Previous Topへ Next

映画に登場するプロップガン〜殺人マシンが
使用していた実用本位のガバカスタムの正体…その他小ネタなど

Machine's arms

映画に登場するプロップガン〜殺人マシンが使用していた実用本位のガバカスタムの正体…その他小ネタなど

以前にターミネーター2のプロップガンについて取り上げた時に、シュワちゃんの使用銃をガバのカスタムと書いたけど、その後あちこち見ていたらコルトのコンバットエリートじゃないかという解説をしているブログをいくつか見つけた。

あれ〜?そうだっけ?

確かにWAなんかがガスガンでモデル化していたMark IV Series '80ベースのカスタムは似ているといえば似ているし、普通はこれだと思っても仕方がないけど、ちょっと違うんじゃないかなぁと引っかかっていた。

でもそういう解説をしているところが複数あったので、自分が間違っていたのかなと思い始めていた。

コルトがほぼファクトリーメードのセミカスタムでエジェクションポートの削り方にバリエーションをつけたりするだろうか?(映画で使われたプロップガンはエジェクションポートの削り方がほぼノーマルに近いわずかな削り方だったけど、コンバットエリートはエジェクションポート後ろに大きな削りこみがある)

そしたらこちらのサイトでこのプロップガンの出元に取材した確かな情報がアップされていた。





WAのカタログからコンバットエリート
コルトのMark IV Series '80ベースのセミカスタムで確かに映画のプロップに印象は似ている




前回紹介したT2カスタムをイメージしてでっち上げた4コイチガスガン
ポイントはアンビセーフティ、ノーマルハンマー、などでこちらサイドからわからないが
エジェクションポートの削りこみも最小限にしていること
ただしセーフティはA.D.Swensonしか手に入らなかったので映画とは形状が違う




T2より例のカスタムガバのアップ
セーフティは蝶型のフリップがついた短いものだがアンビになっているのがわかる
エジェクションポートの形状もノーマルに近い
上記リンク先サイトを見るとキャメロンの映画の
プロップガンの発注先のデトニクスに直接取材したようで
デトニクスのフレームにMark IV Series '70のスライドを
組み合わせたスクラッチビルドのカスタムガンだった




つまりヨンコイチででっち上げたガバだけど結構当たらずとも遠からずだったじゃない
ところで上のキャプチャを見ると口径が小さいような気がしたがこれも気のせいじゃなかった
前出デトニクスのビルド記録によると9mm口径のガバなんだそうだ
こちらのでっち上げカスタムはノーマルの45口径のまま




このキャプを見るとエジェクションポートの形状がノーマルに
近いのでコンバットエリートという解説は腑に落ちなかった
やっぱりノーマルガバのスライドだったんだ
そして上の私のでっち上げガバのA.D.Swensonのアンビセーフティと違い
指掛けが短い蝶形のアンビセーフティなのが気になっていた




このセーフティはJohn Masenのカタログに載っていた
そう!これだよね!コルトのエクステンドセーフティとはちょっと形が違うと思っていた
ところでこれのアンビセーフティ版はJohn Masenのカタログからは落ちている



上記サイトによるとデトニクス社のビルド記録には9mmと書いてあって、映画の発砲シーンで使われたのは9mm仕様のカスタムだったとのこと。

そういえば確かに銃口が映っているシーンで口径が小さいような気がしていた。

45口径は実はジャムが多くて、ステージガンにするには連射の安定性が問題になるらしい。

「ゲッタウエイ」でもスティーブ・マックイーンが手にしていたのはM1911のトランジションモデルだけど、実際の発砲シーンに使われていたのは、ガバによく似た9ミリ口径・スペインのスター・モデロBだった。

T2でも確かに病院から脱出して車で逃走するシーンで、母親がジョンからガバのマガジンを受け取るシーンをよく見ると、マガジンに9ミリ用のマガジン内径を絞るリブが付いているのがはっきり映っている。

だからあの病院から逃走するシーンで撃ちまくっていたのは、資料どおり9ミリのカスタムガバだったに違いない。

でも病院の門衛の足をシュワちゃんが撃ってガバのマガジンを奪うシーンでは、しっかり45口径のフルロードされたマガジンがアップで映っていた。

これも設定は45口径で実際は9ミリということなんだろう。

(口絵と本文は結局関係ありませんでした)




2020年5月4日
















Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか