Previous Index Next

2005 年 2 月 2 日





InputHiliter
(Freeware)

UsanityのApplication Enhancerに依存するインプットマネージャープラグイン。

何ができるかというとCocoaアプリで検索画面や用件などの入力画面で、変換中の領域をハイライト表示することができる。通常は下線だけの表示なので、ワングランスで見やすい。
変換領域を間違えて変な単語を入力してしまうなんてミスもそうそうやるわけではないけど、確かにいわれてみればMacのこの入力領域の表示の仕方は見づらいというか不親切ではある。

これはなかなか良いアイデアじゃないだろうか。
付属readmeにはOS10.3以上でないと使えないと書いてあるが、OS10.2でも問題なく機能している。
不具合が出ているアプリがもしあったらAPE Manegerの使用しないアプリの欄にそのアプリを登録すれば、そのアプリに限りInputHiliterを無効にできる。

Application Enhancerをゲットしたらこれもゲットすることをお奨めしたい。






InputHiliterは入力中の領域をハイライト表示できるプラグイン
これはSafariのgoogle検索窓に入力しているところだ





これは同じくGyazmailのメール作成画面の用件欄に入力中の図
Cocoaアプリは全てこの機能の対象になる





どうしても不具合が起きる時にはPreference Paneの
APE Manegerに入って不具合を起こしているアプリを除外欄に登録すれば良い
それで入力表示は標準に戻る


2005 年 2 月 3 日





Rember
(Freeware)

これはOSX用に用意されたメモリテストのUNIXコマンドラインユーティリティをGUIから実行できるというアプリだ。
メモリ管理はUNIXの世界ではシステムの専管事項になっていてユーザが触れる領域があまりないのだが、多少はチェックらしいことはできるようなコマンドラインユーティリティが用意されている。

普通はシングルユーザモードから実行するのだが、それが面倒な時にはこのアプリで簡単に実行できる。
それができても結局は「OKなのか」とうなずくだけのことでそれ以上のことはできないのだが。

起動中のアプリやシステムが使用している領域はチェックすることができない。
なので新しいバージョンから起動中のアプリを全部終了させたり、Finderも強制終了させてチェックできる領域を拡げたりすることができる機能がついた。
それでもGUIを起動している限り完全にメモリを解放できるわけではないので、厳密にやりたいならやはりコマンドからの実行をお奨めするのだが、UNIXの場合あまりそこに神経質になることも無いだろうからこういうアプリで簡単にやって目安にするという使い方はできる。






Remberはどれくらいの領域をチェックするか
起動中のアプリを終了してテストするかなどの設定ができる





項目ごとに異常がないか表示してくれる
メモリそのものの不良でもない限り異常が出ることはないと思うが


2005 年 2 月 16 日




ちょっとしばらくこのログを更新していなかったが、サイトの更新をさぼっていたわけではない。
この2週間ほど、『よく使うアプリ』の方のページを大幅増補していたわけで、それでこっちが留守になっていた。

このように私の場合、まんべんなく全体をいつも少しずつ更新するということができないで気が向いたら気が向いたところをドバッと更新するということをやっている。
だからこのサイトは年がら年中工事中だし、いつでも更新が三日坊主に終わる危険性があるわけだ。
でもいろんなコーナーがあるから飽きもしないで更新を続けられるという面もある。





LupinTypin' 4.0.1
(Freeware)

これはキーをタイプすると、アニメ「ルパン三世」のサブタイトルのタイプの効果音をスクラッチするアプリ。

それだけの機能のアプリだ。

インストールもただディスクのどこかに置くだけだし、設定は初めての起動の時にサウンドセットを選択指定するだけだ。
付属のサウンドセット1はタイプ音だけの音だし、サウンドセット2はreturnキーを叩くと「ルパン三世」の例のサブタイトルのファンファーレも鳴ってなかなかにぎにぎしい。

使用法は付属readmeによると
「ただひたすら無心にキーを叩いて下さい。無心にです。」
ということで、ここいらがうまく使いこなすコツらしい。(?)

また付属の「バックグラウンド版」を起動すれば次回ログアウトするまではひたすら音を出し続ける、そういう常駐アプリになっている。





MacLupin 5.1.0
(Freeware)

同じ作者さんのサイトからは「ルパン三世」ネタのこんなアプリもある。

そのまま起動して、ポインタをデスクトップの右下の隅にもっていってみると...
「ルパン三世」の主要タイトルをリアルに再現する。

またファイルメニューの「開く」メニューからテキストファイルを開いてみると、希望の文字列でアニメ「ルパン三世」のサブタイトル画面を再現する。

このアプリはOS9時代から知っていたが、最近OSXに対応したということらしい。

スクリーンセーバ機能や時報機能、タイマー機能なんかもあって、実用ソフトなみの機能の充実ぶりだ。
「ルパン三世」のファンなら一度は試してみてほしい。
はまることは請け合いだ。

ちなみに私は中山ラビや中島みゆきの歌の歌詞を表示させている。
10分間は笑える。






MacLupinはテキストファイルを「ルパン三世」のタイトル風に表示
何でも好きなファイルを表示できるので、忘れては困るメモを表示するのも手だ
スクリーンセーバはかなりうるさいが


2005 年 2 月 25 日





Samurai Graph
(Freeware)

これはCSVまたはスペースなどによって区切られたテキストファイルの数値データを2次元グラフに変換するアプリ。

扱えるファイルは.TXTファイルに限られるのでExcelなどの数値ファイルはあらかじめCSV等に書き出しておく必要がある。

このグラフアプリが面白いのはマウスを使って直感的に縦横のメモリのスケールを大きくしたり小さくしたりをドラッグでできることだ。
グラフのキャラクタによって色を変えたりする操作もGUI的な操作で可能だ。

複数のデータを一枚のグラフに重ねて表示することもできる。
Java特有の重さはあるが、技術屋さんには使えるアプリかもしれない。






Samurai GraphはGUIらしいグラフアプリ
ドラッグでグラフのスケールなどを変更できるのが面白い





Secure Config 1.1
(Shareware)

あなたのMacがもし盗まれても、盗まれた先で居場所をあなたに知らせてくれるというアプリ。 特にモバイルなんかは盗まれるとかなり悲惨なことになるので、こういうアプリは入れてみようかなという気になる。

しかしreadmeを読んでいてちょっと疑問に思ったこともある。

このアプリは固有IPが変更されたらそのことを登録したメールアドレスに知らせてくれるというアプリ。なのでもし盗難にあった場合はその変更後のIPアドレスをたどっていけば、犯人を見つけだすことができるというわけだ。

しかしそんなにうまくいくだろうか?
確かに盗んだ奴がMac素人で、盗んだ状態そのままで使い続けてくれればトレースすることができるだろう。

しかし盗んだ奴がそれなりのMacユーザで、自前のシステムディスクを使ってシステムをクリーンインストールしちゃったらどうなるんだろうか?
私がもし他人のモバイルを盗むような不心得者だとしたらきっとそうするだろう。
個人ファイルをいただくだけいただいたらディスクを初期化してしまうに違いない。

MacOSXはUNIXのログインパスワードで守られているが、それだってシステムディスクがあればバイパスすることができる。結局盗まれても絶対安全なんていう方法はないということだ。

モバイルはせいぜい盗まれないように気をつけることだ。






Secure Configは盗まれたMacがインターネットに接続されたら
新しいIPアドレスを知らせてくるというアプリ
これで盗難から戻ってくる可能性はあるが、やはり一番の自衛策は
『盗まれないように気をつける』ということにつきる





Smell-O-Mints
(Freeware)

ミントキャンディのような名前のこのアプリは、実は原素周期表になっている。
これで原素名を調べられるだけでなく、それぞれの原素をあらわしているキャンディのようなアイコンの色が変わって、性質別に種類分けを見せてくれるとか、なかなか教育的価値が高いアプリになっている。

表示は英語のみなので日本語の原素名は覚えないと読めないが、逆に英語の原素名なんかを調べるのに使えると思う。
例えば水素はハイドロジェンで酸素はオキシジェンだが、じゃ窒素は英語で何というのということを調べられる。勿論英和辞典でも調べられるが理科の御勉強なら周期表を使った方がよい。

見た目がきれいだから子供たちも興味を示してくれるんじゃないだろうか。






Smell-O-Mintsは原素周期表をきれいに表示してくれるアプリ
これは結晶構造の形で色分けした表





そしてこちらが、金属非金属などで色分けした表
他にもいろいろできるし、それぞれの原子の電荷も調べられる
勉強になるなぁ


2005 年 2 月 28 日





Fermata
(Freeware)

これは指定したアプリを一時停止することができるというアプリ。
試したところ、アプリの活動を停止したところから再開するリジューム機能もなかなかちゃんと動いているようだし、使えるアプリかもしれない。

ただ、このアプリ自体が起動になかなか時間がかかるので、大きな処理に入ってしまったアプリを一時的に止めて他の優先したいアプリにCPUパワーを廻すというどちらかというと緊急を要するような事態で本当に使い物になるかどうかはよく判らない。
常駐させておくにもちょっと重いような気もする。

しかし確かにビジー状態のアプリがピタッと止まって、また活動を再開するのを見るのはなかなか面白い。
なんかの役には立ちそうな気がするが、どういう時に使えるかちょっと考えてみたい気はする。




Fermataは処理進行中のアプリを一時停止させるアプリ
再開もちゃんとできるのが面白いが、何の役に立つだろうか?





SuperEmptyTrash
(Freeware)

OSXは初期の頃、ゴミ箱に処理途中のroot権限のファイルが突然生成されて、これがいくら「ゴミ箱を空にする」という操作をしても消えないという問題が起きていた。
これは初期の頃のFinderのバグが原因だったと思う。

最近のバージョンではあまりこういう問題は聞かないが、それでもスリープとFinderに問題があるというOSXの遺伝子は完全に消えていないようで、今でも時々こういう相談をトラシューBBSで質問してくる人がいる。

システムが生成したファイルはroot権限でないと削除できないため、普通にゴミ箱の「強制削除」だけでは消すことができない。
(root権限は管理者権限とはまた違う。OSXではデフォルトではroot権限は使えないように設定されている)

気にしなければ良いのだが、そういう意味不明のファイルがゴミ箱に溜まっていくのは気分が悪いので削除したいという場合、方法は二つある。
terminalを使ってUNIXコマンドでsu(rootになるコマンド)を有効にして削除コマンドを実行するか、UNIXコマンドでsuを有効にしてGUIでrootにログインするかだ。
(詳しくはこちらで解説しているので、参照願いたい)
だが、どちらの方法も結局はterminalを使ってコマンドを打たないと実行できないので初心者には説明が難しい。
というよりこの二つの方法はコンピュータが好きで、Macをほんとに理解したいと思っている人にしかお奨めできない。

そこでGUIだけで安直に、削除をしたいという場合にはこういうアプリを使えば良い。
試した範囲では効果は同じようだ。

また特定のボリュームだけセレクティブに削除するということもできるので、USBメモリなど外装ボリュームのトラッシュファイル削除にも便利に使える。




SuperEmptyTrashはGUIでsudo強制削除を実行するアプリ
とにかく何がなんでもUNIXコマンドを使いたくないという人には勧められる
また外付けボリュームだけ選択的に強制削除することもできる







Previous Index Next



あわせて読みたい




青木さやか