Previous Topへ Next

Carrier Landingsで長距離フライト
(世界一周連続飛行)にチャレンジしたぞ〜しんどい

Long Distance Aviation

Carrier Landingsで長距離フライト
(世界一周連続飛行)にチャレンジしたぞ〜しんどい

またまた飛行機ネタである。

今回購入したオプションの中に「フライトシミュレータ」という項目があって、長距離航行を体験できるオプションになっていることは前々回に紹介した。

毎週チャレンジで不可能に近い長距離フライトがチャージされてくるのだが、無給油で1万海里も飛べるわけがないから途中で空中給油を受けろということなんだろう。
つまり空中給油のスキルを上げないとチャレンジできない。
それなら無着陸長距離飛行ではなく、地上で給油を受けながら連続飛行で世界一周は可能かチャレンジしてみた。

難所は2ヶ所。
太平洋横断と、大西洋横断だ。

大西洋はポルトガルのリスボン空港からカナダのセントジョンズハリファックス空港までならF-22やF-14のような足の長い飛行機ならなんとか無着陸で渡りきれる。

太平洋はさすがに無理だった。
それでLAからホノルル、グアム、那覇という空路を設定した。

これで世界一周が可能なことがわかった。
所要時間はほぼ4日

時計ボタンで時間を6倍くらい早送りできるが、それでもしんどかった。

今ホノルルから千歳でショートカットする空路を試している。
今日も長距離フライトを飛んでいるパイロットの皆さん、ご苦労様です。
お体に気をつけてお仕事頑張ってください…





まだスキルが足りないので空中給油を受けないで 世界一周はできないかフライトプランを立ててみた
LAからスタートして太平洋周り、日本、ベトナム、インドを経由して中東、ヨーロッパを飛び抜け、
ポルトガルからカナダに渡って米大陸を横断して西海岸に戻ってくるというプランだ




LAを出発して太平洋を西回りでフライト開始
機種は民間機の旅客機ではないのでF-22をフェリーでいくことにした
ミリタリーパワーだとあっという間に燃料を使い果たして墜落することが判明
太平洋や大西洋など長距離間退避空港がないコースでは
フェリー(低燃費飛行)でないとダメということを学んだ
高度は3万〜3万5千フィート、速度は300ノット前後という低速なので時間がかかる




LAをでて最初の着陸地ホノルル空港到着
燃料に余裕があるのでここの着陸と最初の給油はスキップしてグアムに向かう




ホノルルからグアムへのフライトが完了してアプローチへ
このように目標間の飛行はフライトチャートでコースだけ設定すれば
チャートに入った時点の高度と速度を維持して直線で飛んでくれる
自動操縦モードというやつのシミュレーションだと思うがコースだけは
きっちりゲージを読んで合わせないとすぐにコースアウトする
2つRepポイントをコースアウトしたらコース誘導が終了してしまう




グアム・サンアントニオ空港(グアム国際空港)にアプローチを開始
グアムにはアンダーセン空軍基地などがあるがフライトプランに組み込めるのはこの民間空港のみだ
要は姉妹アプリのExtreme Landingsのフライトプランを共有しているため民間空港中心のフライトになる




サンアントニオのランウェイが見えてきた




所要時間15時間でタッチダウン成功
燃料はガス欠というところまではいかないがレッドゾーンに入るまで
使い切っていいのは戦時のみなのでなかなか厳しいレベル
でもグアムまで無着陸でフェリーできるなら世界中どこへでも飛べるという自信がついた




グアムを後にして那覇に向かう
沖縄も軍用なら嘉手納だがプランに組み込めるのは那覇空港だけなのは上記理由
長距離航行の距離感を知りたいだけだから問題ないが




那覇空港のアプローチに入る




那覇空港までおよそ8海里のアプローチウエイに入る




那覇のランウェイが見えてきた
フェリーなら余裕なのだがグアム・那覇間は
アフターバーナーを噴かして1時間半で飛んできたので燃料はヤバイ




およそ17時間かかって那覇に到着
本当に17時間にらめっこしていたわけではなく
時計を早送りする機能で飛ばしているのだが
それでもここまで実時間で3時間近くかかる




那覇を後にしてヴェトナムのダナン空港へ向かう




那覇からインド洋周りは小刻みに回避空港があるので
スロットル全開ですっ飛ばすかスキップするかの選択が可能だ




ダナンのアプローチに入る




今回は1時間ですっ飛ばしてきた
まだ燃料には余裕はあるが次の着陸地を考えたら
一旦降りて給油することにした




ダナンのランウェイにコンタクト オン サイト




タッチダウン成功




ダナンを後にして次はムンバイに向かう…
以下同じことの繰り返しなのでこんな感じで地球一周が可能なことを確認した




出発地はLA南オレンジカウンティのジョンウエイン空軍基地、到着地はLA国際空港
直線距離で20海里程度のお隣の空港なのだが4日かかった




自転に逆行して地球一周したのでもう早朝なのか夕暮れなのか
よくわからないが暁か夕焼けのアプローチとなった




オーLA♪



2016年10月23日
















Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか