持っている人だけで期間は1年間と限定なのでMac OS XやUbuntuのように完全無償というわけではないのだが、これまではWindowsOSとOfficeのライセンスがMicrosoftの利益の中核という構造だっただけにMSさんも大転換点に来ているのかもしれない。
(Windowsのオープンソース化についても、可能性があるとMSの幹部が言及したそうだ。Windowsも将来的にはMozillaやLinuxのようになっていくのかもしれない)

そのWindows10の発売は7/29と先日発表され、それに向けて無償アップデート対象者にはオンライン予約も開始された。
オンライン予約の方法はキャプチャで紹介しているが、現在のWindowsのタスクトレイに(Windows Updateを怠っていなければ)Windows10アイコンが現れているはずなのでそれをクリックして指示に従うだけ。
簡単だ。

アップデートしたくない人は…ちょっとウザいことになってる。
実際今回私はVMWare Fusion上で動かす仮想マシンだけアップデートして、仕事で使っている事務機、検証機、治具用VAIOはWindows7のままで使用しようと思っているが、それらにも予約アイコンが現れていて、消す方法も紹介するが完全に消えるわけではない。

なおWindows10のテクニカルプレビュー版はブラウザはIE11が入っていたが、7/29からのホンチャンWin10からはSpartanという新ブラウザが搭載されるとのことだ。

どう違うのか…一言で言うとMicrosoft版Google Chromeというようなブラウザらしい。
Mozaicの流れをくむIEのレンダリングエンジンをとうとう捨て、Microsoft独自ルールてんこ盛りだったTridentはオプションになる。
このためインターネット対応イコールインターネットエクスプローラー対応だった企業サイト、お役所サイトはW3C準拠エンジンのSpartanデフォではサポートされなくなり阿鼻叫喚が予想される。
(オプションでTridentエンジンを選択できるのでSpartanでもお役所サイトを表示できるのだが、例によってユーザはそんなことしてくれない。いきなり「バグってる」とクレームを入れてくるはずだ)

>バージョンもナイトリーバージョンのように細かくアップデートされ、しかもバックグラウンドで自動アップデートというまさにGoogle Chrome的なブラウザになるらしい。
JavaScript開発者、ActiveX開発者の阿鼻叫喚が予想される。

しかしMacがことえりを捨て、WindowsがIEを捨てる…いろいろ時代を感じる今日この頃ではある。





Windows7、8.1ユーザはタスクトレイにWindows10の
フラットデザインなアイコンが現れていることに気がついているはずだ
ここからWindows10の無償アップデートの予約ができる




ここから無料アップグレードを予約するのはとても簡単
申し込みアプリのこの部分をクリックするだけだ




以上で予約完了
予約できたかの確認メールとアップデートが近づいたらお知らせメールを
送って欲しい人は次のページでメールアドレスを入力する
これは単なるお知らせメール確認なのでスキップしても問題ない




以上で完了
実に簡単なのだが問題はアップデートがどういう形でくるのかだ
保存できるインストーラで来るならいいがインストールしたら自動的に
消滅するようなインストーラだったら1年後にシステムがぶっ壊れた時に
有償でWindows10のライセンスを買わないといけなくなるのかもしれない
追加インストールも有償になる可能性がある
ここらWindows7からのアップには慎重になる所以だ




この通りメールにコングラチュレーションメッセージが届く




そしてWindows7などで10にアップグレードする気がない人…はこのアイコンは邪魔なだけ
アイコンを消すのはここのタスクトレイボタンからカスタマイズ…をクリックする




起動してくるコンパネでGWXという項目のプルダウンで「アイコンと通知を非表示」を選択




するとWindows10アイコンはバーからは消えてこの中に移動する
移動するが消えるわけではないし、なんと再起動すると
元に戻ってしまいWin10アップグレードを求めてくる
Microsoftもスパム化している気がしないでもない
おまえはMacKeeperかw
これを完全に消すにはWindows UpdateのKB3035583を削除すればいいらしい
完全に消せていいがしかしシステムパッチに同梱してくんなよと思う
削除するとまたWindows Updateが「未完了のアップデートがある」
とうるさく言ってくるじゃないか…


2015年6月6日















Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか