Previous Topへ Next

KSC・M93Rのロングマガジンを入手したがマガジンひとつで
印象が変わる…のだがこのAGだのRCだのってなんだ?

Long Magazine

KSC・M93Rのロングマガジンを入手したがマガジンひとつで印象が変わる…のだがこのAGだのRCだのってなんだ?

以前ジャンク品のKSCの初代ベレッタM93Rを入手して、動くように修理・外観もきれいに整備した話を書いた。
詳細はこちら参照。
ベレッタM93R〜機関拳銃という特殊なメカを再現したKSCのガスブローバックの調整

KSCのM93Rのディテールアップ〜動作を改善したガスブローバックフルオートの見てくれもリアルにしてみた

前回は全く動かなくなっていたメカ部分を直して、セミオート・フルオート・三点射共に正常に動くことを確認して、表面を磨いてヘビーウエイトの金属色に仕上げ、べったりついていた埃というか手垢というかをきれいにぬぐいとって満足していた。

しかしせっかくの完動品のM93Rなんだから特殊部隊仕様にしてみたくなった。

まずはロングマガジンだ。





再生KSC M93Rと純正品ロングマガジン
入手した時には短いノーマルタイプが一本ついていただけだった




つけてみるとノーマルピストルとほとんど変わりがなかったM93Rが印象が変わる
わずかな違いだが急にスパルタンな機関拳銃のイメージに変わるから面白い
実際手に持った印象もごつい




もともと付属していたノーマルタイプのショートマガジンとロングマガジン




ノーマルタイプのマガジンを装着したM93R
ベレッタM92Fなんかと違ったごつい銃というイメージ
なんだけどそんなにイメージが変わらない




マガジンをロングタイプに変えた同アングルだがこれだけ印象が違う




もともと入手したKSCのM93RはKSC初代タイプなんだけど
KSCは細かく仕様変更してそれぞれの世代のマガジンに互換性がない
今回もいろいろリサーチして本体M93RはMGCにOEMしていた時代から
KSCとして事業を引き継いだ時代の初代M93Rの「AG」タイプと
判明したのでAGというマガジンを入手した
特徴はガスルートパッキングが丸く湾曲していること




スライドブリーチ内のシリンダーのガスルートも
マガジンのパッキングと口の形を合わせてある




KSCのM93RはAG、RC、RII、07HKと世代がわかれていてそれぞれ互換性はない
AGが初代でRCがその廉価版ということでこの二つは互換性が
あるということを突き止めてそのマガジンをアマゾンで発注した
しかしRIIも07HKも全く合わないのでマガジンのトラブルは多いそうだ
それにしても初代マガジンはまだ絶版になっていないことを今回知った




93Rが唯一入るナイロン製ホルスターに入れてみたが
グリップがすごく突き出している




ロングマガジンを三点斜でテストしてみた
初代は動作が不確実という噂もあるが確実に3発ずつBB弾が飛んでいく
調子はいいが弾速が落ちないのは10ロール目ぐらいまでで
そこからあとは急速に勢いが落ちる
毎回ガスをチャージして使うのが正解だと思う




セミオートのハンドガンとフルオートシアやスリーポイントカウンター
といった部品がつくだけで機関拳銃になった銃はほぼ同じ形をしていてもやはり印象は違う




さて次は何が来るのかな?


2021年4月17日
















Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか