Previous Topへ Next

OSXでよく使うアプリケーション7-1

ユーティリティ4〜コンテクストメニュー編
Utilities/Contextual Menu

コンテクストメニューはMacでもcontrol+クリックで呼び出すことができるが、あまり活用していない人もいるかも知れない。
しかし右クリックを標準でサポートするようになったOSXでは、コンテクストメニューは便利に使える。
コンテクストメニューをカスタマイズするプラグインは意外にたくさん出ているので、チェックしてみて損はない。

ほとんどのプラグインはインストーラを持たないが、インストールは
"/Library/Contextual Menu Items"

"/Users/Home/Library/Contextual Menu Items"
にプラグインを入れるだけで良い。



AmCopyPathCMX

(Freeware)
おすすめ度★★★★
OS10.2Jaguar対応OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応OS10.5Leopard対応

ファイル、フォルダのパスをコピーできるコンテクスト。
UNIX、HFS、URLのパスコピーができるが、UNIXコマンドを使う時にいちいちパスを入力するのは面倒という時に、GUIで簡単にパスをコピーしといてterminalにペーストしてしまえば速い。
またwebサイトを作る時もパス表示は多いので、これがあると便利だ。


AmCopyPathCMXはUNIX、HFS、URL3つのパスをコピーできる









AmFileOwnerCMX

(Freeware)
おすすめ度★★★


右クリックで、ファイルやフォルダのオーナー、グループ、アクセス権(UNIX式の表示だが)を一発表示。
terminalだけで全て操作できる人には要らないかもしれないが、私のようにGUIとterminalを行ったり来たりする人にとっては結構便利だったりする。
いちいち「情報を見る」を開かなくても良い。


AmFileOwnerCMX で表示したオーナー名、グルー名、アクセス権









CalculateSizeCM

(Freeware)
おすすめ度★★★
OS10.2Jaguar対応OS10.3Panther対応

ファイル、フォルダのサイズを計算してくれるコンテクストメニュー。
これも「情報を見る」を開かなくても良いし、フォルダに含まれているファイル数、不可視ファイル数など詳しい情報も表示してくれる。

Macでwebサイトを作っている人には、データフォークのみのサイズが計算できる機能がありがたいかもしれない。



CalculateSizeCMでサイズを計算させる




するとこんな詳細な計算結果を表示してくれる









QuickImageCM

(Freeware)
おすすめ度★★★★★
OS10.2Jaguar対応OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応

これは使える。
超お勧めのコンテクストメニュー。
右クリックでjpg、tiff、gif、PNGなどの画像を一発で表示できる。画像表示の立ち上がりの速さはOSXデフォルトのPreviewなんかはもちろんOSX対応のどんなアプリよりも速い。

だけでなくフォーマット変更やサイズ変更、トリミング、赤目修正など簡単なレタッチならこの表示画面からできてしまう。
しかもこれがフリーウエアだ(!)
今までそういう作業には重い重いPhotoshopを起動するしかなかったが、ちょっとした画像のサイズ変更ぐらいでいちいちPhotoshopを起動しているのはダルイものがあった。

それをコンテクストメニュー一発で可能にした作者に拍手を贈りたい。



QuickImageCMで画像を一発表示させることができる



しかもサイズ変更、トリミング、赤目修正など
日常よく使うエディットはここでできてしまう














Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか