Previous Topへ Next

マカの平和ボケも極まれり
/Pax Applicana

「Apple様が守ってくださるから大ジョブ」って将軍様か?Appleは・・・


以前ここの記事でDashboard Widgetの認証のためにAppleがMacに勝手に仕込んだWidgetのインストール情報をアップするfetchadvisoryが問題になっているので、これをはずす方法を紹介したことがある。

この記事を途中まで読んでそのまま実行した人が全然関係ないトラブルをこれのせいと勘違いして、泣きついているBBSを見かけた。
当サイトは試行錯誤のプロセスをそのまま書いているので、途中までで早のみこみしてそのまま実行すると、同じミスをすることになるので、一連の記事はちゃんと最後まで読んでいただきたい。
途中でミスをしていても、それをまるまる削除するのではなく後日検証して何処が間違っていたかという記事を書いているので、そこまで読んでから実行して欲しい。
なぜ結論だけでなくそういうプロセスを書いているのかについては後述する。

その勘違いした御仁は、まぁ初心者によくあることだからそれは別にいい。
しかしこのBBSで横からレスしてきた「知ったか」君が
「fetchadvisoryが危険だとか個人情報が危機にさらされているなんてのは、海外メディアが事実無根の騒ぎ方をしているだけで、それに便乗してこういうアオリを書くのは止めてもらいたい、Appleはお巡りさんのようなもので、こういう認証機能でスパイウエアを仕込んだWidgetから僕らを守ってくれるんだ」
というようなことを書き込んでいた。
しかもあえて名は伏せるが某アッ◯ル社のサイトのディス◯ッションボードにそういう馬鹿を書き込む輩がいるのだ。

やっぱりマカは平和ボケしている。

Windowsではつい最近WGAの問題が起きていたのではないだろうか?
それとは根本的に違う問題だという反論をする人もいるかもしれないが、この問題の根本的な問題点はユーザに無断で、あるいはユーザには全くアンコントローラブルな通信を強制的に、あるいは勝手にやっているということなのだ。
Appleはつい最近iTunesにもそういう余計な機能をつけて、しかもそれがユーザに無断だったために大いに批判を受け、何となくこの機能はデフォルトでオフになっているようだが、これに懲りないで今度はWidgetを認証すると言う。

そういうことはAppleという警察でもなんでもない一民間企業が恣意的にやっていいものなのか?
(昔マイク◯ソフト社はライバル企業の製品を「ウイルス」としてはねる機能を付けて大いにブーイングを受けていた記憶があったが、それと同じことにならないのか?)
よしんばそんなことは無いとしても、Appleが「お巡りさんのように僕らを守ってくれる」なんてことはあり得ない。営利団体である一民間企業にはそんなことをしなくてはいけない義務も義理もないのだ。

ましてや本来の目的とは別に、自動通信であるが故にどうしても出てきてしまうかもしれない脆弱性にハッカーに付け入られて逆に危険が増大してしまわないという保証はない。

そういう面でも安全だと確信できるまではこういう余計な機能は外しておくにこしたことは無いのだ。
ところがこういうリスクについて書くと
「変なアオリ記事」
とかいう御仁がネットの世界には必ずいるわけだ。そして
「Apple様が守ってくれるから余計なことはしなくてもいいのさ」
なんて納まっているわけだ。
こういうのを平和ぼけと言わないで、どういうのをいうんだろうか?
まさに思考停止状態だ。


コンピュータを扱うには覚えなくてはいけないチュートリアルがたくさんある。
しかし、無限にケースが別れるコンピュータの実戦で、マークシート方式の受験勉強みたいにチュートリアルを丸暗記して操作を覚えるのは限界があるのだ。
やはりその根底にある考え方を書かないといけない。
私がここのログで、プロセスで試行錯誤しているところから書くのはそういう理由からだ。

結論だけ書いていたのでは根底の考え方がわからない。
自分のためのメモとしても長年使っていると忘れている部分もあるわけで、そういうことを時々読み返して思い出すには。結果だけ書いてあるチュートリアル集では考え方が思い出せないので応用が利かない。

このサイトを「読みづらい」という批判があってもブログにしないのもそういう理由だ。
ブログは個別の記事がバラバラのチュートリアル集には向いている。しかし思考の流れをトレースするには向いていない。

ところが思考停止した人はそういうプロセスを途中まで読んでそこに書いてあるコードやコマンドをそのままコピペして
「うまくいきません。どうしてでしょうか?」
なんてトラシュー系のBBSに泣きついてくるわけだ。
このプロセスには自分の頭で一度考えてみるという段階がごっそり抜け落ちている。
今はそういう自分の頭で考えてみるということを完全に放棄している人が本当に多いのだ。

だからプロセス抜きの結論だけ書いてあるチュートリアル集を好む。
しかしその考え方を理解しないから、いくらそういうものを見ても何も覚えない。
だから万年初心者のまま「Apple様が守ってくれるから大丈夫さ」なんて言っていられるわけだ。

縁なき衆生は度し難しだ。




2006年9月23日













Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか