Previous Topへ Next

10年ひと昔というけれど20年経ったら昔のおなじみ
Mac系ブログはほぼ全て消え去って今では知らない人ばかり…

TenYearsAfter

anchor

10年ひと昔というけれど20年経ったら昔のおなじみMac系ブログはほぼ全て消え去って今では知らない人ばかり…

前々から気になっていたブラウザのブックマークのリンク切れを整理していた。

古いブックマークはもう大抵404になってしまう。

リンクが切れたブックマークを削除して整理していたところ、特にMac系の情報ソースにしていたブログがほぼ全滅というくらいに削除されてしまった。

弊サイトを開設した当時参考にしていたMacブログ、同じような頃に人気を博していたMacブログのブックマークが60〜70ぐらいはあったはずだが、どれも閉鎖されてしまったか残っていてももう数年更新されていないというところばかりになってしまった。

Mac系ブログ20年の生存率は70分の2程度だった。


そして今のMacブログ人気サイトをググってみたら、知らないサイトばかりだった。

相変わらずガジェットのレビューや新製品のニュースサイトが人気なのは20年前とさほど変わっていないが、Macのトラブルシューティング系のサイトが壊滅的に減ったのは今のMacは昔と違って調子がいいからなんでしょうね。





2007年当時の弊サイトのトップページ
Macをわざと小文字の「mac」と書くのには意味があったのだが
今ではApple自体が「macOS」と表記するのでそんなこと気にとめる人もいなくなった



かくいう弊サイトも最近ではWindowsのTIPSとテッポや映画の話ばかり書いているので、Mac系サイトとしての寿命はもう終わったということかな。

Appleの新製品にも興味はないし、Macも買い換える気はあるけど優先順位ははるかに低いのでいつのことになるかわからないし、そもそも今の最新のmacOSって私の仕事では使い物にならないので買い換えるとますますWindowsをいじっている時間が逆に増えそう。

いまだにこういう書物するときにはMacのほうが楽だけど、それ以外の用途でMacでなきゃいけない理由なんてほぼないのでもうMacそのものに関心を持てないし。


聞くところによるとmacOSはついにOS XIに進んでプラットフォームもArmに変わるんだとか…

iPhoneは5Gに対応するんだとか…ガジェット好きなら書きたいことはたくさんあるんだろうなぁ…


5Gについては3G、4Gが実用化実験の段階から立ち会って、そのスタートアップをみてきた立場から言わせて貰えば
「過度な期待はするな」
ということに尽きる。

ハイレゾな映像が瞬時にモバイルで見ることができて、ストレージも不要な世界が実現する…医療情報も瞬時に全世界に共有されて医療革命が起きる…5Gが実現すると起きると言われている「通信革命」って3Gや4Gが立ち上がるときもそれと全く一緒のこと言っていたからね。

もう断言するけど映像革命も通信革命も起きない。

ボトルネックはそこにあるんじゃないんだよ…だからいくら端末が高速化してもソフトバンクの帯域制限が厳しくなって各社の料金が値上がりするだけで今となんら変わらないから…


macOSも実は一番エキサイティングだったのはOS XというOSが出たときだったんじゃないかと今では思う。

こちらの記事で書いたQuoraの回答のMac OS Xの変遷の記事にあるが、OS Xのエキサイティングだった時期は最初のほうだった。
歴代のMacを家に喩えるとどうなる?というQAを見てmacOSの歴史に思い致す…というかOSなんてどうでもいいか?

この回答の通りMac OS 10.0は本当にどうしようもない、使い物にならないOSだった。

にもかかわらずこれが出たときに一気にMacへの流入組が増えたのは、このOS XがUNIXをベースにしていたからだと思う。

OS Xは最初期からtcshを使用できるTerminalを持っていたから、UNIXユーザからすればtcshが使えるBSD UNIXでしかもX-WindowよりもキレイなMacのインターフェイスのおまけつき…ぐらいに見えたんだと思う。


さらに時代は下ってジョブズが突然「Macのintel乗り換え」を発表したとき。

PowerPCを積んでいたMacはファイル転送処理や画像変換処理など大きなCPU負荷がかかるタスクのベンチマークで、明らかにintelに搭載されたWindowsよりも遅かった。

しかしこの当時ジョブズは
「PowerPC+Darwinは表面的にはintel+Windowsより遅く見える場合もあるかもしれないが、背後で複雑な並列処理をしているので実質はintel+Windowsよりも高速なのだ」
という謎な説明をしていた。

なんとなく意味不明な納得がいかない説明だったが、信仰心が篤いMac信者はこれを信じねばならなかった。

ところが突然「すべてのMacのラインナップを1年以内にintelのCPUに切り替える」という発表がされた。

このときのジョブズの説明は
「Mac OS XのカーネルのDarwinはもともとX86上で開発されているので、intelのほうが本来の高速が発揮できる」
というしゃあしゃあとしたものだった。

( ̄д ̄)エー、本当はPowerPCのほうが高速なんだぞ…というあのときの説明はなんだったの?…と信仰心が足りない私は思ったが信者たちは素直に喜んだようだ。

そして実際intel-MacはPowerPCの2.5倍ぐらい高速だった。

信者はますますMacへの信仰を篤くしたのかもしれないが、あのとき私のような信仰心が足りない不信心者は
「ジョブズもAppleも信用ならない」
と心に刷り込まれてしまった。

てきぢゃさんだったかなぁ
「ジョブズの作る製品は魅力的だが、ジョブズという人間は嫌い、一緒に仕事したいとは思わない
逆にゲイツの作る物は嫌いだが、一緒に仕事するなら面白いのはゲイツかもしれない。」
と言っていたの。

てきぢゃさんのサイトももう最近10年近く更新されていないなぁ…


UNIXベースのOS X登場にしてもintel換装にしても、これで新時代が来るという希望はあった。

個人的にはintel換装の最大のメリットはVMWare Fusionなどの仮想マシンシステム上でWindowsやLinuxなどのX86系OSがほぼネイティブ環境と同じくらいサクサク動くようになったことだったと思っている。

このおかげで本当の意味でMacとWindowsの垣根が消えた。


しかしそこから後のOS Xは共有などの機能を細々と増やすだけで、逆にユーザーにホームディレクトリ以外は触らせないという謎セキュリティですごく使いづらいOSになってしまった。

そしてArm換装となる。

最終的にMacはキーボードつきiPadになってしまうのかな?

Macからデスクトップが消える日は来るのだろうか。

そうなったらもう縁の切れ目だと思う。

仮想環境もParallelsは対応するらしいがVMWareはまだはっきりArm対応するとは言っていないんじゃないかな。

WindowsのVMware Playerと環境をやり取りできる便利さから言えば対応して欲しいんだけど、切り捨ての方向かもしれない。

なんやかやでmacOSもだんだん使えない方向に進んでいきそうなので、新しい物に関心を持てない。

とうことを書いているこのMacBook Proも2009年モデルでもう11年落ちのモデルだが、これでも使えているんだからもうこいつを墓場まで持っていくのかもしれない。


Macを使うメリットは何?

おしゃれなデザインの筐体?…ほぼ興味なし

iPhoneとの同期機能?…iPhoneもiPhone SEで止まったままなのでこれもほぼ興味なし

美しいデスクトップのインターフェイス?…まあWindows10もそこそこ酷くないレベルまでは来ているのでこれもさほどのメリットと感じない。今のフラットデザインならなおさら差はない

フォントの美しさ…これだけはいつまでたってもWindowsがキャッチアップしてこないのが本当に不思議。いい加減なんとかすりゃいいのに。なんならAppleに著作権料を払ってヒラギノフォントを使ってくれりゃOfficeのレイアウト崩れ問題などが何割かは解決するんじゃないかな…

トラックパッドの便利さ…これは本当にあると思う。Windowsを触っているとノートPCのタッチパッドの不便さとかなキーの操作性の悪さに辟易とするのでこれはMacにアドバンテージがある

macOS以外にVMWareでWindows、Linux、UNIXなんでも使える…これはWindowsにはないメリットなんだけどArm換装でこの先も保証されるのかどうかよくわからんしなぁ…


なんだ、Macにこだわるメリットって本当に微々たるもんだよね。


弊サイトはMacを使用する上で発生しうるトラブルをどう解決するかというノウハウを公開することで、少しでもユーザーの役に立てていただきMacを使ってみようという人が増えることを願って始めたサイトだった。

ところが最近のMacはどうもメンテナンスもトラブルシューティングも必要ないらしい。

Macにメンテナンスは必要ないとBBSに書いてきた人がいて、私は必要だと思うと書いたら「人の意見を頭から否定するな」ときたので、もう最近は必要ないらしい。

最新のMacは使い道が限定されているとしても、トラブルもなくなっているということならMac系サイトはガジェットニュースに特化するのは正しい在り方なのかもね。

Macエバンジェリストなんて、このメリット比較の微々たる差を考えたらもう死滅するしかない気がするし。

トラブルもない、メリットもない、魅力もない…ならMac系サイトと言ってもMacについて書くことがなくなって日常の仕事に必要なWindowsのTIPSや趣味の話ばかり書くようになるのも必然だよね。


おまけに最近のApp StoreやMacUpdateのような新作アプリ情報サイトの登録アプリは、中華アプリばっかりになってきて危なくてうっかりレビューも書けないんだよね…


ブラウザからブックマークが大量に消えたのを見て今の自分の状況をちょっと客観視してみた。

今の弊サイトの状況はなるべくしてなったということでした。

何か一発自虐ネタをブッコンで締めたかったけど何も思いつかないので、ここまで。



2020年10月22日















Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか