Previous Topへ Next

OSXのtips4-12

今まで運用記録に書いてきたシステム運用のtipsを一カ所にまとめることにした。 要するに記事の量が当初の想定よりも多くなってしまい 私自身探すのが大変になってきたからだ。 ちょっとしたメモとしてのtipsも結構重要な情報になったりするので ここで項目を集めることにした。

anchor

自宅サーバーでVPNサービスをオープン…WANからも繋がることを確認してこれでネット環境移行後も鯖環境はすべて引き継がれた

先日自宅ネット環境をNTT光に変えてモデムの設定をちょっといじってWebサーバーの公開に成功しているという話を書いた。

自宅サーバーのWebサイトのURLはこちら
MacOSXの新着アプリテスト記録とトラブルシューティング


それで先日時間切れになっていたVPNサービスの開通も設定してみた。

この記事を参考に自宅VPN鯖やってみたいという方にはまず以下の手順の準備が必要になるが、これをやれば自宅に自前のVPNサーバーを立てられてWANが繋がるところならどこからでも自宅のネットワークに繋ぐことができるようになる。
以下を参照のこと
無料DDNSサービスを使って自宅WEBサーバを実現してみた

VPN Activator

もしやるんならセキュリティの安全面からL2TPのみの公開が推奨。
詳細はリンク先を。





例によってモデムにアドホック接続をしたSurface
もう最近では「なんでMacで設定できるようにしないんだ」とか文句言わない
MacでもできるかもしれないけどNTTのことだからどうせWindowsのExplorerに
最適化されているに違いないからこんなところで余計な手間をかけない
…という割り切りになっている




「http://ntt.setup:8888/t/」で接続するとこういう業者向け設定リスト画面に入る
IPv4設定に入る




ここで静的NAPT設定に入るとNAT変換リストが表示されるので
ここで公開したいポートとルートをルータの設定に合わせる
リストの数字をクリックするとルールを編集できる




NAT編集画面
前回はここにWebサイト公開の設定を入れたが今回は積み残したVPN設定を入れた
自宅のVPNサーバーはセキュリティを考えてL2TPのみの公開にしている
上からTCP/UDPのプロトコル選択、外向けポート番号、
宛先のIPとそこのポート番号を入力していく




なおVPNサーバーを立てるにはWebサーバーも同じことだがIPアドレスを
固定するDHCP予約とポートマッピングの設定をルーターにも入れないといけない
AirMacを使っているならAirMacユーティリティを、他社のルーターを使っているなら
そのマニュアル指定の方法でDHCP予約とポートマッピングの設定をする




iPhoneから自宅のVPNサーバーに接続するには設定のVPNから
接続が完了すると上の接続環境表示に「VPN」の文字が現れる




iPhoneからiTerminalを使ってSSH接続をする




繋がるとSSH環境ではTerminalで使用可能なコマンドがほとんど使える
これは「あなたのお名前なんてーの?」と聞いたところ「MacBook ProのDarwinよ」と答えたところ




Mocha VNC LiteでMacの画面共有に接続するために設定を揃える




そしてつなぎたい端末をタップ…




Macの画面共有にVNC接続した状態
Mocha VNCならタップ、スワイプでマウス・トラックパッドの
操作ができるしキーボード入力もできるので
出先でMacをiPhoneやiPadなどで操れる



2020年10月3日













Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか