Previous Topへ Next

コクサイガスガンのS&W M66〜4インチの修正と6インチ、
さらに2.5インチのディテールアップをさらに進める

M66

コクサイガスガンのS&W M66〜4インチの修正と6インチ、さらに2.5インチのディテールアップをさらに進める

コクサイのガスガン「Smith & Wesson M66」のディテールアップの話がまだ続く。

なんせ経緯があって、2.5インチ、4インチ、6インチの3丁があるがこの3丁が3丁とも同じ欠点を持っているので修正作業も都合3倍ということになる。
3回同じことをやるとなかなか飽きるのだが、これも前々からなんとかしようと思っていたのでこの際だからクリアしてしまうことにした。

前回の続きで6インチのモデルのシリンダーストップを磨き上げてシリンダーの傷がつかないようにした。

4インチの方はだいたい作業は終わっているのだが、フロントサイトのレッドランプの周りの仕上げにまだ不満が残ったのでレッドランプを作り直した。





6インチのシリンダーストップを研磨するため完全分解をする
前回S&Wのダブルアクションの分解のコツについて書いたが写真を撮り忘れたので再掲
ハンマーを抜くときにシリンダーを入れてトリガーを引くと
ハンマーが外しやすいというのは前回の写真の通り
ハンマーを抜いたらリバウンドスライドを抜くがそのままずらすとスプリングが
すっ飛んで紛失するのでこのように精密ドライバーを刺して抜くと作業がしやすい




そしてシリンダーハンドをドライバーで押さえてトリガーを抜く




取り出したシリンダーストップはやはりパーティングラインが
バッチリ残っていたのでシリンダーが当たるところはピカピカに磨き上げた
この欠点は初期モデルの2.5インチから末期モデルの6インチも共通の欠点なので
コクサイはこれに問題があるとは認識していなかったようだ




組み込んだシリンダーストップの接触面
特にM66はメッキモデルなんだからばかすか撃っていたらシリンダーの傷から
メッキが剥がれてみっともないことになるという問題意識はなかったようだ




前回パテ盛りしてフロントサイトのレッドランプのドブテールを彫り直した
彫り込みの形は改善されたがはめ込んでいたレッドランプの形がちょっと
いびつというか合わない気がしたのでまた三角コーンから削り直した




6インチのレッドランプも削り直して形を整えた




リアサイトにもホワイトを入れて4インチと6インチも外観はほぼ意図通りに修正できた




4インチ(左)と6インチ(右)のフロントサイト




6インチのシリンダーストップは今回磨き上げたが
結構シリンダーを回しているのですでに傷が入っている
この傷は実銃でも入っているのでそれ自体はいいのだが
メッキモデルはやはりなんとかしないとそのうちメッキが剥がれてくる




6インチ(左)と4インチ(右)のサイトライン
それとパーティングラインを消したハンマー




6インチ(左)と4インチ(右)の完成形




今回修正した4インチのフロントサイトの右プロフィール




そして修正した4インチフロントサイトの左プロフィール




さて最後になった一番古い2.5インチモデルのタッチアップに取り掛かった
グリップに鉛ウエイトを仕込むが形が4インチ以上と違うラウンドバットなので
フィンガーチャンネルもあるし鉛の仕込み方も大きく変わってくる




そしてフロントサイトのレッドランプはやはり一貫して平行四辺形の変な形だったので
サイトの切り欠きを彫り直してドブテール(アリ溝型)に切り直し
三角コーンのレッドランプをもう一つ切り出した




4インチモデルについてきた貫通型シリンダーを2.5インチに移植した
この場合エキストラクターは微妙にサイズが違うようで
入れ替えるとシリンダーが閉まらなくなる
エキストラクターも一緒に移植してエキストラクターロッドだけ
2.5インチ用のものに付け替えるというややこしいことになった
同じシリーズなのに微妙にサイズが違う困った互換性だ




貫通型シリンダーなのでフルサイズの357マグナムダミーカートが使える
最初からこのシリンダーは2.5インチに移植するつもりだった
この2.5インチは5メートル先の的を撃つと1メートルも上に着弾するすごい命中率だった
だから実射性能よりも見た目のリアルさを追求するというのが当初からの計画
それに私がスナブノーズ好きだからという理由も大きい




2.5インチの鉛ウエイトとフロントサイトの切り直し、
シリンダーの移植をしたところで本日は時間切れ



2020年2月2日
















Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか