Previous Topへ Next

OSXのtips5-17

今まで運用記録に書いてきたシステム運用のtipsを一カ所にまとめることにした。 要するに記事の量が当初の想定よりも多くなってしまい 私自身探すのが大変になってきたからだ。 ちょっとしたメモとしてのtipsも結構重要な情報になったりするので ここで項目を集めることにした。

anchor

昔のMacintoshのエミュレートされたソフトウエア、UIのライブラリがオンラインで楽しめて、ノスタリジーに耽る人もいるかもしれない

MacのSystem7、System6のOSのインターフェイスと主要ソフト、ゲームなどが実際に動くオンラインエミュレータサービスページ。
Software Library- Macintosh - Free Software - Free Download, Borrow and Streaming - Internet Archive.webloc

今までにもMacの昔のOSの雰囲気のフラッシュとかスクリプトゲーム画面などの再現サイトは色々あったが、このサイトが面白いのはROMイメージを実際に吸い出してオンラインでそれを動かしていることだ。
だからエミュレーテッド・ソフトウエアという言い方をしているんだろう。

流石にSystem6やSystem7の初期の頃は、私はまだ全くのパソコンアパシーだった時代なのであまり懐かしいという感覚はないのだが、それでも
「そういえば昔のMacはこういう操作手順だったな」
という感慨はある。

この時代にMacをいじり倒していた人たちなら、おお!と思うんじゃないかな。





ライブラリーのページ
これは人気順のソートでやはりトップにMacOS System7とSystem6が来ている
続くゲーム類は実際に動く




System7を起動したところ
エミュレータとROMイメージをダウンロードしているという表示が続く
右上の全画面ボタンでフルスクリーン表示も可能




起動したSystem7
そういえばそうだった…というインターフェイスに昔旧MacOSと格闘した日々が蘇る
Macintosh HDの中のSystem Folderの中のExtensionsやControlPanelsに入り浸っていた
つまりあまり楽しい思い出とはいえない…




そしてハイパカだ!
実際に動きそうだ
他にもサイトの説明にはMicrosoftのExcelとかMacDraw、PageMakerなどのソフトが記載されている
そういえばExcelは最初はMicrosoft社のMac向けソフトとしてスタートしていたよね




アプリの切り替えはメニューバーの一番右端のアプリアイコンで切り替える
だからアプリの終了メニューはfileメニューの中にある
これがOS Xで変更された時にはブーイングの嵐だったが今ではすっかりOS X式に慣れて
「あっ!確かに昔のMacってこうだったな」とか思うのは実に感慨深い




ゲームライブラリのインベーダーゲーム
実際に遊べる




同じくこちらはSystem7にバンドルされていたCanonFodder
装薬量と仰角を調整して相手の大砲を先に潰した方の勝ちというシンプル極まりないゲーム
でもそういう時代なんでちゃんと放物線の計算をしているんだろうな




システムの終了はFinderのSpecialメニューの中のShut Downから
これも今から見ると異様なインターフェイスだがこの当時はこれがMacユーザの常識だった




安全に電源を落とせる状態になりましたよ…という表示で電源をオフにできる
自動で電源ユニットがシャットダウンしたりはしないのだ




こちらは起動画面のWelcome to Macintoshの画面
口絵のハッピーMacのアイコンの後いきなりこのウエルカム表示が続く
システムの大きさもフロッピーに入る程度だったのでこの時代は起動も速かったんだろうなあ




フルスクリーンにするとこういう表示がMacBook Proのスクリーンを占拠して
なんだかおもろいのお




こちらは同じSystem7でも7.5.3で確かこの辺りから
日本語版は漢字Talk7とかいう名称になったと記憶している
起動画面も後のOS9あたりまで引き継がれるプログレスバー付きスプラッシュに変更された




オープンソースのお仕事なのでこちらはまだシステムフォルダぐらいしか再現されていない
コントロールパネルもサウンドのみというガワだけ状態
この辺りからOSのUIが大きく変わってこの流れがOS9まで引き継がれて
これがさらに大きく刷新されたのがOS Xの10.0.0というのが大まかな流れのようだ
もっともSystem5以前のMacのことは私もあまりよく知らないのだが…


《追記:2018/04/15》
BBSにSakiPapaさんより情報を頂いた。

2018年4月14日「昔のMacintoshのエミュレート...」懐かしいですね。クラシック環境は使いまくっていたはずなのですが、もう忘却の彼方に霞んでいます。WikiPediaなどで調べながら書きます。

「漢字Talk」の名称ですが、Macintosh PlusのSystem 3(漢字Talk1.0)からSystem 7.5.5(漢字Talk7.5)まで使われました(System 7.0を除く)。(私が使い始めたのはSystem6.0.7の漢字Talk 6)System 7.6 からは英語版と同じ名称になりました。

クラシックOSではQuickDrawなどのライブラリはシステムROM(ToolboxROM)から呼び出して使っていたので、OSのエミュレーションにはROMは必須となります。後期のOSでは、このROMの内容もOSの中に含まれるようになりましたが。ROMの内容にはAppleの知的財産権が及ぶので、SheepShaverなどのエミュレータを使うには、自分でシステムROMを用意する必要があります。

Appleもお目こぼししてるのかな?

System 7 からはカラー化されたのですが、ちゃんとモノクロ(1 bit表示)やグレイスケール表示のためのリソースも用意されていたので、このサイトのようにモノクロで処理の負荷を下げてエミュレーションできるわけです。


去る者は日々に疎し
System*時代、の記憶はどんどん曖昧になっていくということだ。




2018年4月14日













Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか