Previous Topへ Next

真っ黒に変色したマルシン・ニューナンブM60をバトルプルーフに
ポリッシュする〜気になっていたブルーイング変色をなんとかする

Old new nambu

真っ黒に変色したマルシン・ニューナンブM60をバトルプルーフにポリッシュする〜気になっていたブルーイング変色をなんとかする

日本警察のかつての主力拳銃のニューナンブM60(に似ていると言われる)マルシンのポリスリボルバーにブルーイングをかけて磨いたは話を前に書いた。
詳細はこちら。
日本のテッポ〜ニューナンブの ブルーフィニッシュをもう2ラウンドかけてみた

磨いた当初は青っぽい金属ブラックだったのだが、マルシンのヘビーウエイトの癖なのか材質の問題なのか時間が経つと青味もツヤも金属っぽさも消えて単なる半ツヤの黒いテッポになってしまった。

マルシンのヘビーウエイトのブルーイングは時間が経つと単なる真っ黒に変色する傾向があるのは昔ハイパワーのブルーイングをやった時にも気がついていた。

ブルーイングをやり直すよりも、いっそポリッシュして
「歴戦の警察装備」
という雰囲気に仕上げ直すことにした。

いろいろ考えた結果、台所の食器洗い用のスポンジの目の荒い方を使ってエッジを中心にパーカライジングが剥がれかけた雰囲気を再現することにした。

あと警察関係者の証言で
「マルシンのグリップはテカテカのツヤありだが、実際の警察装備のグリップはややツヤ消しの色合いだ」
というのを見かけたので、グリップもスポンジでポリッシュした。





ブルーイングをかけた当時は青っぽい金属光沢だった
マルシンヘビーウエイトのポリスリボルバー
時間が経ったら変色して真っ黒になった
これでもいいんだけどどうせならかなり使い込まれた
警察拳銃の雰囲気に仕上げ直すことにした




要はばらしてフレームもシリンダーもグリップもスポンジの目の荒い方でポリッシュ




もとがヘビーウエイトなのでエッジを多めに
ポリッシュするとこの通り使い込まれた雰囲気に




バレル、トリガーガードなどエッジを銀色になるまで磨く




グリップパネルはSNSで見かけた警察関係者と思しき人の
「実銃のグリップパネルはマルシンのようにテカテカではない」という
書き込みを見てこれもスポンジで荒らしてスポンジの目の細かい方で落ち着かせた
そういえば実銃写真もこんな印象だった




こうしてエージングしたポリッシュド・ポリスリボルバー




その右側の雰囲気




マズル、フレーム、シリンダー、トリガーガードのエッジの雰囲気
















トリガーガードが新品のように真っ黒なのが気になっていた
リボルバーは使っていればこうなるはず








フレーム上部のサイト周りもエッジが剥がれやすいところで
ここが真っ黒だと雰囲気が出ない




グリップパネルのつや消しはもっと強くてもよかったかな



















































その警察関係者の書き込みによるとマルシンのツヤ消しのグレーのようなヘビーウエイトは
「実物と区別がつかない」
のだそうだ。

パーカライジング仕上げの中にはああいう色のロットもあるのだろうか?

私個人の印象では警察装備のニューナンブはブルーイング仕上げとパーカライジング仕上げの2種類があって、パーカライジング仕上げのバージョンはかなりつや消し黒だが、マルシンのような明るいグレーではなく結構暗い色の黒灰色で少し金属光沢があるという印象だった。

今回は実にお手軽、台所スポンジひとつでパーカライジングが剥がれた雰囲気と、ツヤ消しグリップパネルの雰囲気を再現してみた。



2021年5月12日
















Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか