Previous Topへ Next

Military & Policeが仕上がった!いろいろ紆余曲折…
というのはこういうことだった…トカレフとかガバとか(後)

BlueMP2

Military & Policeが仕上がった!いろいろ紆余曲折…というのはこういうことだった…トカレフとかガバとか(後)

時々思い出したように昔愛用していたモデルガンなどを引っ張り出してくる…の第16弾

グロスブルーに仕上げたミリポリ…をこうするには途中死屍累々と積み上がった失敗例があるがそれらは今こうなった

ミリポリの色を塗った話をした。

S&WやColtのリボルバーの表面仕上は、あらゆる銃の中でも一番難しいというか徹底的に磨き上げて工芸的なブルーフィニッシュが施されていてABSやABSヘビーウェイト樹脂で成形されたモデルガンをそれに似た色に似せるだけでも大変なことが想像できる。

ABSという素材から考えて塗装しか方法がない。
ヘビーウェイトならブルーフィニッシュという手もあるが、合金のブルーイングと違ってヘビーウェイト樹脂のブルーイングも難しさがある。

そこでブルーイングできる塗料とかに注目した。

それらの試行錯誤がこの数週間というか、やり始めてから数ヶ月結構膨大な時間を取られたのだがその失敗例のテストベッド達はどうなったか…という話。





ニッケル風の塗装をしたトカレフ
クロムシルバーでウエザリングをしてそれなりの古い銃の雰囲気になったがこれをテスト機にした




結論からいうとローバルスプレーを使用したテストは散々な結果だった
この塗料は何か別の食い付き強めの塗料と混ぜて金属感を表現したい時に使えるかもしれない
あるいはもっと薄めてクリアラッカーと混ぜて使用すればいいかもしれない
ローバルスプレーとしてそのままモデルガンに使用するのは現実的ではない
塗装後ガラスケースに入れて二度と触らないならありかもしれないが
どちらにしても磨きだしがすごく難しい




この惨めな姿を晒していたトカレフはそのままでは可哀想なので
キャロムショットのブラックスチール スプレーを使用した




スプレーを振って24時間以上乾燥させて1000番のサンドペーパーで
ヘアライン様のツールマークをつけるように軽く擦ったところなんとなくメタリックぽい黒になった




レフを入れて自然光で撮影すれば金属感を少しとらえていると思う




これまで紹介してきたローバルやパーカーシールに比べればあまりにもお手軽
作業時間も短いし失敗もまずない




ムラなく綺麗に塗れるし塗膜は普通に塗っていれば薄く仕上げられる
おかげでローバルではすっかり埋まってしまったハドソンの浅い刻印も綺麗に見えている




エジェクションポート周りの雰囲気




やっぱり軍用銃はこれくらいのマットな色合いの方が説得力がある
それでも金属感のある黒で鉄の黒染めの雰囲気だ




マットブラックな鉄色のトカレフとグロスブルーのミリポリの比較
トカレフはこれはこれで綺麗な色合いだと思う
というかむしろこの方がいいか…なかなかお気に入りに昇格した




右のプロフィールショットの比較




バレルにローバルを塗ったMGCのガバメントはブルーがかなり剥げていて
見苦しい状態になっていたのでバーチウッドのアルミブラックでタッチアップした
実は下地の銅メッキが見え始めているので完全にブルーイングを剥がしてから
リブルーした方が綺麗に仕上がるのはわかっていたが剥がさないでブルーをかけた
グリップは真っ白だったのがマダラになってしまったがスライドはかなりなんとかなった




光を反射するとメッキのブルーイングはこういう淡い綺麗な青の光を反射する




別のアングルからの青の色合い




本当はこのブルーフィニッシュの色合いが究極の目標なんだけど
これを塗装で表現する方法は今のところ見当もつかない




スライド上面にマダラが残ってしまったがスライドの
滑り止めの周囲が全面的にこうなっていたのでかなり改善した




もうしばらくブルーフィニッシュの色合いをお楽しみください
軍用のガバメントは上のトカレフのようなマットブラックな鉄色をしているが
MarkⅣ/Series70などのコマーシャルモデルのガバメントは実銃もこんな感じの綺麗なブルーで仕上げられている




バックショットも




このガバのリブルーは3回目なのでそろそろ下地の銅メッキが所々見えている
ブルーを剥がしてからブルーイングをかけ直せばもっと
ムラなく綺麗にできるはずだがもうブルーを剥がすのは怖い
いくらメッキモデルでも剥がしてやり直しは限度があるということだ




このガバはCP方式に変わる前のデトネーター方式の時代のモデルで
うちのテッポの中でも最も古いものに属する
こうした鉄砲も静かな余生を送っているということだ




ブルーフィニッシュのカートリッジ映り込み
これだよ、これなんだよ本当はミリポリやチーフでやりたいのは…
でもこれはメッキモデルでないと無理だと思う
さて残ったチーフをやいかんせん…



2018年3月28日
















Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか