Previous Topへ Next

OSXでよく使うアプリケーション14-3

ビジネス&お役立ちアプリ/Office Working, Convenient tooles



Desktastic

(Shareware)
おすすめ度★★★★★
OS10.2Jaguar対応OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応

パワーポイントというアプリが嫌いだ。
なぜ嫌いかというとPPTを使う人の話というのは皆定型化していて、フローチャートを上から順番に一生懸命読み上げているだけというパターンが多いからだ。
話が下手だからパワーポイントをカンペ代わりに頼ってしまうのか、パワーポイントを使うから思考能力が鈍って話が下手になるのか、ニワトリと卵みたいな話だが、今まで取材してきた多くの講演、会見でPPTを使って面白い話をした人にお目にかかったことが無い。

しかし、今ではパワーポイントを使って話をするというのがもっとも先鋭的なビジネスマンの証ということなのか、世界中の経営者がパワーポイントのデモを作ることに多くの時間を割かれているという話を読んだことがある。全く非生産的な話だ。
ある大学の教授から学生達にパワーポイントを使うことを禁止しているという話を聞いた。
PPTを使うと皆そのチュートリアルをエディットしてデモを作るので同じような話になってしまうからだという。
もっともな話だし、ビジネスの最前線こそ柔らかい頭が要求されるのだから、率先してPPTなんかは禁止してもらいたいもんだ。


少なくともMacユーザという人たちはこのMac上では重くて不安定なアプリを使うのを止めて自由な発想でプレゼンテーションをしてもらいたいもんだ。

そこでHTMLやPDFなんかを使ってプレテをする時に、あったら便利なのがこのアプリだ。
DesktasticはMacのデスクトップ上のどこにでも好きな書き込みができる。

スタンプも押せるし、英文のみだがタイプも打てる。
これでデモをすれば良いし、書き込んだことを保存することもできるので会議の進行に使っても良い。

さらに仕事に疲れた時にはデスクトップでラク書きをしてそのキャプチャを同僚に送りつけるといういたずらもできる。

いろいろあれば役に立つこと請け合いだ。




Desktasticはデスクトップに自由に書き込みができる
仕事でも遊びでも役に立つアプリだ







gooDict

(Freeware)
おすすめ度★★★★★
OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応

辞書ソフトをMacに入れたいという向きには、このアプリがお薦めできる。
これはスタンドアローンの辞書ではなく、インターネット経由でgooの検索エンジンを使った百科事典、英和和英辞書ということになる。
なのでネットに接続できる環境でないと動かない。

それでもその情報量は実際百科事典なみに膨大だといえる。
かなり難度の高い言葉でも検索できるので実用性は十分だ。




gooDictはgooエンジンを利用したオンライン百科事典、英和和英辞書
その情報量は製品版百科事典アプリに引けを取らない



Cocoaアプリに限って選択中のテキストをサービスメニューを通じて直接調べることができる
これは便利ではないだろうか







ポータルパレットX

(Freeware)
おすすめ度★★★★★
OS10.2Jaguar対応OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応

これも英和和英辞書、国語辞典などの機能をwebを通じて実現するアプリだが、これの良いところは地図検索の機能もついていることだ。

軽いし普段は画面の左隅に隠れているので、起動しっぱなしにしていても邪魔にならない。
それで場所を調べたい時には、左隅のタブをクリックすると検索ウィンドウが現れる。
辞書検索もできるし、地図検索もできる。

仕事では手放せないアプリになっている。



<追記>
このアプリはなかなか手に馴染んだアプリだったが、現在は入手できなくなっている。残念。





ポータルパレットXは辞書ソフトとしても使えるし地図検索ソフトとしても便利
表示が小さいし、普段はデスクトップ左隅に隠れているので邪魔にならないのも良い





NEWSCatch X

(Freeware)
おすすめ度★★★★★
OS10.2Jaguar対応OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応

yahooニュースのデータをポータルから落としてくるビュア。
yahooニュースのサイトを素直に見ているよりも一覧性が高いので、ニュースチェックの時間が短縮できるのと、設定した時間ごとに自動更新してくれて新しいニュースがあったら音と赤文字の項目表示で知らせてくれる。

ニュースを頻繁にチェックしなくてはいけない人には便利だ。
また項目を開いて詳しく読めるように本文を転送して取り込む機能があるので、通勤電車で新聞を読めない人は便利かもしれない。
転送する先はiBook等のモバイル本体の中にも設定できるし、i-モードなどでケータイに転送することもできる。

取り込んだニュースは保存できるし、そのウィンドウからニュースのネタもとにリンクで飛ぶこともできる。

ネタを拾うには良いアプリだと思う。




NEWSCatch Xは本体表示の項目をクリックすると本文を表示する
さらにJumpボタンをクリックことでネタもとの記事に飛ぶことができる




また本文ごとモバイルなどのドキュメントフォルダに最新記事を転送することもできる
朝出かけるまでに転送させておいて電車の中でゆっくり読むという使い方もできる












Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか