Topへ Next

OSXでよく使うアプリケーション1-1

メーラ編/Mail Client


GyazMail

(Shareware)
おすすめ度★★★★★
OS10.2Jaguar対応OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応
OS10.5Leopard対応OS10.6SnowLeopard対応OS10.7Lion対応
OS10.8Mountain Lion対応OS10.9Mavericks対応OS10.10Yosemite対応

メーラに何を使うかは実に問題だ。
ブロードバンドの時代とはいっても、やっぱり毎日使うのはこのレガシーインタフェイスの手紙だ。
ところがMacOSXに関してはこのメーラソフトには何故か良いものが少ない。
皆が毎日使うものなのにだ。
私がいろいろ試して、やっと到達した結論がこのGyazMailだ。
3ペインのインタフェイスはOutlookExpressに似ているので、OLEからの乗り換えにはほとんど戸惑うことはない。

それでいてOLEが抱えていた問題は全て解決されている。
htmlメールを勝手に開くこともないし、送信もデフォルトでhtmlを送信しないようになっている。
こういうOutlookExpressの問題はWindowsのウイルス騒ぎの元凶とまで言われたのに、Microsoftは一向に改善しようとしないで、スパムフィルタだけで対応しようとしている。
なぜそこにこだわるのか意味が解らない。
しかしそこに嫌気が差してOLEの代替メーラを探していた人は多いはずだ。
そういう人にはこのGyazMailがお薦めできる。

ツールバーもカスタマイズできるし、pop3、IMAP等にも詳細な設定で対応できる。
PGP等の暗号化プラグインにも対応する予定だという。

メッセージやアカウントのバックアップも簡単で、"/Users/Home/Library/Application Support/GyazMail"とPreferenceをコピーするだけで良い。
マルチアカウント、マルチユーザにも対応している。
この作者は意欲的に開発を進めていて、そういうアップデートにも期待が持てる。

何よりも軽くて動作が安定しているのが良い。
今一番薦められるメーラだ。

書き忘れていたがこのメーラを使っていこうと決意した大きな理由のひとつに、
このGyazMailはシステムバンドルのアドレスブックに対応しているということも上げられる。
アドレスブックはブラウザやファックスソフトとも連携できるし便利なので使いたいところだが、そのアドレスブックの登録アドレスをそのまま使えるという対応をしたメーラは数少ない。
このGyazMailはアドレスブックの登録データを、インポートというステップを踏まずにそのまま使えるのが優れている。



3ペインの使いやすいフェイスで、背景色なども自由にカスタマイズできる
リモートメールなども使えるという2000円とは思えない高機能なメーラだ

anchor

GyazMailのSPAMフィルタを試してみた

最近特にYahoo.mailに来るスパムの量が半端でなく増えてきた。

以前YahooBBに個人情報を流出していただいたYahoo.mailはそのおかげなのかスパムまみれになって使い物にならなくなったので、アカウントを放棄して今のメールアドレスを使っているのだがこちらもそろそろスパム業者に捕捉されているのか、スパムが増えてきている。

あの流出アカウントのように一日何百通もスパムがくるようになると、もう使えなくなるのだがYahooのメールサービスで設定したスパムフィルタが全然効いている感じがしない。
「いまどきYahoo.mailなんか使ってるなよ」
というツッコミは置いておいて、こちらはむしろ外してGyazMailのSPAMフィルタを試してみることにした。

この何週間かそれで様子を見ているのだが、これまでのところ快調で毎朝数十件のスパムメールを削除することから始めなくても良いというのは、こんなに快適なのだということを久しぶりに思い知った。

手順は簡単で、スマートフォルダのようなGyazMailのフィルタの設定をスパムの条件に設定すれば良い。

ここで紹介したMyPopBarrierのスパムフィルタ設定をしていて気がついたのだが、最近のスパム業者は同じ宛先リストを使っていて、その宛先(大抵はYahoo.co.jpのメールアカウント)にバイト君がメールを打つと、同報転送設定されている数万人に一斉に迷惑メールが飛ぶという仕組みになっているらしい。
なのでスパムメールが来た時には、自分のメールアカウント以外のアカウントを全部ここに登録すれば良い。
これで結構な確率でスパムを止められることが分かった。
こんな簡単なことになんで気がつかなかったんだろう!
このフィルタももう少し速く試してみればよかった!





GyazMailを起動して設定からこの「フィルタ」に入る




ここでスパムフィルタのルールをどんどん登録していけばメールをフィルタリングできる
新規で追加、あるいは既存の複製を編集するという方法でフィルタのルールを作っていく




「特定のアカウントで宛先に特定の文字列が含まれた場合、
メッセージを受信せずにサーバから削除する」という設定の例
最近のスパマーは特定の宛先リストを使っているのでそれをここにどんどん登録すれば良い
何を削除したカログを残す設定が一番下のチェック




これで一斉受信動作をするだけでスパムメールを一網打尽にして自動削除してくれる
スパムを削除する手間が無くなるだけでこんなに快適になるとは思わなかった





Postino

(Freeware)
おすすめ度★★★★

前出のGyazMailではめったにないことだが、メーラがクラッシュしてしまうと特に仕事で使っている時に大変困ったことになる。
そこでバックアップ用のメーラをひとつくらいは持っておきたい。
このPostinoはバックアップ用としては理想的なメーラだと思う。

動作が安定しているし、軽い。
それでいて添付ファイルなどの送受信に失敗したこともない。
OSX版についてはクラシック版にあったカスタマイズ機能などが省かれていて、本当に必要最低限の機能だけという感じだが、バックアップ用なら十分だ。

メインのメーラとしても使用はできると思うが、このメーラの開発はもう終了してしまったようなので今後OSXのバージョンアップについていくことはない。
つまりOSをバージョンアップすると使えなくなる可能性がある。
それが唯一の不安材料だ。

OS10.2では動作することは確認しているがOS10.3でも動くのかどうかは知らない。


シンプルで軽く安定した使えるメーラ
でもペインがあれこれ散らかるのがちょっと気に入らない


追記

このPostinoはこの当時から開発販売は打ち切りになっていたが、とうとうダウンロードも打ち切られてもう入手できなくなっている。
開発が終了した段階でいつかはこうなるだろうと思っていたが、バージョン不適合で使えなくなるのは時間の問題だ。
メーラはいつかはこうして別のものに乗り換えなくてはならない時が来るので、エクスポートがしやすい、またはメッセージファイルを一通ずつテキストデータで保存しているものが望ましい。 そういう意味でも後出のOutlook Expressなんてのは最悪のメーラだといえる。





Mail

(Bundle)
おすすめ度★★
OS10.2Jaguar対応OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応
OS10.5Leopard対応OS10.6SnowLeopard対応OS10.7Lion対応
OS10.8Mountain Lion対応

OSXに標準でバンドルされているメーラ。

Appleの純正アプリは、iTunesSafariのように非常に使いやすい優れたアプリと、使いにくい不安定なアプリと両極端があるような気がする。
このMailはその後者の代表のようなもんだと思っている。

最初の頃のMailは起動すると勝手にメールを読みにいって、モバイルなどでスタンドアローンで使っている時はフリーズしたように動かなくなって使い物にならなかった。
アドレスブックから直接Mailを開いてもフリーズしたようになって、頭に来て削除した覚えがある。 今のMailは起動した時にメイルを読みにいくかどうか設定できるようになっているが、そもそもそんな機能は必要ないという発想はないのだろうか?
とにかく使いにくいし安定性もいまいち、他に使えるメーラがないならともかく敢えて使う必要はないんじゃないかと私は思っている。

OS10.3ではきっと改善されたのだろうと思うが、最初の出会いが不幸だったのでこのメーラとはお付き合いすることはないと思う。





Netscape

(Freeware)
おすすめ度★★★
OS10.2Jaguar対応OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応Windows2000~XP対応

このメーラはブラウザのNetscapeをインストールするとついてくる。
シンプルなメーラだし、実は隠れた愛用者が結構いたりする。
私はあまり積極的に使ったことがないが、安定もしているそうだ。
ただ、仕事柄添付ファイルが確実に使えないと困るのだが、そのあたりをちゃんとテストしたことがないのでなんともいえない。
ちょっと見なれないインタフェイスなので、他のメーラから乗り換える時は操作に戸惑うかもしれない。












Topへ Next





あわせて読みたい
site statistics
青木さやか