Previous Topへ Next

OSXでよく使うアプリケーション19-1

ポータブルアプリケーション/Portable Apps

最近いろいろなアプリがオープンソースコミュニティでポータブル版のミニアプリに作り替えられている。これまでは機能別に各ジャンルのアプリに含めていたが、ポータブルアプリだけ別ジャンルにまとめた方が便利だと思うようになってきた。用途は外付けHDやUSBメモリ、ディスク容量が残り少なくなったサーバなどに正規アプリの替わりにインストールして容量を稼ぐということなので、どんなポータブルがあるかワングランスでわかる方が良いと思ったからだ。ネタ元のサイトはほぼ一カ所なので意味があるかどうか分からないが、私自身の便利のためにそうすることにした。


anchor


Portable Firefox OS X

(Freeware)
おすすめ度★★★★
OS10.4Tiger対応

これもコンパクトアプリシリーズのブラウザ。
これはあのFirefoxがUSBメモリやiPodサイズのメディアに入る大きさになってしまった。

これを使う意味はprofileフォルダがアプリ本体のバンドルの中身に入ってしまったということだろう。
だから既存のFirefoxSafariから書き出したブックマークはそのままでは使えない。
けれどもこのprofileフォルダにbookmark.htmlをドロップすればちゃんとブックマークは使えるようになる。
この構造のおかげでUSBメモリを指した出先のMacでブックマークを見ても、そのブックマーク本体や履歴が相手のMacに残らない。

だからそういうところのプライバシーが守られるということだろう。






Portable FirefoxはスティックメモリサイズのFirefox
そのフェイスはほとんどスタンダードのFirefoxと変わらない






Portable AbiWord OS X

(Freeware)
おすすめ度★★★★
OS10.4Tiger対応

これはMicrosoftのOfficeのワープロソフトWordと完全互換を目指しているOpenOfficeのOSXネイティブCocoa化プロジェクトAbiWordの軽量化バージョンだ。

これもUSBメモリやiPodといった大抵はディスクスペースに余裕があまりなさそうなところにも収まるように機能はしぼられている。
それでこういうものを持ち歩く意味というと、出先でWordもインストールされていないMacで.doc書類を見なくてはいけないとかの場合に役に立つのではないだろうか。

また出先でAbiWordで作ったテキストがWordでは何となくレイアウト崩れをしているという場合、これで 元の姿を確認しながら治すというような場合にも役に立つかも知れない。

このサイトにはいろいろいこういうポータブルシリーズがあって中には役に立ちそうなものもあるので試してみても良いかも知れない。






Portable AbiWord OS Xのフェイスはこれまたオリジナルと大差ない
使い勝手もなかなかだ






Portable Cyberduck

(Freeware)
おすすめ度★★★
OS10.4Tiger対応

OSXネイティブで安定したFTPアプリのCyberduckを、USBメモリやiPodなどの小さな媒体にもインストールできるように小型化した「ポータブルアプリ」

これはFTPのパスワードなどを記録する.plistファイルを通常のPreferenceフォルダの中ではなくアプリ本体の中に生成する。
だからUSBメモリに入れておいて、出先でMacを借りてそこからFTPアップロードが可能だし、それをやった後でもパスワードの記録が残ったりしないので安全だ。

ファイルサイズは小さいがフェイスは見事にCyberduckそのものだ。
Growlに対応するなどの機能はほとんど省かれているが、必要最小限の機能は残されている。
USBメモリなどで出先で使う時には、メモリのボリュームをマウントしてそのままそこから起動して使おう。相手先のMacにコピーする必要はないし、コピーするとパスワードなどの記録が残ってしまうのでしない方が良い。






Portable Cyberduckの初期設定ファイルはライブラリの中ではなくアプリ本体の中に生成される
なので出先で使ってもパスワードなどの記録が残らないように配慮されている






Portable VLC

(Freeware)
おすすめ度★★★
OS10.4Tiger対応

ほとんどのmpeg系の動画フォーマットに対応しているVLCのポータブル版。

つまり外付けハードディスクやiPod、USBメモリなどの容量の限られたボリュームにインストールしておけるアプリだ。
オリジナルのVLCはフォルダごとの容量は37MBということになるそれにたいしてこれは35MBだから大幅に容量の節約になっているわけではない。
試してみたところ、オリジナルVLCの持っている機能はほとんど全て持っている。
アプリのレイアウトは若干違うが、ちゃんとフルスクリーン再生やスロー再生などの最近実装された機能もついているので大きさもそんなに変わらないということなのだろう。
なぜポータブルなのかよくわからないが、少しでもディスク容量を節約したい時には、2メガでも大きいということなのかも知れない。






Portable VLCはオリジナルの機能をほとんど全て実装している
だからコンパクトさにはそんなにインパクトはないが2メガ程度は容量節約ができる












Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか