Previous Topへ Next

GoogleのChrome bookが最近気になっている…というより
魅力を失ったバカ高いMacやWindowsなんかよりこれで十分じゃない?

Chrome book

anchor

GoogleのChrome bookが最近気になっている…というより魅力を失ったバカ高いMacやWindowsなんかよりこれで十分じゃない?

最近気になっているのがこれ。

Googleが提唱するChrome OSを搭載したノートブック。

価格帯は3万〜12万というところで内蔵ストレージは32GBとかそのレベルしかない。

扱うデータは原則Google Driveなどのクラウドに置く。

なので内蔵ボリュームにはダウンロードの1フォルダしかない。

オフラインでファイルをプレビューしたりエディットするためのスペースで、そのファイルも自由に置いておけるわけではなく、クラウドドライブのキャッシュでしかない。


こんなパソコンの何が良い?

ちょっとまてよ、MacだってBTOでせいぜい256GBか516GBしかSSDドライブしか積めなくなっているし、事後に拡張することもできない。
バッテリー交換も不可能。

2009年型のMacBook Proは思いっきり拡張して近代化したが、今の最新のMacBook ProやMacBook Airはそういうことは一切できないし。
結局データはサーバーに置かないといけないんだったら、Chrome bookと変わらんぢゃないか…


なら最低スペックでも12万もするMacBook ProやMacBook Airなんかより、3~5万程度で手に入るChrome bookで十分ぢゃないの?

特にこの口絵のHPのChrome bookなんてタブレットにもなるしキーボード付きタブレット、クライアントPCと考えれば十分なスペックぢゃないのかな?

冗談ではなく真面目にMacBook Proを神棚にあげてサーバーにしてしまい、Chrome bookをメインにすることを考えている。





CapsrockやScrollrockが省略された日本語キーボードという合理性に加えてLinuxベースのCUI、
スクリーンを後ろまで展開すればタブレットにもなる軽快さ




Androidアプリが使えるそうなのでバッテリにすっかりガタがきたiPhoneも
Android携帯に買い換えてこれに変えて仕舞えば良いんじゃないかな



最近のMacやWindowsは急激に魅力を失いつつある。

というよりPCがその役割を終えつつあるのかもしれない。
詳しくはこちら参照。
カンブリア紀以降の世界の鎮静
10年後のPCなど個人用情報機器の世界なんてのを軽く予想してみた

カンブリア紀以降の世界の未来予測を書いたのだから12年経った今、答え合わせをやろう

ならば5万のLinuxで十分…というのは13年前の予想。
実際そうなりつつあると思う。


そうなったら、このサイトの
「Mac OS Xのオンラインウエアテストの記録とトラブルシューティング」
という看板は完全にいつわりありになってしまうな。

なんせ平日はWindowsとLinuxしか使わないし、日曜マカとか言いながら最近はテッポの話ばかり書いているし、挙句に使っているのはChrome OSでは全くサイトの実情とタイトルが合っていない…

「WindowsやLinux、Chrome OS(まれにMac OS Xも)のオンラインウエアテストの記録とトラブルシューティング」
というタイトルに変更しようかな…




2020年3月2日















Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか