Previous Topへ Next

Microsoft vs. GM?
/Microsoft vs. GM?

この時代からあまり変わってないなぁ・・・


面白い話を見つけた。
これは誰かの創作なのか、実際にあった論争なのか確証はないが、いかにも実際にありそうな話だ。
議論の仕方としてもなかなかスマートというか、面白いのでここに採録することにした。
残念ながらこの話に対してマイクロソフトがどう反論したかという話までは知らない。
それを聞きたい気がするがきっとどうせ「それがコンピュータ業界のスタンダードだ。」とでも抜かしたんだろうという気がするが。



Microsoft会長のBill Gates氏が 「もしGMがコンピュータ業界のような絶え間ない技術開発競争にさらされていたら、私達の車は1台25ドルになっていて、燃費は1ガロン1000マイルになっていたでしょう」

これに対してGMは即座に次のようなコメントを出したそうです。
「もし、GMにマイクロソフトの様な技術があれば、我が社の自動車の性能は次のようになるだろう」

1.特に理由が無くても、2日に1回はクラッシュする。

2.ユーザーは、道路のラインが新しく引き直されるたびに、新しい車を買わなくてはならない。

3.高速道路を走行中、ときどき動かなくなることもあるが、これは当然のことであり、淡々とこれをリスタート(再起動)し、運転を続けることになる。

4.何か運転操作を行うと、これが原因でエンストし、再スタートすらできなくなり、その結果エンジンを再インストールしなければならなくなることもある。

5.車に乗ることができるのは、Car95とかCarNTを買わない限り、1台に1人だけである。ただしその場合でも、座席は人数分だけ新たに買う必要がある。

6.マッキントッシュがサンマイクロシステムズと提携すれば、もっと信頼性があって、5倍速くて、2倍運転しやすい自動車になるだろうが、 全道路のたった5%しか走れないのが問題である。

7.オイル、水温、発電機などの警告等は「一般保護違反」という警告灯一つだけになる。

8.座席は、体の大小、足の長短等によって調節出来ない。

9.エアバッグが作動する時は「本当に作動して良いですか?」という確認がある。

10.車から離れると、理由もなくキーロックされてしまい、車の外に締め出されることがある。

ドアを開けるには、1 ドアの取っ手を上にあげる、 2 キーをひねる、 3 ラジオアンテナをつかむ、という動作を同時に行う。

11.GMは、ユーザーのニーズに関わらず、オプションとしてRand McNally社製豪華道路地図の購入を強制する。もしこのオプションを拒否すると、 車の性能は50%以上も悪化する。そして司法省に提訴される。

12.運転操作は、ニューモデルが出る毎に、はじめから覚え直す必要がある。なぜなら、それ以前の車とは運転操作の共通性がないからである。

13.エンジンを止めるときは 「スタート」ボタンを押すことになる。


ここに書かれた話はWindowsの特性を実に良くとらえているし、実はこの話はもう4年以上前の話なのだが、今でも全く改善されていないことに気がつく。
そしてGMの皆さんをはじめアメリカのビジネスマンもWindowsの仕様に全く満足していないということも良く判る。



2004年9月15日













Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか