Previous  Index  Next


2018 年 8 月 1 日




anchor

Trash It
(Freeware)
OS10.10Yosemite対応 OS10.11El Capitan対応 OS10.12Sierra対応
OS10.13High Sierra対応

アクティブなアプリで開いている元ファイルを一々Finderで開かなくてもワンクリックでゴミ箱に移動できるスクリプトアプリ。

テキストエディタやプレビューアプリなどで開いているファイルが必要なくなった時に、そのファイルがデスクトップとかわかりやすいところにあれば、選択して捨てればいいのだが深い階層にたくさんのフォルダに分類されている中にあって一々探して選択するのがめんどくさいという時、このアプレットをワンクリックすれば開いているファイルがゴミ箱に移動する。

これを起動するたびにアクティブなアプリを切り替える必要がないので、というより切り替えると別のファイルを移動してしまうのでドックやスクリプトメニューから起動する方法を作者さんは推奨している。
私はAlfredで選択する方法で使用している。





最初に起動した時にシステム環境設定を起動してアクセシビリティの変更を求められる




「開く」ボタンをクリックするとシステム環境設定アクセシビリティが開く
ここでTrash Itを探してチェックを入れることで使えるようになる




アクティブなアプリで開いているファイルがどこに
あってもそのアプリを選択せずに直接削除できる




逆にTrash Itはバックグラウンドで起動しないといけないので
ドックに登録するかランチャーアプリで起動する方法が作者推奨だ
私の場合はAlfredが便利だと感じた
間違って違うファイルを削除してしまった時はコマンド+Zで元に戻せる














Previous  Index  Next



site statistics



青木さやか