Previous Topへ Next

マルゼンM1100のストックリアル化計画始動〜なんといっても
フロントエンドの形が変なので大幅に削って時間切れ

Real Stock

マルゼンM1100のストックリアル化計画始動〜なんといってもフロントエンドの形が変なので大幅に削って時間切れ

猟銃スタイルに改造中のマルゼンM1100の最終仕上げ、ストックのリアル化に手をつけることにした。

マルゼンのM1100を最初に購入した時に、一番がっかりしたポイントは木製のストックの色と形が変だということだった。

タンスのニスのような暗い抹茶色に寸胴の先台、分厚いストック、どう見ても猟銃には見えないしタクティカルが好みなら黒のシンセティックストックの方ができがいい。

このタンス色の形も変な木製ストックでも『すごいリアルです』とかレビューを書いているブログを見かけると
「みんな本物の猟銃って見たことないのかな?」
と思ってしまった。

私も所持しているわけではないが昔馴染みだったガンショップが実銃の猟銃も扱っている店だったから、見るだけはタダだった。
もちろん触らせてはくれんけどね。





ネットで見つけた実銃用のレミントンの木製ストックの写真と見比べながら
どこを削るか鉛筆で罫書きしている様子




先台に関してはまず先端の丸みが少なすぎるのでここのRがもっと大きくなるように切削
ハンドガードの後半4分の3もストックの形は円筒形ではなく
断面がおむすび型になるように指がかかる部分を削る
そして後端に三角形の切り欠きが入るのが実銃ストックの特徴
この切り欠きの意味がわからなかったがのちに握って見て目的が判明した




ストックは全体に分厚いのだがガスルートが通る関係であまり薄くできない
それでもチークパッドの前端とPISTOLグリップの後ろの部分は
あまりにも分厚いのでせめてここだけでも削りこみたい




オークションサイトで見つけた実銃レミントンM1100の先台の写真でディテールを確認
指かけの削り込みは結構彫り込んであるのがわかる




指かけは円筒形の上半分を半円形に削り込んでおむすび型に加工しているのがこの写真からわかる
マルゼンのストックはもうちょっと手をかけてくれたらリアルになるのに…惜しい




真下から見た形は前端の丸みが足りない以外はマルゼンの形そのままで良さそう




上から見るとバレルが入る掘り込みの前端と後端は結構薄く削っていることがわかる
前端の丸みが足りないのと相まってマルゼンの大きな修正点だと思う




いっそこの実銃用ストックを落札してマルゼンにつけることも考えたが実銃は
前端にマガジンキャップが当たる金具が固定されておりこれを外して彫り込まないといけない




先台後端の形はかなり左右のピークが下まで削り込まれているのがわかる
それと実銃は布を接着剤で固めて内側に貼りこんで補強しているのがわかる




実銃ストックをマルゼンに取り付ける計画を諦めたのはこのバレル固定リングの位置の違い
マルゼンは先台の先端にツライチにリングが着いているが実銃のリングの位置はかなり後ろ
これをマルゼンに合わせて削り込むのはかなりの骨だしリスクも大きい
レミントンのストックは一枚板ではなく先に中をくりぬいた木を左右から接着するマルゼンと同じ構造
だから補強のために内張の布を接着剤で固めているんだろう
レミントン意外に安い作りだなぁ




以前芸術的なチェッカリングとか書いてしまったがこのディテール写真を見ると
レミントンのストックはチェッカリングではなく金型を押し付けて整形していることがはっきりわかる
花模様のチェッカリングのストックなのに実銃も20万円前後で販売されていて
なんであんなに安くできるのかなと疑問に思っていたがこうしてディテールを見ると
レミントン、なかなか安物の量産品であることがよくわかる




ニスもこんな感じで傷がつきやすくすぐに剥がれるので
ウレタンニスの一回塗りなんじゃないかな
なんだレミントンM1100普及品なんだね




後端の手がよく触れる部分もニスの剥がれが…
この三角の切り欠きは構えた時に左手の薬指と小指がちょうどここに当たる
なのでその部分が削り込まれてしっかりグリップできるように考えられている
こういうデザインは巧妙なんだけど工作は安物だということが判明




実銃はそんなお安い銃だったのなら遠慮はいらない
マルゼンの先台を外して鑿と金ヤスリとリューターでガシガシ削り始めた




まず前端の丸みが足りない部分を削ってRを大きくする
マルゼンのストックは全体に実銃の丸みというか曲線美が全然再現されていない




後半の指かけの部分はざっくり削り込んだ
マルゼンは意外に硬い木を使っているので削り込みの作業はかなりきつい




今日のところはここまで日が暮れて時間切れ
作業中断して仮組みして様子を見る




反省点としては指かけの削り込みが短い
実銃は全長の4分の3以上削り込みが入っている
まだ丸みが足りない




削り込みの上下幅は逆に削りすぎたかも…やっちまったかな(汗
この修正は後日…
でも構えてみた感じはかなり握りやすくなったので
このデザインはやはり実用的に意味があるんだと再確認した


2021年2月20日
















Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか