Previous Topへ Next

マルゼンM1100の猟銃化カスタマイズ続報〜リブが完成したので
研磨・塗装を開始…合間にいろいろ気になっているディテールを…

Paint it

マルゼンM1100の猟銃化カスタマイズ続報〜リブが完成したので研磨・塗装を開始…合間にいろいろ気になっているディテールを…

ベンチレートリブが完成したバレルは、リブを固定したビスをパテで埋めてミッチャクロンを塗装した。

アルミ製で作ったリブに塗装が乗らないので、塗装の下地塗りではがれないようにするためだがこの乾燥に時間がかかるのでグリップエンドの飾りに取り掛かった。

今回は遅々として進んでいないように見えると思うが、気になっているところは全部手を入れるという方針なので…


Remingtonの実銃のM1100の写真を集めてディテールをリサーチしていたら、M1100についてはどのグレードもグリップエンドには飾りが付いていることが判明。

猟銃にはよくあるダイヤ形のホワイトインレイが入っている例の飾りだ。

詳しく見たらあれはひし形ではなかった。





ストックのグレードちょっと高めのRemington M1100実銃の写真
グリップエンドについているこのホワイトインレイ入りの飾りの工作に取り掛かる
トランプのダイヤだと思っていたが複数の写真で確認したが
このインレイはダイヤではなく前方の2辺が短いひし形だった
これは確か剣をデザイン化したシンボルだったと記憶している




最初1.5mmのABS板をグリップの形に合わせて切り出して
白プレートインレイにしようとした




ところがつけてみるとこれは厚みがありすぎ
実銃のインレイはもっと薄い




1mmのABS板は現在取り寄せ中なので暫定的に1mm厚の
ポリプロピレンの白板でベースのインレイを作った
厚さ的はちょうどいい感じ




その上にマルゼンオリジナルのグリップエンドアクセサリーを薄く削って
さらにその上に例の剣の形のホワイトインレイをG17で仮接着




ここにエポキシパテを乗せて固めて飾りの大体の形を作った




エポキシパテの硬化に6時間以上かかるとのことなのでこの間にM1100本体を分解
塗装のためにメカボックス以外はほぼ完全にバラした




マルゼンのM1100の分解法に触れているサイトもチェックしたが
みんな「ガスチューブを外して木製ストックを外す」と簡単に
書いているところばかりだが実はこのガスチューブ分解で汗一斗かいた
このガスチューブを固定しているダルマピンをラジオペンチで
外すのに恐ろしく手間がかかったが結局変形させないと外せない
何度も分解しているとしまいにピンが折れてブローバックができなくなる
組立はしっかりこれを組み付けないと動作しなくなるはずだ
しかし変形させないとバラせない…多分分解を前提にしていない設計




ガスチューブ以外は特に分解で難しいところはない
バラしたレシーバーはABS製なのでブルー塗装をするべくサンディングする




ポリッシュするとここまでピカピカになる




トリガーガードもピカピカに




ポリッシュしたフレームとトリガーガードに下地塗りの
インディのブライトステンレスをスプレーする
上から銃1をスプレーしてポリッシュした時にこの下地の
銀色が透けて見えると実銃のブルーーングの雰囲気に近づく




実銃のバレルのブルーイングの雰囲気
実銃はバレルもレシーバーもこんなブライトブルーで仕上げられている




そしてアルミ製のベンチレートリブにはミッチャクロンを吹いた
これの完全乾燥にはほぼ1日かかるので今日はもう何もできない




「ベンチレートリブを作成した」という過去のブログも幾つか参考に調べてみたが
みなさん勘違いしているのはこのリブのトップは完全に直線でないといけない
散弾銃は拳銃と違いサイティングの時の目の焦点はターゲットに置くため
照門を見てサイトを合わせることができないのでこのリブと照星を合わせて照準する
だからこのリブは真っ直ぐでないと使い物にならないので曲がっているのはすべて間違い
バレルは根元は太くて銃口側は細くなっているのでリブの取り付け部はスロープにしないといけない




先ほどのグリップエンドだが試しにストックに合わせてみたがどうも分厚すぎる




そこでマルゼンオリジナルのグリップエンドを芯に使うのをやめて
エポキシプレートインレイの上に1.5mmABS板を骨格にして
その上に剣のマークのインレイを接着した




そして出来上がったのがこれ
結論これでも分厚すぎる




実銃の写真をみるとインレイの上に1ミリほどグリップの線を
延長して船形に盛り上げてほぼ平らに底面を均している
印象よりも薄い




芯に入れたABS板も抜いてインレイ板の上に剣インレイを直接載せて周りをパテで固めた
果たしてどうなるか…ここからまた硬化を6時間待つことになる
ここに来るまで他にもいろいろ失敗しているがうまくいった方法ばかり書いてきた
実際にはいろいろ試行錯誤しているのでその過程もちょっと紹介してみた




そしてボルトカバーをミニリュータのブライトホイルとバフで磨いてシルバーに磨いた
その上からミッチャクロンを噴いて錆止めにしている




こちら実銃のRemington M1100のエジェクションポート周り
マルゼンオリジナルはマットブラックの黒染めだが
実銃の猟銃タイプは例外なくボルトはステンレスっぽいシルバー


2020年10月31日
















Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか