Previous Topへ Next

OSXでよく使うアプリケーション3-2


iText


(Freeware)
おすすめ度★★★★★
OS10.2Jaguar対応OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応
OS10.5Leopard対応OS10.6SnowLeopard対応
OS10.7Lion対応Windows2000~XP対応


このテキストエディタは、見つけて以来私の主力エディタになっている。

今このサイトもほとんど全てiTextで書いている。
何が良いのかというと、まず軽いし安定しているということ。
このエディタを使っていて、フリーズクラッシュのたぐいは経験したことがない。
OS9の時代ですらそうだった。ましてやOSXで使うにはこれほど信頼できるアプリはない。

テキストエディタといってもシンプルテキストのように読み込めるページ数に制限があるわけでもないし、簡単なワープロとしても使えるくらいのレイアウト機能も持っている。

シェア料金を振り込んでiTextProにバージョンアップすれば、さらにワープロとしても結構使えるものになる。

Wordのような重くて不安定で使いにくいワープロを使いたがる人が多いが、Wordを使わなければいけないというほどの機能を使いこなしている人も少ないし、Windowsとの受け渡しが問題なのならこのエディタはWindows版が出ているので、これを普及させてくれればファイルのやりとりも問題ない。

またWindowsで人気がある秀丸のようなエディタとも互換性があるので、下手なWordなんかよりもプラットフォーム間の互換性という意味でははるかに高い。
なぜWordを使いたがるのか私には理解できない。
Wordファイルなんて大した内容でもないのにファイルだけはやたら重くなるだけで、使う意味は全くないと考えている。

Windowsユーザが、こういう軽い合理的なテキストエディタを使う習慣を身につけてくれれば、大部分のビジネス文書なんてこれですんでしまうはずなのだ。
向上心のないWindowsユーザのおかげで、結局はほかのプラットフォームユーザが割りを食っているというはた迷惑な構図がここにもあるわけだ。

とにかくWindowsユーザにも勧めてしまいたくなるくらい、このテキストエディタは使える。






MS Office

(Products)
おすすめ度★★

OS10.2Jaguar対応OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応
OS10.5Leopard対応OS10.6SnowLeopard対応Windows2000~XP対応

このワープロは本当に高いなぁと思う。

書店には「Word攻略法」「すぐ解るExcel」などのタイトルの本が平積みされている。
そういう本が平積みできるくらい、このアプリは解りにくいと思っている人が多いということだ。

実際Wordを本当に使いこなせているという人が、どれくらいいるんだろうか?
今実際にビジネス現場で使われているドキュメントは大部分は前出のiText等で充分な物だと思う。
Macユーザにとってこのアプリを使う意味は、Windowsユーザとファイルをやり取りしなければならないという理由だけだろう。

もしこの世にWindowsユーザなんか一人もいなければ、もっとましなワープロソフトはあるのだしこんなものを使う意味は全くない。





AppleWorks

(Products)
おすすめ度★★★
OS10.2Jaguar対応OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応Windows2000~XP対応

これもOS9時代にはバンドルされていたが、今では店頭売りの商品になってしまった。
人気が今ひとつというか、Macユーザでも使っていない人が多いと思う。

しかし実際に使ってみれば解るが、Wordなんかにはないような機能もあったり、ワープロ、表計算ソフトとしてはなかなか使えるソフトだと思う。
昔のクラリスワークスともほぼ完全にファイルの互換性がある。
今はクラリスワークスファイルを見ることができるアプリはこれだけなので、そういうデータベースを持っている人は重宝しているはずだ。
(お絵書きソフトはおまけというか愛嬌のようなものだが。しかし子供が一番最初に使い方を覚えたMacのアプリはこのAppleworksのお絵書きソフトだった)

機能的にすごいと思ったのは、数式エディタなどのソフトを内蔵しているということだ。
学校の先生や学生などは分数式や平方根方程式など普通のワープロでは打てない数式を書く必要があるが、このワープロはそういうニーズにもちゃんと対応している。
こういう所はもっと評価されても良いはずだと思っている。

普及していないのはWindowsとファイルの互換性がないからという理由につきると思う。
(正確に言えばWindows版のAppleworksというのは存在するので互換性はあるのだが、AppleworksをインストールしたWindows機というのを未だに見たことがない。だから事実上互換性はないのだ)

少なくともMacで使う分にはMS Officeなんかよりもはるかに安定しているからだ。
Windowsとの障壁ということがなければ、もっと使う人がいるだろうになと思わされるアプリだ。





LightwayText

(Shareware)
おすすめ度★★★★
OS10.2Jaguar対応OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応OS10.5Leopard対応Windows2000~XP対応

iTextと同じ作者が作ったワープロソフト。
iTextは簡易ワープロとしても使える高機能なテキストエディタだが、簡易はやっぱり簡易ということで、いろいろレイアウトに凝りたいということになると機能不足ではある。

例えば2段組の縦書きで文章を書きたいとかそういう場合だ。
このワープロソフトはそういう組み体裁の自由度がかなり大きいので、ワープロとして充分使える。
何よりもAppleWorks等よりもはるかに軽くて安定しているということだ。
ましてやMS Wordなんかは全く比較にならない。
こういう物を見ると本当にMacユーザにMS Officeなんか必要ないのだとつくづく思うのだ。











Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか