Previous Topへ Next

iOSを5.1にアップデート〜Siriが使えないもうひとつの理由

Out of Siri

iOSを5.1にアップデート〜Siriが使えないもうひとつの理由

アップデートがかかってきたのでiPhoneのOSをiOS5.1にアップデートした。

サイズはついにCDRの再大容量を超えていて、OSXがDVDインストールになって衝撃を受けていたのがそんなに前のことじゃなかったのに今ではiOSデバイスが皆CD-Rでは容量が足りないサイズになってしまった。
時代の遷り変わりには感慨を禁じ得ない。

それで巷で話題になっているのは、まずダウンロードが始まらないという問題。 これは私のところでは起こらなかったのだが、昨晩からかなり広範に話題になっているのでその対処法を。 こちらのいーわさんのブログが参考になる。
iOS 5.1がダウンロードできない場合はDNSの設定を変更するといいかも | E-WA’s Blog

私のところで起こったのは前回のときと同じで、ダウンロードには一発で成功したものの、iPhoneのアップデートに失敗して3回ほどやり直したことだ。
こういうことがあるので、夜寝る前にアップデートをかけて寝てる間にアップデート完了…なんているアップデートのかけ方はお勧めできない。
朝起きたらiPhoneが初期化されていて頭の中まっ白なんてことになりかねない。

もっとも今回は前回のように十数回アップデートをかけ直すなんてとこまではいかずに、3回目で成功したが。

以下その様子を。





iTunesで同期をかけようとすると昨晩発表されたiOS新バージョンがもう利用できるという
さっそくかけてみることに




ダウンロードサイズがついにCD-Rサイズを超えているので
DSLのような低速環境の人はちょっと根気が必要
OSX自体がDVDインストールになって驚いたのはそんなに昔のことではないのに…




巷ではダヌロードに失敗するというトラブルが多く見られるがここではうまくいった
しかしiPhoneのアップデートに失敗する問題が起きる
前回十数回アップデートをかけるはめになってしまったが果たして今回は…?




と思ったら今回は3回目でうまくいった




さて巷で話題のSiriだが設定の一般に無い!?
本当ならここにSiriのアクティベーションメニューがあるはずなのだが…
果たしてその真相は?



ということで調べてみた。
どうやらこれが真相のようだ。
「iPhone 4」の「Siri」未対応の理由は、A5チップのノイズ低減回路!?

iPhone4以前のチップのノイズキャンセラー回路の関係でSiriに対応できないらしい。
ということは現在使えないだけでなく、今後買い替えをしない限り対応も無いということらしい。

ウワサでは有能な秘書らしいSiriちゃん(その声は聞き覚えがあると思ったらKyokoさんらしいが)は今回はお預け。
契約2年も経たないうちに、旧型品の悲哀を味遭わされる時代を恨む…
いっそ4sに買い換えるついでにauに乗り変えてやろうか…でもソフトバンクがプラチナバンドを入手したというところにまだ一縷の望みを感じているのだけど…




2012年3月11日















Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか