Previous  Index  Next


2011 年 9 月 14 日




anchor

rtfd2html
(Freeware)
OS10.5Leopard対応 OS10.6SnowLeopard対応 OS10.7Lion対応

リッチテキストの.rtfdをhtmlに変換してくれるお手軽アプリ。

プレインテキストの.txt、プレインなリッチテキストのrtfに対してMacではリッチテキストの.rtfdというフォーマットがある。
どう違うのかというと、txtは文字だけ、rtfは書式やレイアウト情報付き、rtfdは画像などの挿入付きと考えればいい。

このrtfdはMac上ではファイルとして見えているが、Windowsなんかに渡すとただのフォルダになってしまう。
これはフォルダの中にプレインテキスト、レイアウト情報、イメージファイルが格納されたコンテナ形式のようなファイルということになる。

で、これをhtmlに変換したい場合、当然Windowsにはそういうソフトはない。
Mac上でそういう処理ができるアプリが必要となるが、このrtfd2htmlがそれを実現してくれる。
使い方は実に簡単で、ファイルメニューから実行できるがアプリアイコンの上にドロップするだけでもいい。
元ファイルがあるディレクトリにファイル名と同じフォルダができ、その中にhtmlファイルとimgフォルダができている。
htmlファイルをクリックするとブラウザなどで、htmlを確認できる筈だ。

でき上がったタグを見ているとスタイルシートも整然と使用されていて、MSWordなんかにもhtml書き出し機能はあったけど、こちらの方が洗練されている印象だった。

単機能だけど、とりあえず手っ取り早くhtmlを作る必要が出てきた場合は役に立つと思う。





とりあえず付属のreadmeでrtfdをhtmlに書き出すテストをしてみる
レイアウト情報がどうなるかみたいので背景色もつけてみる




でき上がったrtfdファイルをrtfd2htmlのアイコンの上にドロップ
すると元ファイルと同じディレクトリにフォルダができて
中にはhtmlファイルとimgフォルダができている
ブラウザで開くと・・・




こんな感じ
領域指定とか無いからシンプルきわまりないhtmlだけど必要最低限のものは含んでいる
イメージもインデントもちゃんと再現しているのに注目




ソースを開いてみるとMSOfficeのhtml作成機能よりは筋がいいタグが見える
とりあえず手っ取り早くhtmlを作りたい時にはいいかも







2011 年 9 月 13 日




anchor

最近見かける"MacKeeper"ってどうよ?

(このアプリについて追加でテストしてみました。こちらの記事も参照ください。
MacKeeperが話題になっているらしいのでちゃんとインストールしてレビューしてみた 2012 年 3 月 26 日追記)

最近Googleのアドセンスなどの広告でやたら見かける「MacKeeper」って大丈夫なの?

で、早速調べてみました。
というのも最近MacDefenderだの、その亜種などMacを狙ったスケアウエアがやたら出ていて(特定の)セキュリティソフトベンダーが警告をしているだが、この本物のマルウエア自体も捕捉し損なった(というか捕捉できないというか)のでいろいろ疑問に思っているところなんで、この紛らわしい名前のソフトもどうなのか気になっていたところです。

調べてみたところこのインテゴだけが警告しているマルウエアとは無関係ということがわかりました。
このソフトは、不要なコード、使用されていないファイルを削除したり、アプリのアンインストールの時に関連ファイルを削除したり、ウイルス対策ソフトとしての機能もあるようです。

ウイルス対策ソフトもWindows向けウイルス対策ソフトとして実績があるAviraのOEM版ということなので、決して怪しいソフトではないようです。

日本国内でレビューが見当たらなかったので調べてみましたが、評判の方は芳しくないようです。
is MacKeeper a scam- Apple Support Communities

その理由もこんなところから来ているのでしょうか。





MacKeeperのインストーラ
インストールの手順を表示している




ちょっと感心しないなと思ったのはインストーラの中身
パスワードを要求されるのはシステムソフトとしては当然かもしれないが
ファイルを挿入しないでスクリプトだけを実行する




そのスクリプトの中身も見えないようにしてある
おおかたネットからアプリの本体をダウンロードして
実行するんだろうけど感心しないやり方だなぁ


上記Appleサポートコミュニティの質問のさわりだけ訳すと

「質問
MacKeeperは詐欺ソフト?それとも有効なソフト?

回答
詐欺ソフトではないが、お薦めはできない。
そういう攻撃的なマーケティングにはまってこのソフトを買わないことをお勧めする。
もしメンテナンスが必要だというのなら以下のお薦めを見て欲しい・・・」

他にも類似のアドバイスがいくつかあります。
あまり他人の商売を邪魔するような事書きたくないけど、このインストーラには不快感を感じたので。
正しい知識があれば、こういうものにお金をつぎ込む必要はないと私も思います。



2011 年 9 月 11 日




anchor

Time2Recharge
(Freeware)
OS10.7Lion対応

Magic Mouse、ワイヤレスキーボード、MagicPadなどのBluetooth接続の機器のバッテリーのステータスをドックアイコンなどに表示するアプリ。

このページでも書いたけどRF時代にワイヤレスマウスを試したところ2週一くらいでバッテリが落ちてワイヤレスになってかえって不便になった気がした。
結局その手のアナログマウスは全部捨ててしまった。

でもケーブルマウスはケーブルがよじれてくると、シロウトさんは引っ張って伸ばそうとするのですぐ断線するんだな。
そうやってもう何代もケーブルマウスがお釈迦になっている。
家族にケーブルを引っ張るなといくら説明しても、暫く経ったら忘れているのでケーブルマウスはやはり家族共用ではダメだと思っている。

それで再びワイヤレスなのだが、Bluetoothになってから本当に電池が保つようになった。
2〜3ヶ月は持っているじゃないかと思う。
BluetoothはRFと違って電源が入っている間常時電波を飛ばしまくっているわけではない。
必要になるとセッションを確立する方式なので、待機中はほとんど電気を食わない。

家族共用のMac miniは私はほとんどマウス・キーボードは触らないでVNCで操作しているので、たまに家族が使う時だけマウスが必要になる。
その程度の使用頻度なら本当に3ヶ月やそこらは保ってしまうのだ。

でも電池の交換時機が空いていると逆に電池の交換忘れをしたりする。
電池の残りが少なくなったら知らせてくれる仕組みがあればいいのにと思う。

このTime2Rechargeがまさにそういう意図で用意されている。
でちの残りが少なくなるとドックアイコンなどの数字や色で知らせてくれるし、サウンドを鳴らすことも可能だとのこと。

バッテリステータスを取りに行く頻度も、60分おきがデフォで30〜90分で設定できる。
そんなに頻繁に取りに行く必要もないので90分おきでも充分かもしれない。

ワイヤレス使うならあると便利なアプリだ。





ウチでBluetoothデバイスといったらMagic Mouseしかないので
起動するとMagic Mouseのバッテリ状態を表示する
2つあると上下に表示する




またBluetooth機器をつないでいない時には内蔵バッテリの残量表示に切り替えられる




その切り替えはドックアイコンからのオプションで
「表示切り替えの」の必要な方にチェックを入れる




環境設定ではバッテリ状態取得の頻度、起動後にTime2Rechargeをアクティブにしない、
バッテリレベルが下がった時に音で知らせる、アイコンカラーで知らせるなどの設定項目がある

anchor

FlashLight
(Freeware)
OS10.5Leopard対応 OS10.6SnowLeopard対応 OS10.7Lion対応

デスクトップの一部をスポットライトのように浮き上がらせたり、拡大したり、文字を表示したりするプレゼンに最適アプリ。

操作はみんなショートカットキーで、デフォではcontrol+文字キーが割り当てられている。
文字キーのアサインや浮かび上がらせるコントラストは設定で変更できる。

ちょっとした小物だが、iWorkKeynoteを使ってPower Pointそっくりのプレゼンをするくらいなら、こういうアプリとテキストを使ってデモする方がよほど印象に残るプレゼンができると思う。
もう型通りのPower Pointにはげんなりするだけなので、こういうもので手作り感覚でやるプレゼンの方が逆に熱意を感じられる。





マウスポインターの周辺を拡大するエフェクト
デフォルトではControlキー+Wキーが割り当てられている




マウスポインターの周辺だけをスポットライトで浮き上がらせたような効果
デフォルトでControl+Aキーが割り当てられている




マウスポインターで囲んだ任意の矩形のエリアをスポットライトで浮き上がらせる
デフォルトでControl+Zキーが割り当てられている




最前面のウインドウだけをフラッシュアップする
デフォルトでControl+Sキーが割り当てられている




あらかじめ用意したテキストを画面に表示する
デフォルトで表示はControl+Qキー、ページを進めるは
Control+Nキー等が割り当てられている




これらのホットキーやコントラストなどは設定で変更できる
フリップのテキスト読み込みもここから


2011 年 9 月 9 日




anchor

WNetWatcher
(Freeware)
WindowsXP~7対応

Wi-Fiネットワークをスキャンしてそこに接続しているコンピュータやデバイスをリスト表示するアプリ。

スキャンする対象はワイアレスだけで、有線イーサ混成のネットワーク全部はカバーしない。
接続しているデバイスのIPアドレス、MACアドレス、ベンダー名、検知したタイムスタンプ・回数、取得できるならデバイス名とネットワークでの役割などを表示する。

使い方は簡単で、起動したらツールバーの右向き三角のPlayボタンをクリックするだけ。

最近ではWEPのような無線LANセキュリティは数秒で破られてしまうし、そういうのはギークだけが可能なのではなく、無線LANのセキュリティ破りのキットが普通に秋葉原などで売られていて、知識が無くても誰でも悪用できる。

無線LANにはWPA2以上のセキュリティがゼヒモノだと思うがNintendoDS等のゲーム機の対応が鈍くて、ゲストネットワークなどを設定している人もいるかもしれない。
ここで断言しておくがゲストネットワークを使えば安全なんていうパソコン雑誌のいい加減な記事を真に受けてはいけない。
そういうのがこの手の無線セキュリティクラッカーキットの餌食になる。

自分のPCの中を覗かれなければいいと考えている人も多いが、怖いのはそういうことではなく自分のネットワークに接続されてネットワークから外部のWANに不正アクセスされることだ。
それで掲示板に殺人予告とか書き込まれたら、家宅捜査を受けるのは踏み台にされたあなただからだ。

どうも踏み台にされている気がするという人は、こういうソフトで心当たりのないデバイスが接続していないか時々確認するのがいいと思う。

でも一番いいのはゲストネットワークなんかすぐに止めて、セキュリティはWPA2以上にすることだ。





WNetWatcherを起動してスキャンメニューあるいはボタンをクリックすれば
すぐにネットワークにぶら下がっているデバイスのリストが見えてくる
IPアドレス、MACアドレスの他にベンダー名、一部デバイス名を表示している




リストのひとつをクリックするとデバイスの詳細が一覧表示される




そのスキャン結果はテキストデータとして保存される
拡張子は.cfgだが一般的なテキストエディタで開くことができる


2011 年 9 月 8 日




anchor

FunctionFlip
(Freeware)
OS10.5Leopard対応 OS10.6SnowLeopard対応 OS10.7Lion対応

Windowsからのスイッチャーも安心、Fキーをメディアキー・カナキーなど自由に分割できるシステム環境設定ペイン。

最近はMacBook AirやiPhone、iPadの影響で長年Windowsを使ってきたが、初めてMacを触るという人が本当に増えています。

そういう人達から出てくるほぼ耳タコな質問にこういうのがあります。
「カナ変換でF6〜F8キーが使えないのが不便。なんとかならんの?」

Windowsのキーの打ち方はとりあえずバラバラ文字を打っていってF7キーでカタカナに変換する、F8キーで半角カナに変換するというのがオーソドックスらしいです。
私の場合Macではことえりの強化辞典とかプラグインしていますから、とにかく文字打ってスペースキーでどんどん変換していきますし、変換できない外来語を打つ時はコマンド+スペースでかな入力に切り替えて打っていますので、Fキーが便利とは思っていません。
変換の度にホームポジションが崩れるだけだと思っています。

しかしどうしてもF7キーに慣れてしまっているという人達にも朗報なのは、実はMacにもF6〜F8キー変換があるということです。





Macは特別にソフトを入れなくてもデフォルトでF6〜F8キーが使えます
システム環境設定に入って「キーボード」「F1、F2などのすべてのキーを標準の・・・」
というところのチェックを入れます


この設定でF1〜F12キー(デスクトップの場合はF15キー)がWindowsと同じように使えます。

ただ特にMacBook AirとかMacBook Proとかを使っている場合、このキーはスクリーンの明るさ、自照キーの明るさ、音量・ミュート、光学ディスクエジェクト、プレイ・巻き戻し・早送り、Dashboard、Exposé等のコントロールキーでもあります。

この設定をしていてもコマンドキーの隣りの「fn」キーを押しながらそれらのメディアキーのコントロールもできるわけですが、音量調整とかスクリーンの明るさ調整とか頻繁に使うキー操作の度にfnキーと同時押しというのも煩わしいもんです。

F7キーでカナ変換も使いながらエジェクトキーや明るさキーもfnキーなどの装飾キー無しで使えればなお便利でしょう。

このFunctionFlipがそれを実現します。

システム環境設定ペインとしてインストールされ、キーのリストにチェックを入れるとそのキーだけが標準機能に変わります。
チェックが入っていないキーはメディアキーとして使えます。

正直、プレイ・ストップ・巻き戻しキーなんて滅多に使うことないしもったいないので、ここらを標準機能のファンクションキーとして使えたら確かにその方がいいかも。
このFunctionFlipは、小粒ですがなかなか手に馴染むアプリになる可能性がありますね。





システム環境設定ペイン反対をクリックするだけでシステム環境設定が起動して
自分専用にインストールするか、マルチユーザ共用にするか聞いてきます
違いはインストール場所が変わるわけで起動ボリューム直下のライブラリフォルダ
の中(共用)かユーザフォルダの中のホームフォルダ(自分の名前のフォルダ)
の中にインストールするかという選択になります




F1〜F12キーのリストが見えていますので標準機能で使いたいキーだけチェックを入れます
メディアキーとして使いたいキーはチェックを入れないというシンプルな設定
右側は機能のオンオフ、ログイン時に自動起動するか、
アップデートチェック、キーボード選択といったところ




日本語入力してカンタンニハンカクカナニ変換してみたりゼンカクカナに
変換してみたりもとに戻してみたりでできる
しかもスクリーン明るさキーや音量キーはそのままの機能で使える
Windowsからのスイッチャーは試してみる価値があると思う


2011 年 9 月 6 日




anchor

「再ログイン時にウィンドウを再度開く」にチェックが入っていても無効にする方法を試してみました

Lionの新機能に不意にログアウト、あるいは強制終了することがあっても「次回ログイン時にウインドウを再度開く」というものが追加されました。

もし必要ない時にはログアウトの時に出てくる「再ログイン時にウィンドウを再度開く」タグのチェックを外せば次回ログイン時に余計なウインドウが開きません。

一見便利そうです。
でも実際使ってみるとウインドウを隠している常駐アプリ、例えば
XBattery
のようなアプリを使っていますので、これが不意のログアウトの度にウインドウの数が増えていっていちいち閉じればいいんですが、何だか手間が増えただけで全然便利じゃない気がしてきました。

次回ログイン時に前に使っていたアプリを使いたい場合はそのアプリを起動すればいいだけだし。

Lionの新機能に関しては礼賛と批判が半々でどちらかというとSnowLeopardと同じに戻して使っている人が多い気がしますが、それだったらアップデートなんかしないでSnowLeopardを使っていればいいぢゃないかと思っています。
なのでできるだけ設定を変えないでそのまま使うようにしています。
が、しかしこの機能だけは慣れることができません。

そこでveadarさんのこちらの記事に従って、この機能を殺して見ることにしました。
「再ログイン時にウィンドウを再度開く」にチェックが入っていても無効にする方法 | Macの手書き説明書

Terminalを起動して以下のコマンドを入力(コピペでOk)すしてEnterです。

curl http://goo.gl/Z4EFC -L -s -o ~/fixlogin.sh && chmod +x ~/fixlogin.sh && sudo ~/fixlogin.sh ; rm ~/fixlogin.sh

パスワードを要求されますので、勿論rootパスワードを。

これは「http://goo.gl/Z4EFC」にあるスクリプトをダウンロードして、ファイルに保存する、さらにfixlogin.shという名前で保存してシェルで実行した後に削除せよというコマンド。

これを実行すると概要のURLから
pastie-2427953.sh
というシェルスクリプトをダウンロードする。

そのスクリプトの内容はこんな感じ。

#!/bin/bash
echo "#!/bin/bash" > /tmp/loginfix.sh
echo "rm /Users/*/Library/Preferences/ByHost/com.apple.loginwindow.*"
 >> /tmp/loginfix.sh
mv /tmp/loginfix.sh /usr/bin/loginfix.sh
chmod +x /usr/bin/loginfix.sh
defaults write com.apple.loginwindow LoginHook /usr/bin/loginfix.sh




コマンドをTerminalで実行
パスワードを求められる


以上で次回ログインから勝手に起動中のアプリを復元しなくなります。
めでたし。

元に戻したい時には

sudo defaults delete com.apple.loginwindow LoginHook

というコマンドを打つだけでOK。





このコマンドを実行するだけでまたログイン時にアプリが復活するお節介機能が復元する
一応なんでも解除の方法を知っとかないとね


2011 年 9 月 5 日




anchor

ネガポ辞典
(Freeware, via App Store)

ネガティブな言葉をポジティブな言葉に置き換える辞典アプリ。

北海道の女子高生グループが作ったアプリがAppStoreデザインコンテストで入賞したということで話題になっていたけど、これはなかなかすばらしいと思います。

ツイッターとかでちょっと来ている人のツイートを見かけると「ヴァカ」「氏ね」とかつい書きたくなることもあるかもしれません。
しかしそういうネガティブな言葉を吐いていると自分自身もネガティブになっていって不幸になるそうです。
なのでそういう時はこのアプリを起動してポジティブな言葉に置き換えましょう。

「ヴァカ」は「素直」と言い換えて「氏ね」は「死ぬ気で生きてください」と言い換えて 「ヴァカ氏ね」は
「素直な人ですね、死ぬ気で頑張ってください」
と書けば何だか、自分もいい人になったような気がしてきて不思議です。

このアプリの開発にまつわる話は、オンラインマニュアルとともにこちらのサイトにあります。
久しぶりに笑ったアプリです。

ネガポ辞典





この辞典アプリによるとバカは「素直」という意味なんだそうだ
あるいは「和ませてくれる人」
こう解釈すれば世の中にはいい人しかいなくなる




「氏ね」は「死ぬ気で生きろという激励」なんだそうだ
頻繁に使う言葉はお気に入りリストに入れることもできる
ネガティブワードが多い人は使ってみてはどうでしょう


2011 年 9 月 3 日




anchor

SnapDraw
(Freeware)
WindowsXP~7対応

Windowsで簡単にスクリーンショットが撮れるアプリ。

WindowsユーザがMacにスイッチしてきたら
「MacではWindowsのあの機能は無いのか」
「Windowsのあの操作法はMacではできないのか」
「Windowsで使っていたあのアプリと同じものがMacにはないのか」

という質問をするのがもう定番のようですが、WindowsにスイッチしたMacユーザも同じことを思っているのです。

特にスクリーンショットを撮る時Macの場合は
コマンド+Shift+3キー
というショートカットキー一発で所定の場所に所定のファイル形式でいきなりスクリーンショット画像ファイルができたりするのですが、Windowsの場合はスクリーンショットボタンでスクリーンショットをペーストボードに保存して、それをペイントあたりを起動して、そこにペーストしてファイルメニューで保存しないといけないという感じで、Windowsユーザの皆さんは慣れっこかもしれませんが、Macを使っていた身としてはこの操作法はどうしても迂遠に感じてしまいます。

このSnapDrawならタスクトレイに常駐してワンクリックで表示、ワンクリックでスクリーンショットを撮りもうワンクリックで好みの場所にファイルを保存とかなり使いやすい操作になっています。

フリーバージョンならスクリーン全体のスクショで、シェアウエアをレジストすれば、ウインドウ単位や範囲指定してスクリーンショット撮りもできます。
さらにあと加工でいろいろ画像エディットもできるようです。

Windowsでデスクトップをきれいに撮りたい、お洒落に加工したいと思うならペイントもいいけどこのSnapDrawが役に立つと思います。





Windowsではもう常識だがインストーラを使う
インストーラの指示に従って進めばOK




最後にSnapDrawを使うYes/NoでNoが選択されている
Enterキーを叩いているといつまで経っても使えないのでYesをクリック




アップデートをチェックするか聞いてくる




そして現れたフェイスはこんな感じ
チュートリアルを表示するか聞いてくるがとりあえず使ってみることに




スクリーンショットを撮影するボタンはこのセクションの4つ
このうちフリー版で利用できるのはスクリーン全体のショットの一番右のボタンだけ




こうして撮れたスクリーンショットはいきなりリフレクション効果がついた形に加工されている
保存するのはここのセクションのボタン
直接画像ファイルに書き出したい時には一番右のボタン




画像ファイルに書き出すと画像とFAXビューアが起動して保存された画像を開く




こうして書き出された.pngファイルがこれ
これは縮小しているが高画質、高精細な画像が撮れる









Previous  Index  Next



site statistics



青木さやか