Previous Topへ Next

Windowsのフラグメンテーション(断片化)が激しい件

win to pazzling


Windowsのフラグメンテーション(断片化)が激しい件

MacBook Proを導入してまだ一ヶ月経たない、よってVMWare上にWindowsXPをインストールしてまだ3週間くらいしか経っていない筈なのに、BootCampボリュームのWindowsの断片化が恐ろしく進んでいる。
ディスク空き容量は32GBに対して23GBなので、そんなにギリギリで使っているわけでもない。
この3週間に非常に大きなファイルの読み書きをした覚えもない。
以前の環境を復元するために、バイナリからアプリをインストールした以外は、ブラウザとメーラアプリを起動していたぐらいの非常に普通な使い方だ。

心当たりがあるとしたら毎日更新しているシマンテックアンチウイルスの定義ファイルくらいのものか。
でもこれもWindowsでは非常に普通のことだし。

それくらいで一ヶ月も経たないうちにこんなに断片化するんじゃ、やっぱりWindowsは手がかかるんじゃないかと思ってしまうのだが、世の中のアパシーの人達が何も気にしないで
「そんなことありませんよ、Windows快適に使えてますよ」
言うのがよくわからない。

ひょっとしてみんなWindowsユーザは優れたコンピュータ使いで、私一人だけがよくわかってないんだろうか?
よくわからん。
でもこのOS はやっぱり上級者向けだと思うのだが。





3週間でWindowsの断片化はここまで進んだ
診断は「デフラグの必要はない」とのことだがデフラグをやってみるとここまで改善した
Windowsに関してはやはりこまめにやらないといけないということなんだろうか



2010年4月24日
















Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか