Previous Topへ Next

OSXでよく使うアプリケーション12-2

インターネットユーティリティ/Web Communicator, News Gatherer



webPageMonitor

(Freeware)
おすすめ度★★★★

お気に入りのwebサイトが更新されていないかいつも巡回して、見ているという人は結構多いと思う。
しかし忙しい人は、いつも数十件の御気に入りページを巡回していることもできない。
それだけで1時間かかったりするからだ。
そこで自動でお気に入りサイトを巡回して、そこが更新されたら知らせてくれるという便利なアプリがこれ。
複数のサイトをいくつも登録できるのが秀逸だ。
また登録したサイトをいくつか組み合わせたセットも、複数作れるのでチェックしたいサイトが沢山ある人には重宝するはずだ。

チェックする間隔は60分になっているが、もっと頻繁に知りたいという人はこの間隔を小さくすれば良い。

更新されたサイトがあったらアラートで知らせてくれるし、メールを打つ設定にもできる。



webPageMonitorは更新をチェックしたいサイトを複数登録できる
またそのセットも複数作れるので、気になることが多い人には便利なアプリだ




お目当てのサイトがもし更新されていたら、こんな感じで知らせてくれる
小粒だがあったら便利なアプリかもしれない






FTPC

(Freeware)
おすすめ度★★★★★
OS10.2Jaguar対応OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応

これは OSXネイティブのFTPクライアント。
Macにはどういうわけか良いFTPアプリがなかった。というかお金を出せばあったんだろうけどWindowsユーザはFTPにお金を払っているんだろうかと思うと、ちょっと割り切れないものがあった。
この作者はOS10.3のみで動作確認をしているようだが、OS10.28で問題なく動作した。11.7Mというかなり大きなファイルも問題なくアップロードできた。
作者は動作が不安定なまま改善できていないとエクスキューズしていたが、私の環境では問題なく動くようだ。


FTPCはMacOSXで出会った初めての「使える」FTPクライアント
かなり大きなファイルのアップロードにも成功した。待ち時間も短い





Panorama Backpacker

(Freeware)
おすすめ度★★★★
OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応Windows2000~XP対応

世界の最近のパノラマ写真を映し出す美しいアプリ。
いきなりノルウエイの美しい雪景色がwebで入ってきて、動画ではないのだけど結構感激だ。
ナビゲータを操作すれば360度、全周を見ることができる。
フルスクリーン表示もできる。シネマディスプレイのような横長なモニタを持っている人は美しい写真を堪能できるだろう。

珍しいところでは火星に着陸した探査船の写真なんかも公開されている。
火星はやっぱり赤いんだね、
ノルウエイはやっぱり雪深いんだね、
とかいろんなことが判るアプリ。
何の役に立つかというよりこれで世界のリアルタイムな風景を見ていると楽しいというアプリだ。
でも中には過激な写真もあるかもしれない。(イラクのパノラマ写真とか)
ちょっとしばらくウォッチングしてみたくなった。


Panorama Backpackerに映し出された美しいノルウエイの教会の雪景色
世界各地のパノラマ写真が見られるし、中には火星のものもある





MailPeeper

(Freeware)
おすすめ度★★★★
OS10.2Jaguar対応OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応

これを起動しておけば登録したアカウントのメールの受信チェックを定時的に実行して、新着メールが来たことを知らせてくれるというアプリ。

メールは便利なコミュニケーションツールだが、急ぎの知らせを待ち受けるには不向きなツールではある。そうしょっちゅう受信動作をしていられないからだ。
急ぐなら電話の方が良さそうなもんだが、電話だとお互いが不在で行き違いになるということが多い。メールをチャットのようにお互い受信できたら便利だと思うことが多かった。

メールが着信したら知らせてくれる機能があるなら、この問題は解決する。
設定で15分おきにチェックするようにしたなら、15分のうちに新着メールが来たら知らせてくれる。
その方法はボイスとジャンプするアイコンで、眼を離していても気がつくように工夫されているのが良い。




MailPeeperは映画"ユーガッタメール"を実現するアプリだ
受信中は透ける鏡のアイコンで、新着メールがあるとこのドックアイコンがジャンプする




誰からのどういう表題の新着メールかなんていうこともちゃんと表示できる
だから急いで受信したい相手かどうかもここで判断できる





新着メールを着信した時のメッセージも環境設定で変更できる
システムのスピーチ機能を活用して"ユーガッタメール"アラートが可能だ



このアプリのダウンロードについて
このアプリの作者のサイトは現在閉じられている。どうやらこのアプリは開発もサポートも終了したということらしい。しかしこのアプリが消えてしまうのはあまりにも惜しいので私のサイトで再配布することにした。作者に再配布の許可を取ろうとしたが、メールアドレスも廃止になっているようで連絡がつかなかった。しかし附属のreadmeには「GPLの考え方に基づき再配布は自由」と書かれていることを根拠に再配布可能と判断した。もし作者の方がこのサイトを見ていたら、再配布許可について確認をしたいので連絡をいただきたい。




MailPeeper_Menu

(Freeware)
おすすめ度★★★★
OS10.2Jaguar対応OS10.3Panther対応

上記のメール待ち受けアプリのMailPeeper自体はもう開発もサポートも終了しているので、私の判断で上記リンクで再配布させてもらっているがメーラを常に起動させていなくてもメールが来たことを知らせてくれるのが便利で、常駐ソフトとして未だに愛用している。

この役に立つアプリをメニューエクストラに改編したバージョンがあるということを最近知った。
ドックにアイコンを常駐させるオリジナルを改造してメニューアイコンから全ての操作をするという考え方で、ドックやデスクトップに余計なものを表示させたくないということならこの方が合理的だろう。

見た目はすっきりだし、それ以外の機能はオリジナルと全く同じで声で新着メールがきたことを知らせてくれるし、メールの内容はWindowsから確認できる。もちろんリモートメール機能もそのままだ。

面白いのはメールの内容をメニュープルダウンからも確認できるようになったということだろう。
逆にドックアイコンがなくなったので、声を聞き逃すとメールが来たことを知らせてくれても気が付かないということもある。
使用状況に合わせて便利な方を選んでもらいたい。





MailPeeper_Menuはドックアイコンがなくなって全ての操作はメニューアイコンが起点になった
見た目はすっきりしていい感じだ




メニューバーからもリモートメールの中身を確認することができる
気になるメールをクリックするとその詳細なヘッダを表示できる
ウイルスメールはだいたいこの時点で分かる




フォルダにはこのアプリを並べておいて状況に応じて便利な方を選んで起動すれば良い
Macの前を離れることがあるのならオリジナルバージョンが良いだろうし
何かの作業に集中したいという時には余計な表示がないMailPeeper_Menuが使える




従来バージョンのMailPeeperの設定をMailPeeper_Menuに引き継ぐときは簡単だ
~/Library/Preference/のjp.Dentom.MailPeeper.plistをコピーして
そのファイル名に_Menuを足すだけで設定は引き継がれる












Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか