Previous Topへ Next

OSXでよく使うアプリケーション20-12

ジョーク、遊びアプリ/Funny goods



千歳線シミュレータ

(Freeware)
おすすめ度★★★★
OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応

こちらは雪景色が美しい千歳空港から札幌を結ぶ千歳線のシミュレータゲーム。

ちょっと走ってはすぐ止まる、都心の電車のちまちました走りが嫌いという人にはこちらのゲームを勧める。
なんせ北海道は広いのだ。駅と駅の間隔はかなり長い。
だからゆっくり走っているとすぐに時間オーバーになってしまうのでかえって難しいかもしれない。






千歳線シミュレータは残雪深い千歳ー札幌間の一部を再現
結構飛ばさないと時間通りには着けない





EarthquakeX

(Freeware)
おすすめ度★★★
OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応

Macのデスクトップに地震を起こすアプリ。
EarthquakeXは元々はSystem7のジョークコンパネだったものをOSXに移したというかアレンジしたものだという説明がついている。
地震というよりは揺れ方はモーター仕掛けのマッサージ機のような「ぶ〜ん」という感じの揺れ方だが。

揺れている間は全くキーボードもマウスも操作を受け付けないので、地震被害的なショックがある。
面白い使い方は会社の同僚のMacにインストールして、彼がパニクる様を見て皆で笑うということぐらいか。
ただしそういう使い方をして人間関係の活断層に亀裂が入っても、当サイトも作者さんも補償はしかねるので自己責任で使ってもらいたい。

終了させるには一度ログアウトするか、アクティビティモニタTerminalを起動してEarthquakeXのプロセスを終了させる。






EarthquakeXは間歇的にデスクトップに地震を起こすバックグラウンドアプリ
揺れている間は一切操作を受け付けないのでキャプチャーも撮れない
なのでこれはPhotoshopでイメージを作ってしまった
こんな感じの揺れだ





FunTrash

(Freeware)
おすすめ度★★★
OS10.4Tiger対応

キャトルミューティレーションをデスクトップで起こすアプリ。

これをFinderのツールバーに登録しよう。
そして削除したいファイルを選択してこのアイコンをクリックするとどこからともなくUFOが現れて、怪光線を発射してファイルをさらっていく。
設定で宅急便のようなトラックが持っていくということもできる。
「それができたからってどうだというのだ?」
ということは訊いてはいけないアプリだ。






FunTrashはUFOが現れて削除するファイルをキャトルミューティレーションしていくアプリ





オプションはトラック運送です
24時間いつでも集配にお伺いします





CubeBoxStation DSP

(Freeware)
おすすめ度★★★
OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応

このアプリの説明がすごい。
名前の通り「ゲームキューブ、XBox、プレイステーション2、ニンテンドーDS、PSPのなどの5種類の人気ゲーム機のゲームを遊べるゲームアプリ」なんだそうだ。
起動してみると確かになんとフリーウエアで「それらのゲーム機のゲームを遊ぶ」ことができる。

ゲームソフトの吸い込みはどうするのかなとか思いながら起動した私もすっかりやられてしまった。
付属マニュアルには「使用に際しての注意」という重要事項の説明がついているので必ず読むこと。
例によって人を食ったSTUDIO-蔵さんに大笑いさせられてしまった。






CubeBoxStation DSPはゲームキューブ、XBox、プレイステーション2、ニンテンドーDS、PSP
の全機種のゲームが楽しめる












Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか