Previous Topへ Next

OSXでよく使うアプリケーション20-15

ジョーク、遊びアプリ/Funny goods



どうぶつもちつき

(Freeware)
おすすめ度★★★★
OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応

どうぶつ森では人もすなる「もちつき」をやってみることになったとさ。
ちからもちのクマたんがついて、いつも手がぬれているカエルぴょんがこねることになりましたとさ。
そこであなたのミッションだが、あなたはマウスのクリックをじょ〜ずにやってカエルぴょんが手をはさまれないようにおもちをこねることだな。
クリックしないでおもちをこねなかったときも、失敗になるのでうま〜くクリックしないといけないのだな。
うまくできるかな?

Mac日記の日々さんで知ったゲームアプリというか、アミューズアプリというか。
でも幼稚園児の次男にやらせたら喜ぶだろうか。






どうぶつもちつきは起動すると操作説明を読むか訊いてくる
操作説明といってもこの通りのシンプルな内容だ
理解できたら「わかった」ボタンをクリックしよう





失敗するとこんな表示に・・・
無表情に大粒の涙がなんとなく放心してしまう





Squeaky Toy Deluxe

(Freeware)
おすすめ度★★★★
Classic MacOS対応OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応

こちらはDead Poets Society(dps)さんのSqueaky Toy Deluxeのエントリーで知ったアプリ。
dps管理人の「hanapapa」さんにとってはサイトを現在の形で再出発するきっかけになった想い出深いアプリなのだそうだ。
本当はMacPeopleでもこちらを取り上げたかったとのこと。ああいう雑誌の編集者がそういう変化球を受け入れてくれるかという問題はあるだろうから、そうはいかなかったろうけど「hanapapa」さんの気持ちはよくわかる。

アプリ自体の機能はキャプチャーで説明するとして、やはり私にもそういうきっかけになったアプリがある。それがファイルサイズ数百メガの実用超大物お役立ちアプリというのなら良いのだが、私の場合も違う。
私の場合はJAREDというアプリを見つけてこれを面白がって、周囲の皆に見せびらかしていたのがきっかけだ。
その当時いくつかのタイプのwebサイトのプロトタイプを作って、それこそ日記スタイルや映画の感想を書いたりというスタイルを試していたが、あまり自分で面白そうじゃなかったので「多分続かないだろう」という予感がしていた。

せっかく一周遅れのトップランナーでスタートを切るんだから
「もっと自分が普段熱中してやっていることを取り上げるべきだ」
と思った時にふと目についたのがデスクトップに常駐していたJAREDだった。
こういう物を面白がって知り合いに見せびらかしているんだったら、それをwebでやればいいじゃないかと思い立ったわけだ。

それまでもずっとMacOSのトラブルシューティング記録をつけていたが、それをwebにアップすることを考えていた。しかしOS9の情報はもう今更だったしそれだけで魅力的なサイトになるだろうかとためらっていたのだが、このJAREDがひらめきになった。
「こういう変なものを見つけ出してくる才能は結構あるんじゃないか」

このサイトにはアプリのレビューばかりあつめたページも作ったが、これもいつかJAREDのレビューを書きたいということで始めた。
割と単純な動機やね。
自分のための備忘録だとか、Macユーザの便に供したいとかいろいろ書いているがそれは全部あとから付けた理屈かもしれない。
結局は一番やりたかったのはJAREDのような変てこなアプリを一杯見つけてきて
「どうだ、面白いだろ?」
とやることだったのかもしれない。

「hanapapa」さんの記事はちょっとそういうことを思い出させてくれた。






Squeaky Toyとは握ったら「キュキュー」という赤ちゃんのソフビ玩具のことだ
これを起動するとこういう画面が出てくるので「No」をクリックすればいい
あとはマウスクリックするたびに赤ちゃんのように幸福になれる
止める時はアプリ本体をクリックしてもう一度この画面を呼び出す





ロールちゃん

(Freeware)
おすすめ度★★★★
OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応

STUDIO-蔵さんのライフワーク(?)のようなデスクトップマスコットだ。
ゴールディーロックスというか、そういう雰囲気のロールちゃんが無表情にデスクトップで毒を吐く。
「メールマガジンタダなんだから取ってあげなさいよ」
ということだそうだ。

例によって付属リードミーには「使用に際しての注意」という重要事項の説明があるので使用に際しては必ずよく読むこと。

私個人的にはSTUDIO-蔵さんのファンなのだが、その人気作のロールちゃんを今までここで取り上げていなかったので紹介することにした。






ロールちゃんの設定画面
といってもロールちゃんが現れる頻度と「安っぽいサウンド」をつけるかどうかだけ





あとはロールちゃんの降臨を待つだけだ
現れたらいちいちロールちゃんをクリックしないとフローティングのまま消えない





Tabula Rasa

(Shareware)
おすすめ度★★★
OS10.4Tiger対応

これはエックスオスクさん- Tabula Rasa(黒板にお絵描き)というエントリで知ったデスクトップ黒板アプリ。

チョークで書いて黒板消しで消す。ただそれだけのアプリ。
でもこの雰囲気好きだなぁ。
一応デスクトップレベルにウインドウ表示をしてリマインダーというか、メモとして使えるといえば使えるが、そういう目的には他にもっと実用的なアプリがあった気がするしこれはやはりそういう雰囲気を楽しむためのアプリじゃないだろうか。

誰かのデスクトップにメモを残す時に、こういうものの方がスティッキーズなんかよりも味があるかもしれない。






Tabula Rasaは黒板アプリ
という説明とこの絵柄でもう使い方は分かってしまうんじゃないだろうか





一応デスクトップレベルに表示してメモというか覚え書きとしても使える
実用的かどうかは別の問題だが












Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか