Previous Topへ Next

OSXでよく使うアプリケーション5-5

ユーティリティ2〜ステータス表示、メンテナンス関連
/Utilities/Status indicator, Maintenance tool



Preferential Treatment

(Freeware)
おすすめ度★★★★
OS10.2Jaguar対応OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応

これは初期設定ファイル(.plistファイル)をチェックするアプリ。

OSXの設定ファイルの実体はカレントユーザは
~/Library/Preference/
の中に、オールユーザの設定は
/Library/Preference/
の中にある。

これの構文(シンタックス)をチェックするUNIX用のコマンドラインとして"plutil"というコマンドが用意されているが、このアプリはこの動作をGUIで実行しようというアプリだ。

今まで初期設定ファイルをチェックする(あるいはチェックして自動的に削除する)アプリというのはいくつか試してきたが、だいたい役に立たないか確実性に欠けるものだった。

これはUNIXコマンドとして一応オーソライズされた物なので、そんなことは無いと思うがこの手のアプリにはさんざん煮え湯を呑まされてきているので、削除はいきなりやらないでアプリの調子を見ながらにしよう。

シェアウエアの.plistファイルを削除すると当然、有料登録情報も消えるので再度ライセンスキーを入れ直さなくてはいけない。
そういうことも知った上で使おう。





Preferential Treatmentは初期設定に当たる.plistファイルをチェックする
操作はシンプルだしUNIXコマンドのGUI化なので一応信頼できそうだ





BatteryWatcher

(Freeware)
おすすめ度★★★
OS10.3Panther対応

MacOSXというOSはモバイル用のOSとして考えるとバッテリーのステータス表示機能が弱体だという欠点を持つ。
平たく言うとバッテリの残量や容量の変化などの表示機能が不十分だということだ。
これはMacOS時代からの一貫した欠点だが、iBookやPowerBookなどのモバイルユーザにはこの欠点はいたく問題ではある。

そこでバッテリのステータスを表示するアプリというのはいくつか出ているが、これもそのひとつといえる。

バッテリ容量や電源をどこから取っているかなどのステータスをドックのアイコンで表示する。
ドックのアイコンで表示するということは、邪魔にはならないが視認性は低いということだ。

このアタリ良し悪しという感じがしないでもないが、このアプリにはそれ以外の機能もいろいろあるので使う価値はあるのかもしれない。
OS10.2という私の環境ではちゃんと機能しなかったが、バッテリのステータスをエクセルファイルで記録する機能もある。
これなんかは、ロジカルにバッテリの管理をしたいと考えている人には使い勝手の良い機能かもしれない。
私は使えなかったが、OS10.3以降の人は試してみる価値はあると思う。





BatteryWatcherはドックアイコンでバッテリのステータスを表示する
いろいろ機能はあるみたいだが、OS10.2では動かない機能が多いのが残念だ



<追記>
残念ながらこのアプリは開発も配布も終了したようだ。
ミラーサイトも見つけられないので記述を削除しようかと思ったが、作者サイトでは他にもいろいろ面白いアプリが配布されているのでこのままおいておくことにした。






Capacity Meter

(Freeware)
おすすめ度★★★
OS10.2Jaguar対応OS10.3Panther対応

これもよくあるノートタイプMacのバッテリステータス表示アプリ。
PowerBook、iBookに対応する。

このアプリの良いところはバッテリ容量の減衰を視覚的に表示して、評価してくれること。
私の場合バッテリの容量は2464mAhに落ち込んでいて、もう新品の状態の54%にまで落ち込んでいることが判る。
相当酷使はしているが、やはりバッテリの寿命は2〜3年だということがこれでも判る。

バッテリがへたってきたら、買い換えを自分に決意させるためにこのアプリを起動してみてはどうだろうか。
バッテリって誰かが背中を押してくれないとなかなか買い替えようという気にならないので、このアプリがそういう役に立ってくれると思う。





Capacity Meterはバッテリのステータスを表示するアプリ
私の場合バッテリ容量がかなり減ってきていることが判る



<追記>
このアプリも開発、配布ともに終了したようでモバイルのバッテリステータスの表示用アプリは一時期は割拠状態でたくさん出ていたが結構絞られてきたようだ。






Youpi Optimizer

(Freeware)
おすすめ度★★★★★
OS10.2Jaguar対応OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応

OSXはネイティブで主要言語に対応した。

これはどういうことかというと、「英語版」だの「日本語版」だのをわざわざ買わなくても、世界共通の「OSX」というパッケージをインストールするだけで、日本語だろうが、フランス語だろうがそういう主要言語でシステムを運用できるということだ。
またこうしたユニバーサルランゲージに対応して、各アプリも各国語のローカライズ用のリソースをアプリの中に搭載するようになった。

そのおかげで、アメリカ製のOSを使ってフランス人が開発したアプリを日本語で動かすことができるというOSXの今の状況が出来上がった。

すばらしい。
すばらしいがしかし、日本語でOSを動かしている人は一生のうちでOSの表示をフィンランド語やデンマーク語に切り替えるということはまず無いはずだ。
ということはフィンランド語やデンマーク語のリソースはハッキリ言って無駄なリソースということになる。

それでそういう一生使うことが無いと思われる言語リソースを削除するアプリがこれだ。
これで日本語と英語以外のリソースを削除すれば、インストールしたてのOSXでも100MB以上はディスクスペースを節約できるはずだ。

私のように大量のアプリやプラグインをインストールしている場合、300〜400MBのディスクスペースを節約できる。

こういうローカライズリソース削除アプリとして Monolingual というアプリも上で紹介しているが、これが言語を選択して自動的に削除を行うというものなのに対して、このアプリは削除するべきリソースを一覧で表示して、削除するものをユーザに選ばせるというのが安全ではある。
そういう「自動的に○○を削除する」という手合いのアプリを一切信用しないという懐疑的な方にはこのアプリはお奨めできる。

注意点としては日本語で運用する場合、日本語と英語のリソースは削除してはいけないということだ。日本語が表示できなくなるし、英語はシステムの基本言語なので英語を削除すると一部の機能が動かなくなったりする不具合が起きる。





Youpi Optimizerは各国語のリソースを探し出して削除するアプリだ
マニュアルで削除できるから安心だし、これでディスクをすっきり軽くできる












Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか