Previous Topへ Next

OSXのtips5-3

今まで運用記録に書いてきたシステム運用のtipsを一カ所にまとめることにした。 要するに記事の量が当初の想定よりも多くなってしまい 私自身探すのが大変になってきたからだ。 ちょっとしたメモとしてのtipsも結構重要な情報になったりするので ここで項目を集めることにした。

anchor

こちらのサイトは相変わらずクオリティの高いアイコンが大量にアップされている。
投稿されたアイコンがフリーで手に入る。





このアイコンにピンときたらダウンロード
ただし抹殺されても補償はしません




美しいフレームの木目のレスポールだ




こういうアーティスティックなアイコンもアップされている




パンサーユーザは是非どうぞ


Apple Rendezvous

お決まりのMacアイコンなど
でもデスクトップまできれいに描かれていて今までで一番秀逸



Classic Fighters

こういうセンスは好きだなぁ
良いんじゃないでしょうか、これ



Fruits

これもおいしそうなアイコンで良いです



Vermeer

こういう格調高いアイコンもなかなか良いですね
このシリーズでダビンチやゴッホもなかなか秀逸



planet icons

こういう発想のアイコンは今まで結構有ったけど
これはグラフィックがきれいなので気に入ってしまった







anchor

Google検索フォームはwebキーワード検索だけでなく、こんな使い方がある





おなじみのGoogleクエリはただキーワードを検索するだけでなく
実にいろいろな機能が盛り込まれている




1)キャッシュ検索
特定のサイトのURLを検索窓に入れると消えてしまったサイトもしばらくGoogleエンジンのキャッシュに残るので、企業が不祥事を起こして慌てて削除したサイトもGoogleで簡単に見ることもでる。
Microsoft社なんかこのせいで、例のRealPeopleに対抗した嘘キャンペーンがばれた後慌てて削除したのに、この嘘サイトがGoogleエンジンに残っていてさらし物にされていた。
webで露骨なデマを飛ばすとこういう所でさらし物にされるので気をつけよう。


2)なんと電卓の代わりになる。
試しに1+1と入力してみよう。
また%の計算もできるので、消費税の計算にも使える。
試しに19800*105%と入力してみよう。

なんだ!下手なOSバンドルの計算機よりもいいじゃないか!


3) 通貨換算機能もある

1000 円を米ドルに
と入力してみよう。1000円は何ドルか出てくる。


4)会社情報検索

会社情報 トヨタ自動車
と入力してみよう。日経ネット、自社サイトなど必要な情報が出てくるはずだ。

同じく
株価 トヨタ自動車
と入力すれば現在の株価なんかも見ることができる。


5) 荷物検索

ヤマト運輸なら
ヤマト◯◯◯◯◯◯◯◯(引き受け番号)
と入力してみよう。荷物の配達状況を見ることができる。


6) 英和和英辞書

webのこういうサービスは多いが、なんとこのGoogleクエリから直接辞書機能も利用できる。
例えば
英和 dictionary
と入力してみよう。各種辞書サービスの検索後の結果出力がリストされるはずだ。


7) リンク検索
link:のあとにURLを続けると、そのページに張られているリンクを検索してリスト表示する。
例えば
link:www.geocities.jp/nmuta2004/
と入力してみよう。


8) 度量衡換算機能
1feetをセンチメートルに
と入力してみよう。1フィートが何センチかわかるはずだ。
同じように
500マイルをキロメートルに
とすればインディ500マイルレースの過酷さもよくわかるはずだ。







anchor

「もうひとつの人生」を生きることができるアバターサービス

情報ソースはどこだったか忘れた。
webをあちこち見ていてこういうサービスが始まっていることを知った。
Second Life- あなたの世界。 あなたの想像力。
これは用語辞典にも書いたが、7年前にソニーのアバターサービスが目指していたことそのものじゃないだろうか。

要は無料で登録したユーザはweb上の仮想空間で自分の分身を持てる。
その自分の分身は、現実の自分と違って筋肉むきむきのイケメンだったりスーパーモデル並みのスタイルをもった美人だったりする。
そこは自分の好みで自由に設定できる。

そしてweb上で好きなところにいっていろいろな冒険ができたり、あるいは有料会員になったら自分の島をもってそこに自分の好きな世界を構築したりできる。そこでお互いに他の人のアバターを招待したり、コミュニケーションを図ったりまさに第2の人生を堪能できるわけだ。

これは7年前のソニーのアバターが目指していたことと同じだが、ソニーのアバターよりも描画がバタ臭いというか、幼児的なイメージがあったソニーのアバターよりもずっとリアルでセクシーというか大人っぽい。
これで会員から有料登録をあつめるだけでなく、ゲームクリエーターを育成したりマーケティングにも利用しようという一粒で3度くらいおいしいという企画だが、問題はソニーのアバターよりもはるかに描画にパワーをとられそうな図柄なのが気になるところ。
こういうものは会員を集めないとパワーを発揮しないし、かといって会員が集まればその維持にかかるリソースは膨大になるし難しいところだ。実際ソニーもそこいらの問題で撤退してしまったんじゃないだろうか。

でも近日中に日本語版のビュアーもでてくるようだし、そしたらきっと登録するだろう。面白いんじゃないだろうか。






こういうイメージのアバターが自由に生活を楽しむSecond Life
この描画で会員を集めたら必要なリソースが大変な様に思うが
会員を集めないと魅力がでないだろうしその行方が注目されるサービスだ







anchor

ipod-family2
(icons free)

メタルなiPodファミリーのアイコンセット

これはなかなか綺麗なアイコンセット。
こちらのサイトにはこういう綺麗なアイコンがいろいろアップされている。
惜しむらくは最新のiPod Shuffleのリンクがどういうわけか切れていることだ。






ipod-familyアイコンの美しいセット
デスクトップやドックに置くと映えると思う











Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか