Previous Topへ Next

スパマーってやっぱり儲かるんだな

〜だからゴキブリのように消えてなくならないんだ・・・


スパマーってやっぱり儲かるんだな〜だからゴキブリのように消えてなくならないんだ・・・

「迷惑メール送信の在宅バイトは月収115万円」独企業の調査結果 - ワークスタイル - nikkei BPnet という記事で知ったスパマーの相場。
そうだろうなとは思っていたが、こうして数字で見せられるとなるほど〜と思ってしまう。

その収入は
「調査によると、迷惑メールを送信するためにメールアドレスを購入すると、1アドレス0.0016円。迷惑メール送信を依頼すると、1通当たり0.0029円である。」

と安いといえば安い。
しかし名簿を一度買ってしまえば、あとはその名簿にどんどん送るだけでいい。
必要な経費は電気代だけだ。
もちろん自鯖を立てるとか、いろいろ手間はかかるだろうけど一度走り出せば、追加のコストはほとんど無い。
と考えるとこれで収入を上げるのは実は困難ではないのかもしれない。

「2000万通の迷惑メールの送信費用は5万7500円(0.0029円/通)、1000万通のメールアドレスを購入すると1万6400円(0.0016円/アドレス)である。」

「1カ月に20契約の迷惑メール送信を請け負う「パートタイムの送信者」の場合、1日20時間の送信を行って月に4億通の迷惑メールを送信すると、月収115万円が得られる」

こういう解説を読むと、「そんなに儲かるならオレもやってみたい」思う厨房もいるかもしれない。
しかし通常のインターネットプロバイダ契約の場合、こんな量の送信をしたら契約を止められてしまうだろう。
少なくともメールサーバは止められる。
それでこういう連中はyahoo.co.jpとかhotmail.jpみたいなとこからメールをぶん投げてくる。
今は契約メールサーバ以外からメールを投げられない規制が進行しつつあるので、国内からは段々スパムメールは消えるのかもしれないが、これはあまり意味がないかもしれない。
国内から操作して海外サーバからメールを投げてくるので、いたちごっこだ。

最近は月曜の朝には会社のアカウントのスパムメールを削除することから仕事を始めなくてはいけないのがげんなりだ。
特に前の職場のサーバ管理がずさんだから、前のアカウントには100通以上のスパムが来ている。
日本全体から見れば、これで何%GDPがロスしているかどなたか試算してもらいたいものだ。
下手するとそのロスは、現金換算して兆円単位の金額になるかもしれない。

個人的にはスパマーは見つけ次第さらし首にしてもらいたいくらいだが、おそらく日本の法体系ではそんなことはできないだろうからその対抗策は、絶対にスパムメールに反応しないということしかない。
そのメールのリンク先をクリックもしてはいけない。
1本当たりの送信コストがこんなに安いんだったら、彼らは1万人に一人とか2万人に一人が反応するだけで
「充分成果があった」
と評価するに違いない。
ましてクリックスルーだけでなく、商材に引っかかってくれれば100万人に一人でも成功と判断するに違いない。
こんだけ数を送れば、必ずそれくらいの数のDQNは居る筈だ。
だからスパムメールはあとを絶たないのだと思う。

だから皆さんも決してスパムには反応してはダメですよ・・・皆さんのインターネットを快適に保ちたいなら・・・
としか言いようがない。この問題は本当にゴキブリ退治をしているようなものだと思う。




2007年11月30日













Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか