Previous Topへ Next

OSXでよく使うアプリケーション5-19

ユーティリティ2〜ステータス表示、メンテナンス関連
/Utilities/Status indicator, Maintenance tool



EtreCheck

(Freeware)
おすすめ度★★★★
OS10.6SnowLeopard対応OS10.7Lion対応OS10.8Mountain Lion対応
OS10.9Mavericks対応OS10.10Yosemite対応OS10.11El Capitan対応

Macの不調の原因を探るためシステムの重要なパラメーターをチェックしてRAMの不足、有害なアドウエア・ハード障害などを検出してくれるアプリ。

最初に「コンピュータが遅い」「虹色ボールが回り続ける」…などの問題点を選択してスキャンをかける。
このソフトはそうした問題の原因として多くの場合取りざたされるハード障害、システムの設定・パラメーター、起動項目・エージェントなどをチェックして関係がありそうなものを抜き出して警告してくれる。

またこの結果をクリップボードに置いたりメールやメッセンジャーに渡したりもできる。
これらのログの意味がわからなくても、これをアップすることで例えばAppleサポートコミュニティなどで誰かから有用なアドバイスをもらえるかもしれない。

自動的に◯◯を削除してくれる…とかいう類の便利ソフトではないが、自分で問題を解決したいと思っているユーザには有用なソフトになる可能性が有る。





EtreCheckを起動するとまず調べたい問題は何かをプルダウンから選択するよう求められる
これによってチェック項目を絞り込むということらしい
項目は「コンピューターが遅い」「ビーチボールが回り続ける」「勝手に再起動する」
「アプリがクラッシュする」「その他の問題」「問題ないが平時のチェック」が選択できる




最初にまず機種を特定するらしい




次に機種や問題の種類によってソフトウエアのチェックに進む




次にdaemon、起動項目、エージェントなどの項目に進む




こうして検査結果が出た
バッテリーやメモリ、ドライブなどハードの状態などのリポートのセグメント




コンピュータが勝手に再起動するという項目でチェックすると
関係がありそうなところをハイライトしてレポートしてくれる
LaunchAgentsに未知の項目発見とある




さらにSystem StartUpItems、System LaunchDaemonsなどに
RAMに影響があるのでkillされたなどの項目がある




これらのレポートはクリップボードにコピーできるので
サポートコミュニティなどにアップしてエキスパードに見てもらうことができる
この用途のためにEtreCheckはパスワードなどの個人情報に類する
パラメーターを除外すると作者サイトの説明にある



2016年5月21日







SimBooster Lite

(Freeware)
おすすめ度★★★★
OS10.7Lion対応OS10.8Mountain Lion対応OS10.9Mavericks対応
OS10.10Yosemite対応OS10.11El Capitan対応

システムを掃除し、アドウエアなどからシステムを守ってくれる最もシンプルなシステム軽量化パッケージアプリ。

あなたのMacが遅いですか?ならばこのSimBoosterがシンプルで簡単な最適解です…ってどっかで来たような文句だが要するにそういうアプリ。

キャッシュ、古いファイル、重複ファイル、アドウエアなどをスキャンして削除してくれる。
この手の「◯◯をスキャンして削除する」アプリはお任せで実行してしまうと、肝心の必要なファイルまで削除してしまうので注意が必要だ。
だがそういうことに気をつけて一括で検索させて、出てきた結果の一つ一つをちゃんと確認して本当に不要なファイルなのか確かめてから削除して行けばそれなりに役に立つと思う。





SimBoosterを最初に起動するとホームフォルダを指定せよと求められる
「進む」ボタンで次の画面へ




自分の名前の付いたホームフォルダを指定する




こうしてウエルカム画面に進む
後はスキャンボタンが一個あるだけだ




スキャン中はこんな画面で今何をスキャンしているか表示する
ただいまアドウエアをスキャン中




こうして1.4GBのゴミ、不要ファイルを検出した
このまま一気に「最適化」してしまうのはあまりオススメしない
右の「詳細」ボタンでそれぞれの内訳を確認することを強く推奨する




それぞれの詳細を確認する例えばシステムのゴミ1.3GBの中身はここで確認できる




ジャンクは大部分がユーザーキャッシュ、ユーザーログなど今現在もメンテナンスアプリで
ルーティーンで削除しているファイルなのでさっくりと削除してしまう
ここにはなさそうだが残したいものはチェックを外す




削除中はこんな表示…




アドウエアを削除すると表示されているがこれも詳細を確認する




ここではSaferPassFast Startがマルウエアとして検出された
このうち何かと一緒にインストールされたと思うがパスワードマネージャアドオンのSaferPass
どういう経緯で入れていたのか思い出せない
起動した実績もなかったがこれはマルウエアとして断定されていた




Fast Startの方は昨年12月に紹介した
クイックスタートテキストエディタと同姓同名だったので検知したようだ
このテキストエディタ自体は有害ソフトである可能性は極めて低いと判断した




アドウエア・スパイウエアの噂があるのはFirefox
ブックマーク整理アドオンの方でどうやら同姓同名の人違いのようだった
こういうことがあるのでお任せで一括削除してしまうのはオススメできない
ある日気がついたら愛用しているアプリも無くなっているということになりかねない




古いファイル、大きなファイルの検出は10MB程度でこれはたいした量ではなかった




しかも検知したのはシステムに最初から付いてくる「ダウンロードについて」のPDFだった
これも後検知に等しい




重複ファイルは860MB検出した




これはFinal Cut Proなどのシーケンスなどのプロジェクトファイルが多く
中には重複もあるが結構削除されてしまうとプロジェクトが開かなくなってしまうものも混じっていた




アンインストーラーの検知はアプリと一緒に削除するべきファイルをスキャンする




それぞれのアプリを削除するときに一緒に削除するべきファイルはこのように表示される
Pro版をシェアウエア登録するとしたのPurchaseボタンが削除ボタンに変わる
ゴミ箱に移動・すぐに削除が選択できる




メモリやシステムキャッシュの削除はメニューバーアイコンから即決できる
ここから設定画面に入ることも可能




設定画面「一般」はメニューバーアイコンの使用、ログオン時にヘルパーの起動などの設定




スキャンではシステムクリーンアップで何をスキャンするかを限定できる




「クッキー」ではスキャン削除から除外したいホスト・サービスを登録することができる




「掃除」項目では重複ファイルのマッチングレベルを設定できる
以下にも詳述するがマッチングレベルは高めに設定しておいた方がいいかもしれない




ピクチャフォルダの重複ファイルをスキャンするのはここ




41MBの重複ファイルとされるファイルを検知したが…




このように別の写真なのにベース画が裏返った構図の写真も検知した
ある意味高い精度の検知とも言えるが機械的に削除されるとまずいケースも多いのでは?




同じく同じ写真のモノクロ加工をした同一ファイル名も検知
結局マッチングレベルを上げて削除の前にいちいち中身を確認した方が良いという結論になる
それさえクリアすれば加工途中の削除忘れのゴミファイルを検出できる優勝なアプリと言える



2016年6月5日







StatsWidget Plus

(Freeware)
おすすめ度★★★★
OS10.10Yosemite対応OS10.11El Capitan対応

CPU使用率・メモリ使用率・ネットワークフロー・ディスク使用率などのシステムステータスをデスクトップや通知センターに表示する通知センターウィジェットアプリ。

こういうシステムステータスモノのアプリはたくさんあるがこのアプリは幾つかの特徴がある。
先ずはこの余計な装飾を配したミニマルなルックス。
シンプルすぎて逆に直感的に理解しにくい場合もあるだろうがそこは慣れの問題だと思う。
こういうモノは重い作業の邪魔にならないできるだけ軽いモノであるほうがいいに決まっている。

もう一点の特徴はこのアプリ自体が通知センターウィジェットになっていて、アプリ本体を起動していなくても通知センターに登録しておけば、通知センターを開くことでいつでもこの4つのパラメーターを確認できるということだ。
しかも開くまではパラメーターの読み込みをしていないので、過去のヒストリーグラフを確認できないという弱点はあるもののバックグラウンドで動いていないのだから軽いことは請け合いだ。

OS Xに乗り換えてから今までMenu Metersをずっと常用してきたが、Menu Metersよりさらに軽いようなのでこれに乗り換えてみることにした。

さらに良いことにMenu Metersからメニューバーが解放されたので、今まで使用を諦めていたメニューバーアプリを一挙にログイン項目に登録した。
今までのセッティングとどちらが使いやすいかしばらくテストしてみる。





普通に起動するとこんな風に横並びのレイアウトでデスクトップに
ウインドウでCPU、メモリ、ネットワーク、ストレージのパラメーターを表示してくれる
右下のレイアウトボタンを押すとレイアウトが変更される




こんな風に方陣型のレイアウトに変わる
なおadd-onのボタンでシェアウエア登録をすると縦に4つ並んだレイアウトも購入できる
そこを有償にするとは謙虚な作者さんだ…ほぼドネーションの感覚だ




これの面白い点は通知センターウィジェットなので起動しなくても
通知センターの追加設定にすでに見えているという点だ
つまりデスクトップに開きっぱなしにしなくてもここに隠して置けるということ




私の場合通知センターにこれとBattery Healthの二つだけを登録して
通知センターをシステムステータスチェックセンターにしてしまった
これができたおかげで上のメニューバーでかなり
幅をとっているMenu Metersを非表示にすることができた
実はここが一番重要




メニューエクストラ(メニューバーアプリ)には実は便利なアプリがたくさんあって
ここでもいろいろ紹介しているがメニューバーの幅には限りがあるので全部を使うことができない
なので泣く泣く使用を諦めてきたアプリもたくさんある
しかしMenu Metersを使用しなくても良くなったことでメニューバーが広く使えることになった
今まで紹介してきた中で特に印象が強かったアプリをいくつかログイン項目に追加した
しばらくこの組み合わせで使ってみることにした…ワクワクなのである
これが実はStatsWidget Plusを入れた最大のメリットかもしれない



2016年8月6日














Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか