Previous Topへ Next

OSXでよく使うアプリケーション16-3

ビデオ、動画ビジュアル/Movie viewer, operator



Cellulo2

(Freeware)
おすすめ度★★★★
OS10.4Tiger対応

これは以前愛用していたビデオプレイヤーアプリだ。

一番の特徴はリストにフッテージをどんどん追加するだけで簡単にリストを組んで再生できることだった。だからweb上に切れ々れに置かれているサンプル画像なんかをまとめて再生するような使い方には便利だった。QuickTimesProだと編集が必要になるがこれだと必要ないからだ。

ところがこのCelluloは一時期完全に開発が止まっていて2年近くバージョンアップがなかった。
そうこうするうちにタイガー環境ではバージョン不適合のために起動すらできないという状態のまま放置されていた。
QuickTime7との不適合だったのかもしれない。いずれにしても全く動かなかったわけだ)

ただ、OSXのビデオアプリはVLCを筆頭に数も機能も充実し始めていて、優秀なアプリがいっぱい有るのであまり不自由を感じなかったのだが。
しかしCelluloが2になって帰ってきたというのは、昔愛用したアプリだけにちょっとうれしい。

2になってアイコンが変わった。昔のレトロな映写機のアイコンからアルミボディー風の何となくモダンな映写機になった。
このアイコンが象徴しているが変わったのはアイコンだけでなく機能も今風の新機能が盛り込まれている。

リストを簡単に作ってそれを一気に再生できるのは昔通りで、それをリピート再生もできるし、ワンクリックでフル画面再生もできる。
面白いのは扱えるビデオのフォーマットが増えたことでQTmovieだけでなく.mp4や.moovというファイルも扱える。
WindowsMediaPlayerの.wmvも扱える。
残念ながらRealPlayerの.rm形式は扱えないが、もう最近ではあまり見ない形式なのでそれは良いだろう。

動作の軽さといい、あらゆる形式を扱える融通性といい久しぶりに復活したのにいきなり最強のビデオプレイヤーになるかもしれない。






Cellulo2は簡単にリストを組めてビデオ素材を連続再生できる
面白いのは形式の違うビデオでもどんどん連続再生ができることだ





Flip4Mac

(Shareware)
おすすめ度★★★★★
OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応OS10.5Leopard対応
OS10.6SnowLeopard対応

最近流れたニュースで、わりと話題になっているのがMicrosoft社のMac版Windows Media Playerの開発打ち切りのニュースだったんじゃないだろうか。
Macと圧倒的に販売力の差があって逆転される心配が無かった時にはQuickTimeは脅威ではなかったから
「MacユーザにもやさしいMicrosoft」
なんて顔をしていたが、iPod、iTMSが現実の脅威になってくるととたんに手のひらを返したかのように
「Macに協力しているようなリソースは無い」
とか言い出しているわけだ。
こういうWMV規格のような、一私企業を利する目的だけのために生まれてきたようなビデオ規格はさっさと退場願いたいものだし、私自身は別にそんなものは痛いとも思っていなかったし、Windowsが没落していく過程でそういうことは必ず起きるだろうと思っていたわけだが、世の中にはMacでWMVを見たいという人も結構多いわけだ。
(WMVの次は何が来るだろうか? いずれにしても最終的にはMac版Office開発打ち切りということはかなりあり得ると思っている)

もっとも世の中にはweb上のストリーミングなどでWMV規格なんかを使っている不見識な会社なんてたくさんあるわけで、現に私の勤務先もその不見識な企業の一つなわけだが、そういうものを見る時にいちいちWindowsを用意しないといけないというのも不便だ。

なんとMicrosoftさんはMac版Windows Media Player廃止にともなって、サードパーティのTelestreamと契約してQuickTime PlayerSafariなどのプラグインであるFlip4Macをフリーウエアにしてくれた。

何とも親切なことである。
しかし本家のプロダクツであるWindows Media Playerよりもこちらの方が良くできているというのはご愛嬌だ。

インストーラの指示に従ってインストールを完了すると、QuickTime PlayerSafariに必要なプラグインが所定の位置に格納される。

後はそれぞれのアプリを再起動するだけで良い。
本体のセットがアプリケーションフォルダにインストールされるが、その中に入っているWindows Media Playerというアプリケーションは実際にはQuickTime Playerのランチャーになっている。
QuickTime PlayerはQTムービーを開くのと全く同じ要領でWMVムービーを開くことができるようになっている。
Safariに関しても同じで、web上のQTムービーやmpegストリーミングを見るのと同じようにWMVを見ることができる。

Windows Media Playerは常にWindows版に比べるとMac版はバージョンナンバーが一つ遅れていて、Mac版Windows Media PlayerではWindows版の最新のバージョンのコーデックが見ることとができないという問題がずっと過去のバージョンからあった。
こういうところにMicrosoftの恣意的なものを感じてしまうのか、Microsoftのソフト開発能力の程度を感じてしまうのか人によって意見が分かれるところだったが、もうこの会社は本性を現しちゃったんだから今更期待するものは何も無い。

それよりもQuickTime Playerに依存するとはいえMacで初めてWindowsの最新コーデックを見ることができるようになったわけだから、ゴミみたいなアプリに今更悩まされるよりはこの方がよっぽど幸せな解決だといえる。

OS10.44のアップデートか最新アップデート版のSafariとこのプラグインは相性が悪いという情報も見かける。
なぜかSafariが落ちやすくなってしまうらしいが、アップデートはワンテンポ遅れて慎重にやるというくらいでちょうどいいのかもしれない。
すぐに対応版が出るだろうから。
一応このFlip4Macは本体と一緒にアンインストーラもセットでインストールされるので安心ではある。

<後日追記>

残念ながらこのアプリもMSに買収されて精気を吸い取られてしまったようだ。Windows Media Playerの最新コーデックを再生できないという意味ではWindows Media Playerと同じような遅れを出している。
このアプリを入れるメリットはWindows Media PlayerのファイルをWindows Media Playerを起動せずにQuickTime Playerで再生できるという一点だけになってしまったようだ。

<さらに後日追記>

しかもこのFlip4Macは完全にシェアウエアに移行した模様。
一私企業のする利益行為だからいちいちそれを批判するのは当たらないのだが、結局 Flip4MacWMPの有料化のために買収されて、飼い殺されているようなもので、かつてこの手法でLinuxのセキュリティアプリの開発元を叩きつぶしたマイクロソフトの面目躍如というところだ。このアプリの話をするのは不快なので近日中にこの記事を削除するかどうか検討中だ。






Flip4MacQuickTime Playerのプラグイン
この通り最新のWMVコーデックをQuickTime Playerを使って再生できる





柴田淳が好きだと吠えたらお知り合いがこのサイトをを教えてくれた
ところがこのサイトもWindows Media Player用の高解像度画像を見ることができない
それがFlip4Macを入れることでこのようにQuickTime Playerプラグインで見ることができるようになった





MPEG Exporter WMV

(Freeware)
おすすめ度★★★
OS10.4Tiger対応

上記の記事でWMVをQuickTimePlayerで再生するプラグインセットのFlip4Macを紹介した。
これでWMVの最新コーデックのビデオファイルがQuickTimePlayerでも見ることができるし、Safariでも見ることができるようになった。

しかしこのどうしようもない規格で保存されたビデオファイルはそのままでは何の拡張性も融通も利かない。これをH.264やMPEG-4などの規格に変換するスクリプトがこれ。
動作はQuickTimePlayerに依存し、Flip4Macをインストールしていないと変換動作に入れない。

これでしかしディスクのWMVのファイルを溜め込まなくていいのは助かるし、副次的なオマケとしてWMAのオーディオファイルをm4aに変換できるというオマケが実現したのがうれしい。
(これに関しては変換後拡張子を「.m4a」と書き換えなくてはならならない)

これで変換したビデオファイルはiPodなどで扱えるようになるし、オーディオファイルはiTunesでも扱えるようになる。
このスクリプトを書いていただいた作者さんには感謝したい。






MPEG Exporter WMVFlip4MacをインストールしたQucikTimePlayerを利用する
これでWMVビデオファイルをMPEG4などのまともな規格に変換できる





フォーマットはH.264やMPEG4などに変換することができる


このMPEG Exporter WMVで扱えないファイルタイプを読み込ませようとすると、こんなアラート画面が出ることがわかった。
扱えないファイルを読み込ませようとするといきなり画面が真っ赤になって、デスクトップがこんなに変わってしまうので最初はちょっと面食らうが、といってもだからどうということも無いのだが。
この画面は「エヴァンゲリオン」が制御不能になってしまった時に出るアラート画面とそっくりだ。
この作者さんもアニメファンなのだろうか。






MPEG Exporter WMVはWindows Mediaファイルを
変換するアプリなのでRealPlayerファイルは読み込むこともできない
うっかりやるとこういう画面になるので最初は面食らうが、こういう仕様なのだ





Democracy

(Freeware)
おすすめ度★★★
OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応Windows2000~XP対応

web上にあるビデオファイル、ポッドキャスティングをテレビを見るようにしてみるアプリ。

要するにRSSリーダーとビデオ再生アプリが合体して、テレビのチャンネルを合わせて番組を見るような使い勝手を実現したアイデアアプリ。
番組表を内蔵しており、デフォルトで入っている番組もユニークで面白いものが多いし自分で見つけたサイトを「チャンネル」として追加登録もできる。
また同サイトにはユーザがオリジナルで作ったホームビデオをアップロードして自ら「チャンネル」になることのお薦めページもある。

面白いんじゃないだろうか。
こうして素人の個人が自作の番組をアップしてどんどん放送局になるという局面は良いと思う。
本当に盛り上がるにはやはり質のいい制作者が現れることが条件になる。
しかし、デフォルト番組表に入っているチャンネルをいくつか見てみたが、プロフェッショナルなミュージックビデオよりも素人さんが手作りで作っているらしい「なんちゃってニュース番組」の方が面白かったりする。

ただこのアプリ自体は非常に重いアプリだ。iBookG4, 1.33Ghz, VRAM32MBという仕様でも一杯一杯という感じで、解像度が高いミュージックビデオなんかは映像がカクカクになってしまう。
同じビデオをvlcで再生するとスムーズに再生されるのにだ。
それを考えると手間は増えるがブラウザ+vlcという組み合わせの方がストレスなくビデオは見ることができるような気がする。

もう少しだけ動作を軽くしてくれると使いやすくなって面白いと思うんだけどなぁ。






Democracyはインターネット上のビデオキャスティングの「チャンネル」を
登録してそこからビデオをダウンロード再生するアプリ
チャンネルはRSSで自動更新されるのでテレビのような使い勝手





素人制作の面白いパロディビデオなんかに出会える
シリーズ化されたものは本当にテレビを見る感覚で見られる
日本の制作者さんがいろいろ出てくると楽しめるだろう












Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか