Previous Topへ Next

OSXでよく使うアプリケーション7-4

ユーティリティ4〜コンテクストメニュー編
Utilities/Contextual Menu



AmSetFileTypeCMX1.2

(Freeware)
おすすめ度★★★
OS10.2Jaguar対応OS10.3Panther対応

これはコンテクストメニューのプラグイン。
私の場合、マウスは3ボタンマウスを使い右クリックやスクロールボタンを便利に使っている。
iBook出先モードでも、SideTrack なんかを使って、スクロールコンテクストメニューを便利に使っている。

特に古いタイプのMacユーザの中には、伝統的に右クリックやスクロールに対して生理的嫌悪感を感じる人がいる。「Windowsみたいで嫌だ」というやつだ。

しかし実際に使ってみればこの右クリックというのは本当に便利に使える。
そういう食わず嫌いは止めて実際に試してみればイイと思う。
最近ではこの右クリックの便利さに目覚めた人が多いということなのか、web上にもコンテクストメニューのプラグインがオンラインウエアとして沢山配付されている。
使わない手はないと思う。

これはファイルタイプ、クリエータを変更するコンテクストメニューでクリエータを変更しなくてはいけない状況がそうそう頻繁にあるとは思えないので、コンテクストに入れておくほどの緊急性があるかは微妙なのだが、そういう独立したアプリでやっていたようなことを実行することができる。

私の場合は、ダウンロードしたてのディスクイメージファイルをデフォルトでFlashMountで開くという設定にしているが、これだとまれに開かないことがある。
そういう時にDisk Copyにクリエータを切り変えることで開くという操作をするがそういう時には便利なような気がする。





AmSetFileTypeCMX1.2は右クリック一発でクリエータ、ファイルタイプの変更をする
ファイル操作の場面では便利かもしれない




ファイルタイプ、クリエータ変更画面を呼び出すことで変更ができる







AmVisibilityCMX 1.0

(Freeware)
おすすめ度★★★
OS10.2Jaguar対応OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応OS10.5Leopard対応

これもコンテクストメニューのプラグイン。

control+クリックまたは右クリックで出てくるコンテクストメニューでフォルダ、またはファイルを不可視にしてしまうというもので、なかなか役に立つんじゃないだろうか。

特にモバイルパソコンなどの中には知り合いや会社の住所録、個人IDのメモなど人に見られたらまずいものがいろいろ入っている。
そういう物をFinderでは見えなくしてしまう。

セキュリティという意味ではあって便利ではないかと思う。

デスクトップに置いた物の属性は変更できない。
それ以外のディレクトリのウィンドウを開いて操作し、一度ウィンドウを閉じて再び開くと変更が反映される。

問題点はOS10.3以降はFinderの属性の処理が変わったのか、再ログインかFinderを再起動しないと不可視属性の変更が反映されなくなったという点だ。
もう一点、このコンテクストメニューで不可視にしても、Coelaを使うとやはり見えてしまうということだ。
terminalを使ってリスト表示させても見えてしまうので、これで確保されるセキュリティはある程度限定的なものだということは知っておいた方が良い。





AmVisibilityCMX 1.0を使うと選択したファイル、フォルダをFinderで見えなくできる
簡便にセキュリティを確保したいならお手軽で使えると思う









QuickPlayCM

(Freeware)
おすすめ度★★★
OS10.2Jaguar対応OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応

コンテクストメニューのプラグイン。

以前にjpegなどの静止画を右クリック一発で表示できるプラグインを紹介した。
そのQuickImageCM は大変便利に使っているが、同じ作者さんから今度は動画に対応するプラグインが出た。

これはQuickTimeを起動しなくても右クリック一発で動画表示ができる。QuickTimeに対応した動画は全て再生ができる。
QuickTimeが起動するのをのんびり待たなくても良いので、ちょっと画像の中身を確認したい時には最適だろう。
また新しいバージョンでは、今見ているシーンをデスクトップピクチャーに設定するギミックも追加されたようだ。






QuickPlayCMは右クリック一発でQuickTime動画を表示できる





表示画面は実際のドット数で表示されるが、勿論拡大もできる
例によって必要最低限の機能は全て満載している







PicturePopProCM

(Freeware)
おすすめ度★★★★
OS10.2Jaguar対応OS10.3Panther対応OS10.4Tiger対応

これは画像を扱うコンテクストメニュープラグイン。

これは要するにQuickTimeのコンテクストメニュー版と言えば機能がわかりやすいだろうか。
右クリックイッパツでmpeg等の動画だけでなく、jpeg静止画も表示できる。
そういう機能のコンテクストメニューは他にもあるが、これの面白いのは複数ファイルを選択してサムネイル表示をさせることができる点だ。
それで好きなものを選んで画像を見ることができるわけだ。

使い道としてはやはり大量の画像ファイルを扱う人で、しょっちゅう要らないものを整理したりとかの作業が必要な人は重宝するに違いない。





PicturePopProCMは動画、静止画を扱えるコンテクストメニュー
インストールすると画像表示、リスト表示などのメニューが現れる




面白い点は複数ファイルをリスト表示するとこのようにサムネイル表示できること
サムネイルを作成するアプリと併用すれば画像の整理ははかどりそうだ




フル画面表示の画面の一部
リストをこのコントロールで次々再生できるというのも便利












Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか