Previous Topへ Next

前回仕掛り中だったガンラックが
まあまあの感じでできあがったので晒してみる

Gun Hanger

前回仕掛り中だったガンラックがまあまあの感じでできあがったので晒してみる

テッポの数が増えてきたので押し入れに平積みというわけにも行かなくなった。
それでテッポを立ててディスプレイするラックを自作していた。

前回ちらっと触れたがアクリルのガンスタンドがどうにも不安定で、「坂本龍馬の銃」が地震で落下して大破したので、テッポの保管法を変更するためせっせと木工に励んでいる。

材料は100円ショップで購入した木材などで自分で作っている。

材料のリストは以下の通り
底板(大・4丁用) 100円
底板(小・1丁用) 100円
立て木材(太・オート用)100円
立て木材(薄・リボルバー用)100円
水性ニス(メープル)100円
木ネジ(大小セット)100円

以上

材料費は一台300〜400円、合計でも2000円に届かないという、お財布にも超エコな予算。

木工なのでそれぞれのテッポが一番安定する形に自由に切削、継材ができるので一丁2000円位するアクリルのガンスタンドよりもはるかに安心。

口絵は先日の華山マッドマックスをソウドオフにした銃専用のスタンド、プライス200円





前回ちらっと見せたリボルバー用のスタンドと新造したオート用のスタンド




オートはヨーロッパのオークションサイトなんかによくあるような
マガジンウエルに木材を挿して立たせる方式にした




リボルバー用は既出だがニスを重ね塗りして渋めの色目にした




こちらは別の棚にあるラックたち




リボルバー用の4丁掛けラック




奥がリボルバー用の4丁掛けで手前がオート用の4丁掛けに
少しスペースが余ったので25オートを立てられる+1のスタンド追加








これで箱無しのハンドガンなんか置き場所に困っていたのだがスペースも大いに節約できた



2019年12月7日
















Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか