Previous  Index  Next


2009 年 11 月 11 日




anchor

フィッシングメール2連発〜お気をつけなされ、ご同輩

今日、なかなか巧妙なフィッシングメールをいきなり2連発受け取った。

これまでにもフィッシングメールは稀に来ることもあったが、大概は
「私はカタールの富豪である。あなたのことを知って内々にあなたに協力してもらいたいことがある・・・」
という類いの絵空事のようなものが多かったのでこれまでは笑っていられた。

しかし今回のはなかなか良くできていて、一瞬私も引っかかりそうになった。


一つ目のメールは連作になっている。
まず
「PayPal」
を名乗る差出人からこういう内容の英文の文面のメールが来た。

「あなたのアカウントに制限をかけた。
その理由はあなたの前回のログインの時にいつもと違うコンピュータが使われたからだ。
またログインの時にいろいろなパスワードを試した形跡を発見した。

確認のためにこのメールに添付したフォームに名前、生年月日、住所、カード番号などを記入して『送信』ボタンをクリックせよ。」

というようなことが書かれている。





添付されたhtmlをブラウザで開くとアカウント情報の確認フォームになっていて
登録情報を書き込んで送信するようになっている



メールにつけてきたフォームにアカウント情報を記入させるのはなんとなく変だなと思い、何も記入しないで「Submit」ボタンをクリックしたところPayPalのトップページのログインページとおぼしきサイトに跳んだ。
そこにIDとパスワードを入力すると、ログインできるかのような体裁のログインページになっている。

それでも何か変だと思い、ログインしなかった。
(最初のメールの差出人が@yahoo.comというようなアドレスだったのが強烈に怪しい。本物のPayPalのサポートなら当然PayPal.comというようなメールアドレスで送ってくる筈だ)


ところが数分するとまた別の
「PayPal」
を名乗るメールアドレスからこういう英文メールが来た。

「あなたの取引コードADXWYY

あなたの以下の注文を受け付けた。
Dell ラップトップパソコン
699.99ドル

以上の取引について何か質問がある場合にはorders@dell.comにお問い合わせください。

この支払いをキャンセルしたい場合は、
http://pw-order.com/login
までどうぞ。」

さらに数分後、上記と全く同じメールがもう一通来た。

ここでちょっと混乱してしまった。
およそ6万円強のカード引き落としのお知らせがいきなり2通来た。
しかも両方の文面を比較すると、ほとんど同じ文面なのだが最初の取引コードがちょっと違う。
つまりカード引き落としは2件通ってしまっているのだ。
この調子でどんどん落とされたら、すぐに請求は雪だるま式に増えていくのではないか。

これはヤヴァいのではないか?

ということで、メールに書かれているキャンセルの場合のリンクをクリックしてみた。





2通目にきた文面はこんな感じで「本体価格、サービス込みで699ドルのご請求」となっている
問い合わせ先としてDellのメールとキャンセル専用のリンクが書かれている
それでキャンセル専用のリンクをクリックしてみると




この通り「クリックしたのはフィッシングサイトの疑い濃厚だよ、
気をつけていきなよ」というアラート
それを押して「無視する」で行ってみると・・・




このとおり最初のメールと同じPayPalのログインページに・・・
でもよく見るとURLがpaypal.comではなく例の怪しいURLになっている
こちらのブックマークから行ってみると正しいPayPalのログインページは勿論paypal.comにある
しかしよく見るとヴェリサインの認証ロゴまで貼ってあったりして本物みたいによくできている
こういう見かけがいかに当てにならないかということだ




ちなみにこちらが本物のPayPalのログインページ
本物はCGI生成のページのようで言語を選択すると日本語サイトになったりする
そしてURLはちゃんとpaypal.comとなっているがサイトの作りはそっくりにマネされている


ということで、リンクに跳んでみるとこれがフィッシングメールだということがはっきりしてしまった。
しかし、もし不正にアカウントを乗っ取られていてカード番号とか抜かれていたらどうしようかと一瞬焦った。
その焦ったままカァーッとなって突っ走ったら引っかかってしまうこともあるんじゃないだろうか。

なんせ身に覚えのない請求書をもらうことほど、気分が悪いことはないのだから。

PayPalには通報しときますた(・∀・)



もうひとつ先ほど受け取ったのがこういうメール。

完全なhtmlメールになっていて、私の場合htmlメールという時点で通常は開かないで削除してしまうのだが、このメールは
「Googleからの重要なお知らせ」
というような表題になっていた。

こちらはたちが悪いことに差出人のメールアドレスも
AdWord@google.com
というような紛らわしいメールアドレスになっている。
(これは偽装と思われる)





Googleからきたhtmlメールはこんな体裁で
「あなたのGoogle AdWordアカウントで異常な活動を察知した
以下のリンクにすぐ行って確認してもらいたい」
というような内容になっている




そのリンクを踏むとまたこの表示┐(´∀`)┌ヤレヤレ




敢えて無視してリンクを踏むとGoogleのログインページそっくりのサイトに誘導される
よく見るとURLはwww2.google-lg.comという紛らわしいもの
フォームにコピペする癖がついていてうっかり
Enterキーなんか叩こうものならヽ(^o^)/オワタとなる


これなんかもGoogle Adsenseなどを自分のブログに貼っていて「何か規約違反でもやらかしたかな?」と思ったりするとつい引っかかってしまうかもしれない。
フィッシングといえば「私はカタールの富豪だ」みたいな他愛もないものばかりではないということを知っておいた方が良い。
こういうフィッシングの手口もだんだん巧妙になってきているということだ。





anchor

MicroWar
(Freeware)
OS10.5Leopard対応

MacでPCを撃墜しつつ1984年からのMacとWindowsの歴史を学ぶというイベーダーゲーム。

要するにルールはインベーダーゲームそのものなのだが、宇宙人と円盤ではなくMacをカーソルキーで移動してPCを撃墜するのがミソ。
これは「ヴェアダル」さんの
Macの歴史を学びながらPCを撃ち落すインベーダーゲーム『MicroWar』 | Macの手書き説明書
という記事で知った。

私がMacを使い始めた頃はOS8だったが、こういうゲームはたくさんあった。
まさにこういう感じでWindowsをインベーダーやモグラ叩きのモグラになぞらえたり、ビル・ゲイツをハエたたきで叩くゲームとか、WindowsPCをスプレーで撃退するゲームとかそういうのはMacの世界には一杯あった。
当時のMacのゲームクリエーターの感性がそうだったからだろう。

ところが今ではそういうゲームはすっかり見かけなくなってしまった。

昔のゲームのサイトに行ってももう8年ほどバージョンアップしていなくて、クラシック環境でないと起動できないとかそんなのばっかりだ。

多分Macユーザの精神性もこのOSXが出てからの9年ほどでかなり変わったのだという気がする。
今では大抵のMacユーザはWindowsも使う両刀使いだし、人によってはBootCampやVMWareなどでMacとWindowsを同時に使っている。
かくいう私もMacのサイトを主宰しているが、実際には毎日Windowsをいじっている時間の方がはるかに長い。

昔はWindowsを毛嫌いしてWindowsユーザを「ドザ」とか呼んで蔑んでいた人もいたが(自分もそのうちの一人だったということを否定しないが・・・)今では自分自身がWindowsユーザになってしまったからユーザに向かって「ドザ」とか罵るのは虚しい響きしか感じない。
今頃そういうことを言っている人は逆に希少になってしまった。
もっともWindowsしか知らない、Windowsの世界に凝り固まった人を見るとやはり同情に近いものは感じるが。

ビル・ゲイツをハエたたきで叩いていた時代には本当に嫌悪を感じて叩いていたが、今では
「マイクロソフト大丈夫なのかな? Windows7もどうやら安泰ではないみたいだし・・・」
とか心配して叩く指も鈍ってしまう。

70年代を体験した世代がインベーダーゲームのような低機能グラフィックのゲームに郷愁を感じるように、Macユーザもそろそろ必死になってビル・ゲイツやMicrosoftを叩いていた時代に郷愁を感じ始めているのかもしれない。
このゲームで遊んでみてふとそんなことを感じてしまった。

「あの頃はWindows3.0とか嬉しそうに使っている奴らをよくバカにしてケンカしていたよなぁ・・・あの頃が懐かしい」
という感じだろうか。

ゲームは一面クリアするごとに年代が現代に近づいていく。
Macも進化していくので最終面にまでいけばiPhoneが出てくるのだろうか。
そうなるとネットブックとiPhoneの対決ということになるのだろうか。
私の低すぎるゲーマーとしてのスキルでは確認することもできないが。





MicroWarに触れてみる
もうメニュー画面からして昭和のイメージ満開だ




ルールはまんまインベーダーゲームだ
残忍なPCインダストリー世界を侵略するウインテルをMacで撃破するのがその使命
PCが落とす「バグ弾」を避けながら上空を通過する「飛行船」(?)が
落とすハッピーMacを疲労と自砲のMacのパフォーマンスが上がる




PCが残り少なくなると動きが速くなって捕まえにくくなるのも昔のインベーダーゲームのまま




一面クリアするごとに年代が進みPCもMacも進んでいく
このMacは既にダメージを受けてモニターにヒビが入っている
(要するにプレイヤーが下手だからだ)




プレイヤーがあまりにも下手なために先の年代の画面を見ることができなかったが
クリアが進んでいけばPCもMacも進化していく(に違いない)
最後にポイントランキングが出るのもアーケードゲームの定番
(昔はここに名前が入ると写真に残しておきたいと思うほど熱中していた)


2009 年 11 月 12 日




anchor

BeOSのオープンソース版OSの「HAIKU」にチャレンジ


Haiku

あちこちでちょっと前からつとに話題になっているが、あのBeOS互換のOpenBeOSのオペレーションシステム「HAIKU」がアルファ版ではあるが配布を開始した。

BeOSとMacOSの関係については
『アップル』は当時を知る人達にちゃんと取材してまとめられた久しぶりに読んだ良書だった
賢者は歴史から学ぶ?

という記事にちょろっと書いた。

あらましを押さえておくとアップルコンピュータの最初の黄金期に幹部になったジャン・ルイ・ガセーはMacOSのルックアンドフィールにも少なからず影響を与えた人だが、90年代にAppleを退社してBeという会社を設立、ここでBeOSというオペレーションシステムを開発した。

このBeOSというオペレーションシステムはどういうOSだったかというと
・モトローラPowerPCでネイティブに駆動しアップル社のPowerMacでエミュレーションなしに動く
・マイクロカーネルを採用しマルチタスクを実現していた
・オブジェクト指向の文法に従ったGUI構築のベースを持っていた
・MacOSに通じるポップなデザインのデスクトップ、エフェクトなどを備えていた
・マルチバイト言語に対応し、マルティメディアに対応できる堅牢性を持っていた

・そして何よりも重要なのはこのOSはWindowsでもUNIXでもない全く別物の第三極のMacOSの後継OSを狙ったシステムだという点

という感じで、この箇条書きを見るとどこかで見たことがあると思ったら、本当のOS9になる筈だったMacOSのプロトタイプ「Copland」が目指していて結局一つも実現できなかった特色ばかりだ。

そこでOS8後継OSとしてCoplandの開発に失敗したアメリオCEO時代のアップルコンピュータは、ガセーのBeOSを買収してMacOSの後継OSに採用しようと交渉に入ったいきさつは、上記リンク先の記事で書いた。

アップルコンピュータは貧すりゃ鈍すというか、当時はガセーに声をかけてBeOSをMacの後継OSにしたいといいながら、マイクロソフトのビル・ゲーツにも声をかけてWindows2000以降のWindowsOSの基幹部分に採用されているNTカーネルのライセンス使用を打診したりしている。
結局スティーブ・ジョブズの率いるNext社を買収して、NextSTEPをOSXのベースにしてしまったことも書いた。

でも当時の流れからいえば、マイクロソフトのNTカーネルやスティーブ・ジョブズのNextSTEPよりもBeOSの方がMacには親和性が高いように見えるし、この特徴からしたらアップルコンピュータが採用するのはBeOSが妥当なのではないかと思われた。

なんせMacOS以外でモトローラのPowerPCのチップでネイティブに起動できるOSといったら当時はこれしかなかった。
デザインしたのはかつてAppleにいたこともあるガセーだから、そのテイストも知っている。
しかもCoplandが得ようとして目指したが、結局得られなかったものをほとんど持っている。

でも結局アップルコンピュータはBeOSを採用しなかった。

BeOSは未完のOSだったようだし、ハードウエアのBeBOXはジョブズの会社のNextCUBEと同じように商業的には完全に失敗していた。
アップルコンピュータの関心も得られなかったBeOSは結局活動を停止したようになりPalmにやがて身売りする。

そのあとの商業的な後継者は一体誰なのかというところで若干混乱があって、BeOSはあまりポジティブな話題にはならなくなったが、オープンソースのOSとして8年かけて復活し始めている。
正確にはBeOS互換OSということなので、そのものではないがファイルオペレーションシステムの「Tracker」など公開された部分はBeOSのコードを引き継いでいるそうだ。

このOSが手に入ってしかもX86環境やVMWareなどの上で動くということなので試さないわけにはいかない。
やっぱり私はOSフェチなのかもしれない。

とりあえずVMWare Fusionでこの第三極になったかもしれないOSの起動は意外に簡単にできた。
アプリケーションも動いている。
ネットワークの設定などはまだこれからだが、キビキビうごいているのを見ると当時のMacユーザはこのOSに期待するものがあったろうなということが想起される。

今のところ遊びだが、触っていて楽しいOSではある。





HAIKUプロジェクトサイトから今回ダウンロードしてきたのはVMWareのイメージファイル
解凍して適当な場所に置いておくが私の場合は~/Documents/仮想マシンの中に置いた




VMWare Fusionで新規のゲストOSの設定を始めるのは「新規」ボタン
新規仮想マシンアシスタントで「ディスクを使用せずに続行」ボタンをクリックする




今回落としてきたのは既にVMWare Fusionで生成されたディスクイメージなので
3つ目の「既存の仮想ディスクを使用」をクリック




すると仮想ディスクはどこにあるか場所を聞いてくるので指定してやる
今回は「haiku-r1alpha1.vmdk」というディスクイメージを選択




このディスクイメージは古いバージョンのVMWare Fusionで生成されたものなので
現行バージョン対応のディスクイメージに変換するか聞いてくる
勿論変換ボタンをクリック




ゲストOSの種類を選択する
BeOSはWindowsグループやUNIX・Linuxグループ、MacOSにも属さない全く独自のOS
だから選択も「その他」ということになる




以上で新規仮想マシンを起動するといきなり起動画面が現れる
これがMacのアイコンパレードに相当するようなスプラッシュ画面らしい




起動にかかる時間数十秒という速さでデスクトップが現れた
このキビキビ感に当時のMacユーザは期待を感じてしまったのだろう
デスクトップの雰囲気はgnomeよりももっとシンプルな感じで
デスクトップアイコンとメニューバーしかない




アイコンが左上から横に並んでいくのがWindowsともMacとも違うというところを主張している




大抵の操作はこのメニューからかTrackerメニューから入る
CPUメータが2本立っているのが当時のユーザが見たら驚きかもしれない




ブラウザはMozilla準拠のBezillaがバンドルされている
ネットワークの設定がまだうまくいていないのでローカルファイルしか
開けないがこれも軽快な動作をしている




MacでいうところのFinderにあたるTrackerは操作感が昔のMacOSに似ていて
アイコンをクリックするごとにどんどん新しいウインドウが開いていく
ウインドウの重なりぐあいで今居る階層の深さを知る感じか
ウインドウ上の黄色いタブの右のボタンがサイズ変更で左のボタンが「閉じる」ボタンだ




とりあえずOSXでいうところのシステム環境設定、Windowsでいうところの
コントロールパネルに当たるところを見つけたところで今日は力つきた
全く新しいOSに馴染んでいくのはなかなか大変だが楽しみでもある
ちなみにこのHAIKUという気になる名前は「俳句」から来ているようだし
BeOS時代の専用ハードのチップの名前はKASUMIで
フランス人らしい日本趣味でネーミングがされているらしい
そのおかげかどうか日本語対応もしているようなので近日中にその設定にもトライする


2009 年 11 月 13 日




anchor

BeOSのオープンソース版OSの「HAIKU」に日本語を覚えさせてみる

先日も導入したことをちょっと触れたHAIKUのことだ。
ちょっと慣れるために触ってみる。

デフォルトのディスクイメージのままでは日本語が使えなくて、英数のみの入力なのだがどこかの解説を信じて先日「日本語も用意されている」と書いてしまった。
そこで本当に日本語が使えるかやってみた。

日本語を使うにあたって実は何もインストールしなくても、必要なものはすべてディスクイメージの中にある。
所定の場所に納まっていないだけだ。
なので以下の手順で日本語を使えるようにする。

まず右上の羽根マークの「デスクバー」(BeOSではこのメニューバーのようなものをこう呼ぶのだそうだ)から /Preferences/Fonts
と入って、フォントの選定から始める。





フォントの設定でフォントをKonatuに変更する
やっぱり由来は「小夏」なんだろうか
Fixed Fontは変更できないがそれ以外をKonatu Regularに変更




キーボードマッピングも日本語配列に対応するものに変更する
Preference/Keymap(Keyboardではない)に入ってSystemは「Japanese」を選ぶ
この時に右のボタンでWindows/Linuxモードを選んでおくと
ショートカットキーの組み合わせが使いやすくなる
例えばBeOSのデフォのコピーはalt+C、ペーストはalt+Vだが
これをcontrolキーとの組み合わせにかえる
でもMacユーザはaltキー(optionキー)の方が使いやすいかもしれない



という感じで下準備ができたら日本語IMのCannaをインストールする。
このX-Windowでお馴染みのこの日本語入力メソードがここでも使える。
といっても
/boot/optional/system/add-ons/input_server/methods/canna
にあるcannaというファイルを
/boot/home/config/add-ons/input_server/methods/
に移すだけだ。

ところでこのパスの書き方がUNIXに似ていることに気がついただろうか。
最初のスラッシュはデスクトップのボリュームのシンボルの「HAIKU」というアイコンの中の「System」というフォルダをシンボライズしているらしい。
そこからディレクトリをスラッシュでパスを記述する作法はUNIXと同じで、Terminalに打ちこむコマンドの雰囲気もかなり似ている。

ひょっとしたらBeOSが採用されていてもMacOSXは最終的には今と似たような形になっていたかもしれない。
そういうことを想像しながら使っている楽しいかも。





MacでいうところのFinderにあたるTrackerで
/boot/optional/system/add-ons/input_server/methodsと開いていく
開いていくとどんどんウインドウが重なっていくのは昔のMacOSと使い勝手が似ている
右クリックでコピー先を指定してコピーできる




と思ったがコピー先のパスも深かったりすると右クリックは使いにくくなるので
普通に相手のウインドウも開いておいてドラッグアンドドロップでコピーした方が良い
ドラッグアンドドロップの使い勝手はMacと同じだ




HAIKUの面白いところは・・・というよりもこれはBeOSの特徴だが
何かを変更すると再起動も再ログインも必要なくいきなり変更が反映されることだ
IMの選択に夕日と富士さんアイコンのCannnaが現れてこれを選択すると日本語入力が可能になる




Cannaを選択するとスクリーンの端っこに入力モードパレットが現れる




試しにテキストエディタのStyleEditで文章を書いてみる
変換候補の出方なども問題無いようで思ったよりも使えるOSに仕上がっている感じだ




anchor

iPhoneを狙ったワームが出てきている

表題の通りで、こちらのSophosのセキュリティレスポンスブログにその詳細がでています。
First iPhone worm discovered - ikee changes wallpaper to Rick Astley photo | Graham Cluley's blog

オーストラリアのユーザの報告によると待ち受け画面を80年代のポップス歌手のリック・アストレイの写真に変えられてしまうというワームに感染したらしい。

感染の可能性があるのはジェイルブレークしたiPhoneで、SSHインストール後のパスワードをデフォルトのまま変更していないものがターゲットになるという。
感染すると特定のところに接続する、待ち受け画面をリック・アストレイの写真にロックされてしまうということが起こるらしい。





この顔にピンときたら・・・とか言っている場合ではない
iPhone、iPod Touchをジェイルブレークしていろいろ
自分流にカスタマイズして使っている人は要注意だ




やられるとこういう感じで待ち受け画面を変更されて
特定の通信を勝手にされるということが起きるらしい



これについては同一のものなのかどうかはわからないが、シマンテックからもセキュリティレスポンスが出ている。
そのリリースを転載する。
(最近またシマンテックが少しやる気を取り戻しているのがよろしい)


※ シマンテック コーポレーションのブログ(米国時間2009年11月11日)の抄訳

ご参考資料
報道関係者各位
2009年11月11日

もう 1 つの iPhone 攻撃

iPhoneOS.Ikee という初の iPhone ワームが最近、至る所で話題になっています
このワームの作者は、jailbreak (Appleの認可を受けていないアプリケーションを
インストール)された iPhone を容易にエクスプロイトできる(付け入ることができる)
不備があることを示すことを目的としていました。そのためワームの被害は軽微で、
攻撃の犠牲となった iPhone が単に Rickroll する(異なるリンク先にアクセスする)
だけというものでした。しかし、公開されたコードは簡単に変更でき、深刻な結果を
もたらすという警告が数多くなされています。

この警告やこれが関心の高いトピックであることから、jailbreak された iPhoneを
攻撃できるハッキングツールについてのレポートが登場しています。このツールは、
iPhoneOS.Ikee の場合と同じ、デフォルトの SSH パスワードを利用しますが、
別のワームではありません。これは iPhoneにインストールされるのではなく、
攻撃を実施するコンピュータにインストールするハッキングツールです。この
ツールを使用すると、攻撃者はネットワークをスキャンし、 iPhone のデフォルト
の SSH パスワードを使用してデバイスへのログインを試みることが
できます。パスワードがデフォルトのままの jailbreak された iPhone が
見つかると、ハッカーは電子メール、テキストメッセージ、連絡先、写真など、
侵入したデバイスからあらゆるデータを盗むことができます。ハッカーは
デバイスに接続して、完全にそのデバイスをコントロールできます。

iPhone のオーナーは、侵入が起きているという警告情報にほとんど
気付くことはありません。iPhoneOS.Ikee の場合は、壁紙を Rick Astley
に変更されることで感染したことを警告していました。今回のケースの
場合は、そのような目に見える兆候はありません。

一つ言えることは、この攻撃方法がとても古いということです。新しいこと
と言えば、このハッキングツールが jailbreak された iPhone を標的と
しているだけであり、それも以前に話題になったものです。このツールは
他の任意のデバイスをスキャンし、さまざまなサービスが使用する
デフォルトパスワードの一覧を使って侵入を試みるために使用することが
できます。

jailbreak された iPhone にログインして重要なデータをバックアップする
iPhone SSH スキャナと自動スクリプトは、登場してから数年たちます。
このハッキングツールは、何者かが 2 つのツールを組み合わせ、
手動で行う操作を除外してできたものです。iPhoneOS.Ikee の成功に
より、このツールに関する話題が、このレベルに到達しているだけと
思われます。

この脆弱性によって自分の iPhone が攻撃されるという不安がある
場合は、次の手順に従ってデータを保護してください。まず、データを
バックアップしてから、iPhone を出荷時の設定に戻します。その後 復元すれば、ワームは削除されセキュリティホールをなくすことができます。

リスクを承知で iPhone を再び jailbreak したい場合は、実行時に
ネットワーク接続を無効化し、デフォルトの SSH パスワードを変更
します。完了後にネットワーク接続を復元し、セキュリティホールを
なくすことができます。

jailbreak された iPhone のユーザーは、悪意のある攻撃に
対して明らかに無防備な状況にあります。iPhone を jailbreak
する前に、iPhone ユーザーは以前からわかっているこの脆弱性
について正しい認識を持たなければなりません。


この説明を見ると先のリック・アストレイのワームもジェイルブレークしたiPhoneの脆弱性を警告する実証コードが元になっているようだ。
この公開されたコードが改変されて実際に攻撃に使われているようで、対策はここにあるようにジェイルブレークを止めるか、やるときはオフラインにしてSSHパスワードを変更することということになる。

このジェイルブレークの危険性はつとに警告されていたことだから、やっている人は注意した方が良い。



2009 年 11 月 14 日




anchor

Kaspersky Anti-Virus
(Product)
OS10.4Tiger対応 OS10.5Leopard対応

Windows世界ではめきめき評判を上げているウイルス対策ソフトのカスペルスキーだが、前々からウワサがあったそのMac版がついに発売になった。

仕事ではつとにWindows版を使っていてその感じはよく知っているのだが、Windows版は確かに評判が良いのはよくわかる。
軽いし、ウイルスの検出力もどのテストでも中位以上の評価は得られるので全体にバランスがとれたソフトだと思う。
ポリシーもなかなか厳しいので、不特定多数が操作する機材に向いたソフトだと思う。

それでそのMac版だが、Windows版とは有り体に言えば全く別物のソフトかもしれない。
それくらい、動き始めたら重いしなかなかままならない。

それでもWindows向けウイルスの検体も概ね検出しているようで、ウイルス定義についてはWindows版とほぼ同じものを使っていると思われる。

ここは大事なポイントで、
「Macを使えばウイルスの心配がないのでウイルス対策ソフトなんか入れなくても良い」
とか言っている人を時々見かけるが、これが大間違いだということと深い関わりがある。

確かにMacに感染する深刻なウイルスは今のところそうあるわけではない。
率直に言って、気をつけていればウイルス対策ソフトは必要ないくらいかもしれない。
しかしそういってメールやweb経由、あるいはUSBメモリなどのメディア経由でもらってきたウイルスファイルをそのまま何のチェックもしないでWindowsユーザに渡したりすることは大いにあり得る。
というよりも私の周辺ではそういう油断したMacユーザが大勢いて、こういう奴らが世間に大迷惑をかけている。

以前話を聞いた専用機のエンジニアは
「Macを中心に使っている会社の方がウイルスはひどい、そういうところからくるUSBメモリやCD-Rなどのメディアは大抵はウイルスだらけだ」
といっていた。
Mac自体はウイルスをまき散らすわけではなく、単にWindowsユーザからもらったウイルスを媒介しているだけなのだが、Macユーザに基本的にセキュリティ意識がないためにこういう誤解を受けたりする。

Macこそウイルス対策ソフトを入れるべきだし、そのウイルス対策ソフトはMacのウイルスさえ検出すれば良いのではなく、Windowsのウイルスこそ重点的に検出できる対策ソフトでなくてはいけない。

そういう意味ではカスペルスキーは充分実績があるわけだから、Macの世界に頼もしい選択肢が増えたことになるわけだ。

以下ちょっと試用してみた印象だが、総体にはフルスキャンが動き出すとかなりヘビーな印象があるが良くできたソフトだと思う。
目的を選びそうな気がするが、使えることは間違いない。
効果不明なシェアウエアよりもはるかに頼りになると思う。





Kaspersky Anti-Virusをインストールする前に他社のソフトをアンインストールしないといけない
最近のウイルス対策ソフトはパターンマッチだけでなくファイルシステム監視や仮想化空間で
ファイル展開するヒューリスティックを備えるなど規模が大きくなってきてどの社のソフトも
機能がかぶっているのでコンフリクトを起こす可能性がかなり高いからだ
私が使っていたシマンテックアンチウイルスはインストーラにアンインストーラが同梱されている




アンインストーラで削除する項目を選択する
基本的にはここで見えるすべての項目を削除する




以上の手順をすませてからKaspersky Anti-Virusのインストーラを起動する
ちなみにこちらもアンインストーラが同梱されているので気軽に試用版を試せる




以下インストーラの指示に従って進めていけば良い




途中インストールできる起動条件が出てくるが
OS10.4以上という要件とintel機という条件が目を引く
PowerPCでは動かないようだ




アプリ本体のインストール先はアプリケーションフォルダの
第1階層なのでここからアプリを起動する
アイコンはWindows版よりデザインが気が利いているような・・・




最初の起動時だけアクティベーションを要求される
これを途中で止めると再インストールしない限り二度と起動しなくなる
購入した場合はデフォのアクティベーションコード仕様かキーファイル仕様で
お試し版で使う場合は3つ目の「トライアル」で起動する




数分かかると書いてあるが実際には十数分待たされた
あまりに長いので起動できないかと思ったほどだ




やっと仮ライセンス番号が表示されて起動できるようになる




右のインジケータは赤ッポイ色をしている
起動したなりではウイルス定義ファイルが古いからだ




一見したところはむしろAvast!に似ていて
デザインに凝ったあまりちょっとわかりにくいインターフェイスになっている
インジケーターの周りにボタンが並んでいてその役割はこんな感じ
マウスオーバーしてもしばらく待たないとツールチップが出てこない




定義ファイルのアップデートが始まるとこういう表示が出る
上に並んでいるアイコンボタンは左から「リポート」「設定」「ヘルプ」「サポート」




定義ファイルアップデート中はインジケータの
地球の周りを土星の環よろしく矢印がぐるぐる回る
Windows版のUIもどちらかというと地味ではなかったがそれを上回る派手さだ




この表示になると定義ファイルは更新されている




どういう状況でどういう表示をするかをかなり細かく設定できる
この細かさは他のアプリの追随を許さない




設定を見ていく
ヒューリスティックらしくセキュリティレベルを調整できるようになっている
あまり厳しくすると誤認の原因になるがユルくすると未知のウイルスに反応できない




どういう脅威に対応するかをある程度設定できる
ここで「信頼ゾーン」で特定のエリア除外などの設定に入る




ここで設定した場所はスキャンされない・・・はずだ
ところが後で触れるが例外を設置しても結局そこもスキャンされる




フルスキャンやクイックスキャンなどを定期的に実行する設定はここ
最近実験してみたところ共有などを通じて入り込んでくるワームを
オートプロテクトだけでは見逃すリスクがあることがわかった
確実を期したいなら定期スキャンを実行するべきだ




クイックスキャンはトロイの木馬などにやられやすい領域を
リストアップしてそこだけをちゃっちゃとスキャンする
その中でもどこをやるかを自分で選べるし追加もできる




スキャンディスクはボリューム単位で全域をスキャンする




すべてのボリュームをスキャンさせてみる




スキャン中は虫眼鏡がぐるぐる回るインジケーター表示になる




その間のCPUは結構な回転ぶりだ
仕事の時にバックグラウンドでやらせるようなプロセスではない




ウイルスを発見するとこういう表示を出して「がお〜」と吠える
削除するか駆除するかを執拗に聞いてくる




Growlにも対応しているのでこういう表示も出せる
消えない表示にしておけばシロウトさんを嚇かすこともできるので不特定多数が使う端末の
管理に頭を痛めている人にはClamXavと併せてお薦めできる




全域スキャンが完了するとインジケーターが黄色に変わる
インジケーターをクリックすると対応のチュートリアルに進める




チュートリアルに進むと一通りのプロセスがすんでもまだウイルスが残っている場合はこういう表示




全部脅威が削除されると始めて緑色に変わる
先ほど設定した除外領域も結局何かの弾みに検疫に引っかかってくる
私はウイルスの検体を隔離しているのだがそれを全部削除しないと緑にならない
ポリシー的に厳しいのは良いことのように見えるが逆にモラルハザードが怖い
あまりポリシーを厳しくすると厳しすぎるために結局ソフトを終了させてしまう
という反応が中級者ほど多いことも確認している




ところでそのウイルス検体を監視領域にぶちまけてどう反応するか見てみた
さっそく載せた瞬間から「ガオー」ときた
Windowsウイルスのかなりの部分に反応したので大体良いのだが一部はそのまま通ってしまった
どうやらウイルス対策ソフトは一種類だけだとちょっと危険なのかもしれないと思っている

anchor

<追記>ちょっといいかなと思ったKasperskyだが一晩で残念な状態に・・・


昨晩概ね良好というようなレビューを書いてしまったKaspersky Anti-Virusだがさっそく不具合続発している。

今朝の定義ファイルアップデートが以上終了して表示がずっとアップデート中の表示のまま止まっている。
イベントログを見ると一応アップデートに成功したようなことが書いてあるが、再起動しても「アップデート中」の表示が消えない。
定義ファイルが更新できているかどうかは結局アプリの表示を信用する以外になく、その表示が信用できないとなるとゼロデイ攻撃に対してどういう担保もできなくなる。
これは遊び用のパソコンならともかく、業務用として使う場合は致命的な不具合だと思う。

さらにこのアップデート不全から以降はオートプロテクトがグレーアウトしてしまい、自動監視が一切効かなくなってしまった。
これも自動監視を前提にすることが多い用途の場合は致命的だ。
さらに「すべての脅威を削除」してもインジケーターがグリーンに戻らない。

もうウイルス対策ソフトとしてはグダグダで、これでははっきりいってお薦めはできない。
効果不明のシェアウエアよりはマシと先日書いたが、これでは効果不明のフリーウエアレベルで、Mac版についてはまだアルファー版だと考えるべきだ。

最近なぜかWindowsの新興勢力のウイルス対策ソフトが相次いで、Mac版を出し始めているがBBSにも情報をいただいたが、もろもろ不具合を起こしているようだ。

このカスペルスキーもWindows版は軽快で、なかなか悪くないと思ったのだがMac版はまだしばらく様子見ではないかというのが結論だ。





ウイルス定義ファイルのアップデートは92%で止まったままもうすぐ一日が過ぎる
インジケーターは危険を示す黄色のままだ




イベントログを見るとアップデートは完了したようなことが
書いてあるがどちらが信用できるのかわからない
ゼロデイ攻撃にシビアになっていた今年の春のような状況だとこういう状態になった時点で
業務機からはアンインストールされてしまう運命となる




しかもこの表示になってからオートプロテクトがグレーアウトしてファイル監視が効かなくなっている




さらに除外領域に指定している筈のTime Machine領域を何度もスキャンしては
そこにバックアップしているウイルス検体を削除せよといって聞かない
どう設定してもこの領域のスキャンを止めない




とりあえず外部ボリュームを外して内部を一度全部
クリーンしても「脅威が残っている」表示が消えない
もうウイルス対策ソフトとしてはグダグダで私としては
「使い物にならない」という判定を下したいところだが
まだアルファ版だろうし今後を生暖かく見守りたいという表現に変えさせていただく


2009 年 11 月 15 日




anchor

なんとか使いこなしたかったKasperskyだが二晩でアンインストールということに・・・〜それとウイルス対策ソフトの評価の仕方について


カスペルスキーについてさらに続ける。

結論からいうと今朝、Kaspersky Anti-Virusはアンインストールしてしまった。

理由は
1)外付け起動ボリュームにスキャンをかけると100%の確率で落ちる
2)自動的に定時アップデートをかける設定にすると無線LANモジュールを巻き込んでエラーを起こしウイルス定義ファイルの更新に失敗する
などの問題が出たからだ。

昨日はオートプロテクトや定時スキャンをかける設定にすると、除外領域に設定しているTime Machineのバックアップ領域をスキャンをかけるのを止められないとか、脅威を除外しても「安全」表示に戻らない、アップデートに成功したかどうかもわからないなどの問題が出て、後者2つは再起動することでクリアできたが前者の問題はどこをどういじってもどうにもならない。
(Time Machineバックアップ領域はシステムの所有権、書き込み権でユーザが削除をしたりはできない。故にここを『削除せよ』という表示を出されても迷惑なだけでどうしようもないのだが、この仕様だけは本当になんとかしてほしい)

試用期間の15日間はテストを続行するつもりで使い始めたが、私の目的には合わないというべきかとにかく用をなさないので結局アンインストールしてSymantec AntiVirusに戻すことにした。


おまけにアンインストール後、ドックの設定がデフォルトに戻ってしまったり、システム環境設定の大部分が壊れてしまったりiStat menusMenu MetersなどのSystemUIServer(メニューエクストラ)を使うソフトが一切起動できなくなって、Menu Extra Enablerをインストールしても復元しないというトラブルつきで、昔のノートンセキュリティドクターの悪夢を思い出してしまった。

これの復旧法は後日また書くが、カスペルスキーは今のところ本当にどうにもならない。
次回のメジャーバージョンアップの時には、また試してみたいがとりあえず今のバージョンはバイナリも含めて削除してしまった。

やはりこういうソフトは熟成に時間がかかるのだろう。
ノートンだって昔はこれよりももっとひどいソフトだった。
一時期はMacユーザのトラブルの約4割はノートンが原因だったというくらいひどかったということを考えると、今のSymantec AntiVirusは本当に優秀だと思う。
しかしそうなるのに10年かかった。

最近にわかにMacに参入してきたWindowsのニューカマーのウイルス対策ソフトも、いきなり最高のパフォーマンスが出せるわけではないだろう。
これからしばらく時間が経って、だんだん洗練されていくに違いない。
多分キャッチアップする立場のカスペルスキーや他のWindowsのウイルス対策ソフトは洗練されるのに10年もかからないだろうが。





カスペルスキーを常駐させているといつの間にか
無線LANが落ちて復帰しないという症状が何回も続いた
当然その間はウイルス定義ファイルのアップデートだけでなく
Webブラウズやメールの受信にも障害が起きる




アップデートログを見ると何回もアップデートにトライして失敗している記録が残っている
無線LANを復帰させても次回のアップデートの時にまた落ちる
これを延々繰り返して自動アップデートは一度も成功しない




早朝4時に定時スキャンを実行するように設定したがこれも起きたら落ちていて
ログを見るとファイルを2つスキャンしたという記録しか残っていない
実際には数千のファイルをスキャンしたところでエラーが出て落ちたのだろうが
そのプロセスの記録も残っていないので何がどう悪いのかもさっぱり分からない
要するに打つ手なしということだ



ところで余談ながらBBSで情報をいただいた
8倍速対応 | セキュリティソフト-ウイルス対策ソフト2009年版の検出率-最新比較
というリンク先の記事で気になる記述があったのだが

「重視する項目のアンケート調査では「検出率」や「機能」より「軽さ」の方が上位!」
という結果に対して
「いくら軽くても検出してくれず感染してしまったら何の意味も無いわけで…」
というところ。

これなんか現実にウイルス対策を真剣にやったことがない人間が、観念論でいう典型的な話だと思う。
実際には
「いくら検出率が高くても重くて動かないソフトでは何の意味もないわけで・・・」
ということを言いたい。

ウイルスは確率論的に必ず入ってくるわけで、その場合いくら検出率が100%に近くっても、5回に1回は落ちていたら検出率80%のソフトに安全性では負けるわけだ。
実務的にはウイルス対策ソフトなんて、100%確実に動いてくれなくては何の意味もないと思う。

その意味ではこのアンケートの一般ユーザの感覚の方が正しいと私は思う。

ウイルス対策ソフトなんて管理者が常時睨んでちゃんと動いているかチェックするなんてことは絶対にできないし、そんなことができるくらいだったらネットワークから切り離された検疫パソコンで手動で常時スキャンして人間が全部入ってくるファイルの拡張子をチェックすれば良い。
そんなことができないからウイルス対策ソフトを使うのに、その対策をするためにちゃんと動いているか人間が監視しないといけないなんて本末転倒だ。

というか我々はウイルス対策をするためにパソコンを買うわけではない。

これは個人でも企業でも同じことな筈だ。
だから、意味があるのかないのかよくわからない「検出率」なんかにこだわるよりも、間違いなく動作するソフトの方が信頼できるということになる。

当然ヒューリスティックとパターンマッチのハイブリッドですばらしいエンジンを持っているがちゃんと動くかどうかわからない対策ソフトよりも、単純なパターンマッチのみのシンプルだが間違いなく動く対策ソフトの方が信頼できることになる。

この手のウイルス対策ソフトランキングは最近いろいろなところで見かけるが、あくまで「参考資料」程度で見ておく方が良い。
それよりも自分で実際に動かしてみて、確実に動くと確認できる方がはるかに重要なファクターだと思う。



2009 年 11 月 16 日




anchor

ローカーブダイエット(炭水化物ダイエット)ってやっぱり危険なんだ・・・

昨日の日経新聞だったと思うが、海外の研究機関が炭水化物ダイエットをやっていると腎不全以外に、低血糖になって怒りっぽくなる、判断力が鈍るなどの問題が起きるという記事が掲載されていた。

実はこの夏から私もカーボンをセーブするダイエットを始めている。
いきさつはここに書いた。
ダイエットを通じて人類の食の未来を考察する・・・なんていう大げさな話ではなく、いろいろ思ったことがあったので

それでやってみて実際期待以上の効果が出ているのだが、上記記事の指摘も思い当たることがあって、確かに低血糖になって体が悲鳴を上げていると感じることがある。
夕方になると血糖値が下がってやたら眠くなったり、会話中で固有名詞だけでなく簡単な普通名詞が思い出せなかったり、気が短くなったり、物事をネガティブに考えるという傾向が感じられる。

これが進行すると食事行動を自分でコントロールできなくなって摂食障害ということもあり得るのだろう。 なかなかまずい副作用だ。

それに今のところそういう障害はないと思うが、腎不全や肝不全などの内蔵疾患にも繋がるという話なので、コントロールが難しいらしい。
この手の内臓疾患は一度かかってしまうと完全治癒が難しいし確実に寿命を縮めるので、そう考えるともともと健康のために始めたダイエットが健康障害に繋がるというリスクを負っているということだ。
これは自家撞着だね〜。
健康のためなら死んでもかまわないってか。

かといって一つ覚えのように医者が薦める
「バランスの良い食事を規則正しくとって、適度な運動をして痩せましょう」
なんていうメタボ指導はうまくいったためしがない。
それができるくらいなら最初からメタボなんかにならないんだよ(#゚Д゚) 凸・・・なんていうふうに怒りっぽくなっているのがなかなかまずい。

とりあえず4ヶ月で体重を8kg落としたのだが、ややペースダウンして炭水化物の比率を少し増やそうと思っている。
3食のうち2食は完全に抜くということを今までやってきたのだが、時々どか食いすることもあるから(というよりおつきあいでドカ飲みか?)、3食抜く日もある。
3食抜くと目立って体重が減って励みになるし、こういうのはなかなか結果が出ないと結局くじけて止めてしまうということに繋がるので、結果を出すためにムリをするのだが、体重が減っている割には体脂肪率が劇的に減らないために体脂肪量が減量分と一致しないという問題点も感じている。
要するに脂肪が減っているのではなく、水分が減ったり筋肉が落ちているんじゃないかと疑える点もあるのだ。

なのでしばらくはちょっと緩めて減量ペースを落とそうと思っている。
別にボクサーじゃないんだから、年内にライト級に階級を落とさないといけないというわけでもないので。





結果は順調に出ていてもうじき「肥満度1」から「隠れ肥満」というレベルに入る
あと少しで「標準体重」エリアも射程内に入るのだが
月2Kgというスローペースでもまだ速すぎる気がしてきた
ローカーブというよりもカロリーコントロールという考え方で
いいのではないかという気がしている




anchor

見出し配信のRSSのURLを変更します

当サイトが吐き出しているRSSの内、見出しのみの配信のRSSのURLを変更します。

トップページのこちらのアイコンで配信しているRSSです。


Partial


理由は今まで使っていたwebサービスのMyRSSが、最近RSSの吐き出しが異常に遅かったり、時々正確に読み込めなかったり、アップロードに失敗すると余計なエントリが出て消えなかったりといろいろ不便になってきたからです。

4年近くにわたって愛用させてもらって、最初はよくわからなかったRSSの仕組みを教えてくれたのもこのwebサービスでしたが、自前でRSSのxmlを吐き出す仕組みも今では持っているし、FeedBurnerで購読数とかも把握できるし、それだったら従来のサービスにこだわる意味もないだろうということで見直すことにします。

今までのMyRSSのURLも自動更新される仕組みを残しておきますが、私はもう動作をチェックしませんので、今後ともちゃんと動くかどうかは私にはわかりません。
見出しのみのRSSをRSSリーダーに登録しておられる方は、新しいリンク先を登録し直してください。
全文配信のRSSの方は、今後とも特に変わりありません。



2009 年 11 月 17 日




anchor

BeOSのオープンソース版OSの「HAIKU」でインターネット接続を試してみる〜ターミナルも試した

かつての第三極OSとして、台風の目のような期待を集めたBeOSがまたいろいろな形で話題になり始めている。
多分、MacにしろWindowsにしろOSが巨大になり過ぎて、かつてはジョークの種だった
「メモリ4GB、クロック2.4GHzのintel石のQuad」
というようなハードのスペックが動作条件のようになってしまうという時代に、ユーザの方が嫌気が差しているのかもしれない。

ネットブックのヒット、Linuxの攻勢とかを見ていると、そんなことを思ってしまう。
Windows7がいくら「軽い」といったって、あくまで「当社比」で、しかも比較の対象はあくまでVistaであってXPと比べればやはりでかいことは間違いない。
これはOSXだって事情は同じで、SnowLeopardがいくら軽いといったって、対Leopard比ということでしかない。
ユーザはネットブックでXPを動かして、こういう流れに「否」といっているのかもしれない。
「XPだってまだまだ普通に動くじゃないか。7に買い替える意味が分からない」

メーカーがいくら「ネットブックは安物」とバカにしても、今売れているのはネットブックだけだという事実はどうしようもない。

昔いじった軽いOSがキビキビ動いていたことに郷愁を感じているユーザが、こういうものを求めているのかもしれない。

先日「幻のMacOS」となるかもしれなかった BeOS互換OSのHAIKUを試したところ、VMWare FusionであっさりHAIKUが動いたことを書いた。
テキストも扱えたし、日本語入力もできるようになった。

そうするとどうしてもインターネットにつなぎたくなる。
ところがこれがなかなかうまくいかなかった。

キャプチャーでうまくいった経緯を詳説するが、要するに最初のHAIKUの起動の仕方を間違っていたということだった。

以下のサイトがとても参考になった。
こういう開発者、ユーザのフォーラムサイトがあるというのは実に心強い。

はじめよう! Haiku - JPBE.net

日本語BeTips - JPBE.net

VMware Player で試用してみる - haiku-talkers.net





まず最初に確認すべきことは「haiku.vmx」なのか何なのか
とにかく.vmxという拡張子のファイルをテキストエディタで開いて
ethernet0.present = "TRUE"
ethernet0.virtualDev = "e1000"

という文字列が記述されているかを確認する
これがあればインターネットに接続できるパッチが当たっているバージョンということになる
しかしネットワーク接続を開いても「<empty>」となっていてどういう設定もできない




以前ここでVMWare Fusionの仮想マシンアシスタントから
起動ファイルを選択する手順を書いてしまったがこれではネットに接続できない
正しいやり方はこの.vmxという拡張子のファイルをクリックして起動するという方法だ




そうすると古いプロセスとは別のOSが立ち上がる
古いプロセスの仮想マシンは捨てて新しく立ち上がったプロセスをアップグレードしよう




デスクトップバーから「Preference」/「Network」と設定を開く
今度はipro1000/0というネットワーク接続の設定が見えるようになる




ここで固定IPのネットにつないでMacの側で固定IPのセットをしてみた
しかしセッションを修復するというアラートが出るだけで繋がらない




手入力のIP設定を試してみた




が、繋がらない




あきらめて自宅に帰ってDHCPを取得できないか試してみたところあっさり繋がった
ホスト側をDHCPで接続する設定にしておけばHAIKUの設定は特にいじらなくていいようだ




さらに固定IPのネットももう一度つないだらHAIKUの設定はこのままで
ホストのMacの方の設定を固定IPにするだけであっさり繋がった
先日繋がらなかった理由はよくわからないが結局VMWare経由の場合は
HAIKUの設定は特にいじらなくて良いということらしい




ところでブラウザのBeZillaはBeOS版のFirefoxでタブブラウジングもちゃんとできる
HAIKUWareのページでアプリを探して当サイトは
「HAIKUアプリの新着アプリテスト」サイトになろうかしら




ついでにメールの設定もしてみたがアカウントの設定で100%ダウンする
設定にほとんどオプションがないので何が悪いのかわからない




Terminalも試してみた
cd、ls、uname、whoamiなどのコマンドが動く
UNIXといっしょだ!・・・と思ってmanコマンドも試してみたがこれは動かなかった




でもtopコマンドは動いた
楽しい・・・

anchor

BeOSのオープンソース版OSの「HAIKU」とのファイルのやり取り

せっかくインターネットも繋がったことだし、単に「動くことを楽しむ」だけでなくどの程度使えるのかを知りたくなってきたBeOS彷彿オープンソースOSのHAIKU。
こうなるとやはりホストOSとファイルのやり取りをしてみたくなる。

しかし今のところVMWare FusionのVMWare ToolsのHAIKUサポートは無いようで、VMWare Fusionの共有フォルダを通じてファイルを渡すことはできないようだ。

次に安直な方法としてはメールの添付ファイルで渡すという方法だが、相変わらずmailの設定で苦闘が続いていて、メールの受信がままならない。

そこでUSBメモリなどの外部メディアを試したところあっけなく認識した。
共有はサポートされていないがUSBなどはサポートされている。
とりあえずUSBメモリを通じてファイルのやり取りはできるようになった。





mailの設定で高確率でクラッシュしていたがやっとアカウントの設定が通った
ところが今度は受信の方法がわからない
設定が完了したら受信用のクライアント画面が出てくる筈だが何も反応しない
残念ながらメールについては違うアプリを探すまで見送りにすることにした
故にメールの添付でホストOSとファイルをやり取りするヴァカパターンは実現しなかった




そこでVMWare FusionのUSBのアイコンが反応していることに気がついた
使えるかもしれないと思い試してみた




ビンゴ!
USBメモリを指すとデスクトップに「ボリュームを
マウントしようとしている」というアラートが出る
フォーラムでは「まだ不確実なため相手のデータを保護する意味で
Read Onlyでマウントした方が良い」と書かれている




マウントするとデスクトップにちゃんとUSBメモリのアイコンが現れる
開くとUSBの中の階層も問題無く表示




ここでjpegなどの画像ファイルをプレビューするShowImageを試してみた




結果はおよそ半分ほどが開いた
まだすべてのjpegのコードに対応しているわけでもなさそうで
かなり開かないものもあるが開いたら軽快にオペレーションできる




次にBePDFを試してみる
OSXで作ったPDFなのだがいきなりエラー表示の行列




ということでPDFに関してはイメージはかなりの確率で見えるが
エンベッドされたフォントを使っている文字は全滅で見えなかった
まだまだ道は遠そうだがそれでも機能として動いているということがすごい




ちなみに一回アンマウントしたボリュームを
再マウントするにいちいちUSBを抜かなくても良い
デスクトップを右クリックすると「ボリュームをマウント」
というメニューがちゃんと用意されていて
ここでボリュームを選択してマウントということもできる・・・便利だ




次にCD-Rを試してみる
一旦HAIKUを終了してVMWare Fusionの「仮想マシン」/「設定」から
CDとDVDを選んで「接続」にチェックを入れてCDドライブを追加する




下のVMWare Fusionのドライブ表示の色が変わってCDドライブが認識された
右クリックするとマウントすべきボリュームのリストにCD-Rのタイトル名が見える




マウントされるとデスクトップにこういうアイコンが現れて中味のリストもTrackerで見える
CD-RやDVD-Rを使ってファイルの受け渡しも可能だということだ




ところでマウントしたボリュームのアンマウントのやり方だが
なんとごみ箱にアイコンを捨てればよいという仕組み
さすがAppleのスタープレイヤーだったルイ・ガゼーが考えたOSだ


2009 年 11 月 18 日




anchor

あなたのサイトのどこが読まれているかを視覚化するwebサービス/User Heatを「なかのひと」が始めた

あなたのサイトのうちどこが一番クリックされているか、どこをマウスが通っているか、どこが見られているかを表示するwebサービスUser Heatが、webページアクセス者がどこの人かを表示するサービスの「なかのひと.jp」で開始された。

詳細はこちら。
User Heat - どこが読まれているか見える!無料ヒートマップ・ツール

さっそくトップページ他いくつかのページに、このタグを貼ってみた。
およそ一日で、結果を表示し始めた。

面白いんじゃないだろうか。
やはりユーザはページの下の方をスクロールして見てくれたりはしないという実態が見て取れる。

それと閲覧者は最新のページにしか興味がないし、動いているページにしか興味がないという生態が浮かんで来たのではないだろうか。

これについてはかなり前の記事だが、ここで取り上げた切り込み隊長こと山本一郎さんの本について取り上げたこちらの記事でちょっと触れた(記憶がある)。
webの現状に対する個人的な覚え書き

今のweb閲覧者がどういう興味でwebを見ているかが興味深くわかるかもしれないし、自分のサイトのどこが見られているかを知るのはやはり有効なことだと思う。

それにトップサイトの一番上にはやはり最近のエントリのメニューを置いた方が良いんだろうなとか、改善策も思いつくというものだ。
私はもう変える気はないが・・・





ヒートマップで自分のサイトのどこが見られているかを表示できる
これを見るとやは閲覧者はわざわざスクロールしてページの下の方を見てくたりはしない
アンカーで誘導してもそこだけ見ていてそこから下はあまり見ないという傾向も見て取れる




マウスは無軌道にほぼ意味なく移動している
これはあまり参考にならないかもしれないが
下のクリック分布と併せて見ればわかることもあるかもしれない




ユーザはトップページのスクロールしないでも見られる領域にあるリンクにやはり一番興味を示す
その中でも最新記事のリンクのあたりを一番クリックしているのがわかる
逆にいうと過去記事にはほとんど関心を示さないのがわかる




その傍証がこちら
過去の記事は一覧性が確保できるように一カ所に並べているが
クリックされているのは左上の最近の記事で
しかも新しい順にクリックされているわけでなく
スクロールしないでみられる領域がクリックされる
良いも悪いもこういう傾向なのだから仕方がない
この傾向に合わせてサイトをデザインするしかない




anchor

タコ「ウイルス」をゲット、テストしてみた〜これは引っかかるヤツが悪いといってしまうと身もふたもないのだが・・・

先日ここでも「イカタコクラゲフグ『ウイルス』」の情報を求めたところ、お仕事仲間から
「タコウイルスゲットしましたので差し上げます」
ということで検体をいただいた。

このイカタコクラゲフグ『ウイルス』についてのウワサはこちらを参照。

2009 年 11 月 5 日
求む!イカタコクラゲフグ『ウイルス』の情報〜なんかヤバそうなニホヒがするのだがいまだに正体が分からない・・・

いただいたタコ「ウイルス」は先の2ch系ウワササイトのサンプルのタコ「ウイルス」とは別種で、どうやら相当亜種が増えているらしい。

これがなぜ.aviとして入ってきてWindowsユーザが皆手もなくやられるかが知りたかったのだが、調べてみて確かになるほどと思った。

これの特徴は
1).aviファイルを偽装した.scrファイル(実行ファイル)であること

2)Windowsファイルシステムの拡張子表示の弱点を利用して拡張子を偽装している(拡張子をチェックする習慣のあるユーザを出し抜く意図あり)

3)それ自体は単なるスクリプトであり、自分で実行環境に感染したりコピーをバラまいたりできない

4)つまり厳密には「ウイルス」ではなく単なるスクリプトなのでウイルス対策ソフトには引っかからない

5)主にWinny、Torrentなどのファイル共有ソフトを媒介に流通しており、ファイル名は人気アニメや映画などをリッピングした風のタイトルになっている(ケースが多い・・・今後例外も出るかも)

6)また.aviファイルを偽装するためにそれなりのファイルサイズになっていて、無意味な映像もバンドルされている

7)クリックで起動するとWindows Media Playerが起動して、その無意味な短い動画を再生するが、それは見せかけでその背後でどんどん実行ファイルは作業を進行させている

8)「winlogon.exe」というプロセス名がフルアップしている
またよく見ると同名のプロセスが2つ起動している(あまり動いていない方が本物でフルアップしている方はプロセス名を偽装していると思われる)

9)終了しようとすると「lsass.exe」というプロセスがログアウトを拒否する
結局強制終了することになる

10)もとの偽装.aviファイルを削除して再起動してもまた「タコjpegバラまき」プロセスが始まって最終的にはシステムも起動できなくなってしまう

11)システムを破壊するように思われたが、実際にはシステムファイルで置き換わるのはごく一部だけ
それでもユーザファイルは全滅するので被害は甚大

12)やられたあとでその起動ボリュームに外からウイルススキャンをかけてもやはりウイルス様のものは見つからない(System32の中のlsass.exeがプロセスの実体で、やはり単なるスクリプトだからウイルス対策ソフトは反応しない)

13)ファイルを削除するウイルスと違って上書きしてしまうので、感染後のデータのサルベージはおそらく不可能


ということになる。


ここまでなぜ「ウイルス」とカッコつきで書いていたかおわかりいただけたろうか。
厳密にいうとこれは作業を自動実行するスクリプトで、ウイルスとはいえない。
マルウエアではあるが、そういう理由なのでウイルス対策ソフトでこれを防ぐことはできない。

ただ大事な点は、この「ウイルス」は一般のウイルスやワームと違って自分で感染活動をすることができないので、出元が怪しいファイルをもらってしまわないように気をつけるということで防げると思う。
端的にいえばWinnyなどのリスクが高いソフトは使わないことだ。
Torrentは有用なファイルの共有にも使われているが、出自がしっかりしたファイル共有者はMD5ハッシュ値も配付しているので、そういうもので怪しいファイルでないか確認するという方法をお薦めする。
ただし、Winnyを通じなくても手渡しで、こういうファイルを渡すことは当然できるので相手に悪意がないかを見極めることはどんな場合でも必要になる。


もうひとつ重要な点はこれ自体は単なるスクリプトだが、これを隠れ蓑にして別のワームのエクスプロイトと組み合わせたり、ペイロードに別のものを組み合わせるということができるんじゃないかという気がした。

つまり今のところはWinnyユーザをターゲットにした他愛もない「いたずらソフト」だが、Winnyユーザをダシにして最終的には会社などのネットワークを全滅させたり、管理権を乗っ取ったり、それで重要情報を抜いたりというように悪用される可能性も感じた。

これも相当亜種が出回っているようだし、巷でウワサになっている「イカタコクラゲフグ」などの多数の亜種の全部が、これと同じ原理なのかもわからないのだが、とりあえず.aviそのものに細工をされる可能性は今のところなさそうなので、ちょっと安心している。

ただしファイル共有ソフトユーザは安心してはいけない。
というより「もうWinnyはヤメレ」といいたい。
Windowsでファイル共有ソフトなんか使っているのは自殺行為だと思う。





タコ「ウイルス」をテストするに先立ってシマンテックアンチウイルス
ウイルス定義ファイルを最新にしてスキャンをかけてみた
しかし何ら「感染」は無いという結果が出た




問題のタコ「ウイルス」はMacで見ると明らかにWindows実行ファイルのアイコンがついている




ファイル名を確認するとリッピングコンテンツ風のタイトルの最後が
.avi.scrという二重拡張子になっているのがわかる




ところがWindowsで見るとこの拡張子が.aviに化ける
どういう仕掛けなのかAVIアイコンまで貼付けてある




リスト表示で見てもやはり.aviに見える
最近のnyユーザも馬鹿ではないからダウンロードしたファイルの
拡張子を必ず確認する習慣は広まっているようだが
これはそういうnyユーザを出し抜いてやろうという意図がアリアリだ




もう一度ウイルス対策ソフトで止められないかテストするために
ウイルス定義ファイルを最新版にする
ClamAVは念のためにTerminalから更新




シマンテックアンチウイルスClamXavでスキャンをかけたが感染はないという結果が出た




さらにWindowsのAVGでもスキャンをかけてみた




こちらも問題無し
普通ここまでやれば「問題無いようだから中味を見てみよう」と考えるだろう
最近のnyユーザは複数のウイルス対策ソフトでファイルを
スキャンするという習慣も身につけている
しかしそれも出し抜かれているということだ




ここでテストのためにこの時にもしUSBなどで外付けハードディスクを
マウントしていたらどうなるかも見てみることにした




例のaviファイルとおぼしきファイルをクリックすると
一応Windows Media Playerが起動してきてモヤモヤっと
画像らしきものをちょっとだけ表示する




そのあとは何も起こらない
しかし注意深いユーザなら猛烈に外付けハードディスクに
ディスクアクセスしていることに気がつくだろう
外付けハードディスクを開いてみると中味はもうこうなっている
ウワサ通りjpegやmpegだけでなくバイナリも何もかもやられている




普通の人はここで異常に気がついて慌ててシャットダウンをトライするに違いない
しかしなぜか「反応しないプロセス」があってシャットダウンはブロックされてしまう
結局強制終了するということになる
私はVMWare Fusionのメニューから「ゲストのシャットダウン」をかけたが
実機ならコンセントをぶち抜くということになると思う
ホストのMacのCPU表示がフルアップしていることに注目




先ほどの外付けハードディスクをシマンテックアンチウイルス
ClamXavでスキャンをかけるがやはり何も出てこない




しかしその中味はWindowsのエクスプローラからも見えた通り全部消えている
画像や動画ファイルだけでなくバイナリもその他ファイルも全部これに変わっている




このメッセージが以前のタコウイルスではWinnyに対する敵意が感じられるメッセージだったが
これは全くの愉快犯としか言いようがない




ことの発端になった偽装AVIファイルをMac側から削除してもう一度Windowsを起動してみた
起動には成功したがまたプロセスがフルアップしていることに気がつく
「ウイルス」に入り込まれた状態だと思われる証拠にタスクマネージャを開くと
「winlogon.exe」というプロセスがフルアップしているのに気がつく
しかも同名のプロセスがもうひとつ起動しているのがわかるだろうか




そうこうしているうちにデスクトップがPNGだらけになってきた
デスクトップの不可視ファイルもどんどんタコ画像ファイルに置き換わっているからだと思われる
このようにシステムファイルも見境なしに削除されてしまう




デスクトップに置いていたフォルダを開くと中味はもうこの通り




このような表示が出るとシステムの起動に必要なファイルもやられていると思われる




ここで再度シャットダウンをかけることにした
もうシステムはいうことを聞かないのでVMWare Fusionから
「ゲストをシャットダウン」で終了をかける




この時に執拗にログアウトを止めるプロセスがある




このlsass.exeが「反応していません」という表示を出してログアウトをブロックする
勿論その間にもどんどんバックグラウンドではファイルが消されている
このlsass.exeがプロセス名を詐称して活動しているに違いないと考えてあとで実験をしてみた




再度BootCamp全領域をClamAVでスキャンをかける
動作が確実なのでTerminalからかけてみたがやはりウイルスらしきものは出てこない




再起動をかけるがWindowsはdiiの不適合で起動できないという表示を出して止まってしまう
Windows単一の環境だともうここで完全にパニクってしまうかもしれない




まず悪さをしている張本人だと思われるlsass.exeをMacから探してみる
3つあるがこの場合WINDOWS¥System32の中にあるlsass.exeが怪しいと思われる




そこでバックアップ先のディスクイメージから同名ファイルと置き換える




Cドライブの第1階層にある「BOOT.INI」というファイルもタコファイルに置き換えられている
またアラートにあったHAL.DLLはWINDOWS¥System32の中にあるので
これらもバックアップのものと置き換える




これでやっとシステム自体は復帰した
やはり起動中のシステムファイルやアプリのバイナリまでは削除できないらしい




しかし大部分のファイルやアプリは削除されたあとで
システムが復帰しても結局できることは何もない




今度はwinlogon.exeというプロセスは
一つだけ起動していてCPUもほとんど喰っていない
これが正常な姿なのだろう




こんな大変な時でもDropboxはちゃんと動いてくれたので
Windowsのフォルダのすべてのタコファイルをwebにアップロードしてくれて
MacのDropboxのフォルダもきっちり全部タコファイルに書き換えてくれた
ここにもし重要ファイルを入れていたりすると使っているパソコンが
全部連鎖的にやられるという悲惨なことになるというオマケつきだ



このようにいかなる段階でもウイルス対策ソフトのスキャンでウイルス性のプロセスは発見できなかった。
「ウイルス対策ソフトを入れているから大丈夫」
とか言っている人達にはよくこの事実を見てもらいたい。
ウイルス対策ソフトだけではこのマルウエアは止められないし、ごく一部のウイルス対策ソフトは対応しているみたいだが単なるスクリプトだからいくらでも亜種は作れる。

ただ感染ルートはすべてユーザが自分の手で入れて自分でクリックして起動するというプロセスが必要で、 自律的に感染することはできないので感染力は強いとはいえないが、それでもWinnyなどをやっている人はハイリスクグループだということは間違いない。

そういう人達が気がつかないで持ち込んで、会社のネットワーク上のサーバを全滅させるなんてこともあり得ないとはいえない。
そうなった時に
「ウイルス対策ソフトも入れていたしファイアウォールも立てていたのに」
と訝しむことになるだろう。

その可能性を感じたのは、内蔵ディスクよりも先に外付けハードディスクやネットワークボリュームの方を優先的に破壊するように設定されていることに気がついたからだ。
そういうシチュエーションを想定して、まず外部のボリュームから先に破壊するという考え方になっている。

このすごい悪意からあなたは自分を守れるだろうか。



2009 年 11 月 19 日




anchor

MenuCracker
(Freeware)
OS10.4Tiger対応 OS10.5Leopard対応

失われたメニューエクストラ互換を取り戻すためのハッキングプラグイン。

先日Kasperskyをテストしてみたのだが、結果は散々で早々にアンインストールすることになってしまった。

それでもアンインストールが完了してもSystemUIServerを利用するメニューエクストラが表示できなくなった。
勿論システムがデフォで用意しているスピーカーアイコンや無線LANアイコン、Time Machineアイコンなどは問題無く表示できるのだが、Menu MetersiStat menusのようなSystemUIServerに依存するメニューエクストラが表示できなくなってしまった。

私は以前、Menu Extra Enablerでこれらの表示を可能にしたので、今回もインストールしてみたのだが、インストール完了してもやはり表示できない。

そこでMenu Metersの作者さんが推奨するもうひとつのイネーブラインストールアプリのMenuCrackerを今回試してみた。
すると今度は問題無くiStat menusが表示できた。

一度起動すれば次回からはログイン項目に入れなくてもちゃんと表示できる。
起動すればプラグインをインストールする仕組みらしいが、一応また不具合が起きたときのために作者の勧め通りに
~/Applications/
に入れておくことにした。


ところで余談ながらSystemUIServerに依存するこれらの本当のメニューエクストラに対して、私も一緒くたに「メニューエクストラ」と呼んでいるメニューバー常駐プラグインは、本当は
「メニューバーアプリ」
といい、そのアイコンはステータスアイコンということになるらしい。
これらはイネーブラが無効になっても問題無く表示できる。
ただしメニューエクストラの左側になってしまうが。

ここらは本当は厳密には違うのだが、私のサイトでは全部ひとまとめにして
「メニューエクストラ」
と呼んでいる。
中味の構成が問題なのではなく、ユーザから見た機能が重要なので敢えてこういう分類にしている。
以上ちょっと余談。





Kasperskyをアンインストールしたら
iStat menusがこのように表示できなくなてしまった
今回はMenu Extra Enablerは効かなかったので
MenuCrackerを試したところうまく表示できるようになった




ところでこの一番右のエリアがシステムが表示する「メニューエクストラ」
真ん中がサードパーティの「メニューエクストラ」、左のグループが
(Spacesが混じってしまっているが)本当はメニューエクストラではなく
メニューバーアプリのアイコンという区別がある
私は全部ひとくくりで「メニューエクストラ」と呼んでいるが
この真ん中のグループが表示できなくなっていたがMenuCrackerで解決した




anchor

タコウイルスの拡張子偽装のメカニズムもわかった〜のだがやっぱりWindowsって安全に問◎▼×$?★♂∫・・・

先日気になっていたタコウイルスの検体を入手してその仕組みも大体わかったのだが、この「ウイルス」の一番気持ち悪いところは拡張子を偽装しているというところだった。

未確認情報で.aviをエンベロープのように使って、その中に実行形式にファイルを仕込むことができるのだ・・・とかつぶやいている御仁がいたが、そういうものはまだ確認できない。
もしそんなことができるなら大問題で、今のところセキュリティ的に安全だと思われる.aviや.movなどの形式のファイルの安全性を全部見直さなければいけなくなる。
パソコン世界の安全基準の根幹を揺るがすような話だが、今のところそういうものを確認できない。

それで予想では、昔よくあった
.avi                            .exe
というようなスペースを空けて本当の拡張子を隠しているのじゃないかと思っていたが、Macから問題のファイルを見ているとスペースを入れているような様子もなく、普通に.avi.scrというように二重拡張にになっているだけだ。

これはどういうことか調べていてこちらのページの記述に出会った。

ひまぐらま-実行形式拡張子 「 .scr 」

要するにWindowsの世界では拡張子表示にしても未登録の.dmgなどの拡張子は表示されるが、.scrのようなスクリーンセーバの拡張子は隠される。
しかもexeが実行ファイルの拡張子だというのは皆知っていることだが、他にもいくつも実行形式の拡張子があるというのは案外知らないんじゃないだろうか。
しかし.exeと.scrは実際には拡張子が違うだけで中味は全く同じだということだ。

その証拠に.exeファイルの拡張子を.scrに書き変えても普通に動く・・・(゜Д゜)

フォルダオプションの設定で、「登録されている拡張子は表示しない」という設定が入っていると、この.scrは隠されてしまうからこういうことが起きるのだが、これがこのウイルスでは狙われたわけだ。
初心者はこういう未登録の拡張子を見て「確認した気なっている」ということもあり得る。
ダウンロードしたファイルに普通に「.avi」の拡張子がついていたら初心者は安心してしまうだろう。

初心者は
「ちゃんと拡張子は確認しました。.aviになっていました。なのにやられてしまいました」
というだろう。
上級者が
「こんなウイルスに引っかかるヤツがバカなのだ」
といっている記述をあちこちで見かけたが、でもシステムのデフォルトの設定がそうなっているのだ。
初心者が馬鹿だからというのはちょっと酷すぎないだろうか。
私は知らなかった。
私も初心者だが・・・

こういう初心者には安全管理ができないようなインターフェイスそのものにやはり問題があると思う。
少なくとも.exeや.scrも未登録の拡張子も扱いをいっしょすべきだ。
拡張子なんて隠すか見せるかのふたつにひとつで、それ以外の細かい設定なんて混乱するだけで無用だと思うのだが、そういうもんじゃないのだろうか。
そして拡張子はデフォルトですべて表示する設定にしてほしい。
これはMacでも同じことだが・・・

とにかく、そういう「欠点」を突かれてWindows初心者は今日もイカタコクラゲフグの犠牲になっているわけだ。
おめでたいことである。





先日確認したタコ「ウイルス」の拡張子がちゃんと表示されている




どうやったかというとエクスプローラのツールから「フォルダオプション」に入る




そこで「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外すとすべての拡張子が表示される
そうすると上記のように偽装拡張子の下に.scrというスクリーンセーバの拡張子が現れる




上記チェックが入ったデフォの状態だと、偽装の.aviは残って.scrは消える
ややこしいのは未登録の拡張子はこの状態でも見えるので
初心者はそれを見ているケースがあるということだ
拡張子はすべて隠すかすべて表示するというふうに単純化してほしいものだ
こういうデフォルト設定で「一部だけ拡張子が隠れる」というのは私も初めて知ったが
Windows上級者がこの手のウイルス感染者をバカにする理由がわかった
しかし初心者でも安全管理が問題無くできるインターフェイスでないと意味がない
と考える私は「所詮、発想がマカ」ということになってしまうのだろうか




この.scrが隠れる設定がいかに問題が大きいかをテストする
ここにiTextというMacでも愛用しているテキストエディタがある
Windows版の拡張子はアプリなので.exeだ




この拡張子をスクリーンセーバの.scrに書き変える
当然システムは「そんなことして動かなくなっても知らんぞ」というアラートを出す




しかし拡張子を書き換えたiText.scrは問題無く起動した
つまりこの方法で実行ファイルの拡張子を隠すことができるし
簡単に偽装することもできるということだ




先ほどのフォルダオプションの設定を戻したらiTextも.aviファイルに偽装できた
このアプリのアイコンリソースにAVIのアイコンを貼ればもう見分けがつかないだろう
こんな偽装は初心者でも簡単だ・・・引っかかるヤツがバカだといわれればそうかも・・
ともかくWindowsを使っている人は仮想マシンだろうがBootCampだろうが
上記のフォルダオプションの設定を今すぐ変更することをお薦めする
そしてクリックする前に拡張子を確認すること・・・身を守る方法はこれしかないと思う


2009 年 11 月 20 日




anchor

intel/Macにも欲しいハードウエアテストをMemtest86+で実現する

PowerPCの時代のMacOSXにはシステムインストールディスクといっしょに
「アップルハードウエアテストディスク」
というものが同梱されていた。
これはそのディスクがブートディスクになっていて、そこから起動してロジックボードやストレージ、メモリに異常がないかテストするというものだった。
これはどうも見た目の印象からいってOS9あたりで起動して、そのテスト項目を実行している感じでだからなのかわからないがintel/Macになってからそういうものが付属してこなくなった。

古い「ハードウエアテストディスク」をintel/Macに挿入しても勿論起動できないので、テストもできない。
あまり当てになるシロ物でもなかったが、それでも無くなってしまうと欲しいものかもしれない。

それはそれなのだが、会社で管理しているMacのメモリに不具合があるかもしれないという疑いが出てきたので、ハードウエアテストのようなことができる方法はないか探していた。

そしたらこういうものを見つけた。

Memtest86+ - Advanced Memory Diagnostic Tool

これはどちらかというとWindowsPCにブータブルディスクとして入れてそこから起動してメモリテストをするというものなのだが、最新版はintel/MacのみならMacにも対応している。
それでさっそくこれを試してみた。

詳細はキャプチャー参照だが、要はisoファイルをダウンロードしてきてこれをディスクユーティリティでCD-Rに焼き、ここからブートする。
あとは自動的に事態は進行する。

テストは起動している間ずっと繰り返されるが最初のラウンドが終わったら画面下に
「テスト完了 異常なし」
という表示が出る。

それでメモリに関しては静電気や熱、アロケーションエラーなどでやられていないかを見つけることができるかもしれない。


ところでこの画面見たことがあるなと思ったら、PC版のUbuntuに付属していたUbuntu Memtest86+と同じ画面だった。
Ubuntu版はバージョンはまだ2だったと思うが、要するにこれはLinuxのレスキューディスクで、ここから起動してメモリテストができるというパッケージになっているらしい。

メモリが不具合を起こすと、頻繁にカーネルパニックを起こしたりする、特に再起動をかけて起動時に画面がサーッとグレーになってお馴染みのカーネルパニック画面になるということがしょっちゅう起きる。
そうなら、メモリの不具合を疑っても良いかもしれない。
その場合、どの程度役に立つかはわからないが、アップルハードウエアテスト以上には役に立つかもしれない。





上記サイトから.isoのディスクイメージファイルをダウンロードしてくる
それをディスクユーティリティのトレイに載せて準備する




そのイメージアイコンを選択して右クリックすると
「〜.isoのディスクを作成」というメニューが現れる




あとはタブの作成ボタンを見ていれば良い




でき上がったディスクはブータブルディスクになっているので
Cキーを押しながら再起動すればCD-Rから起動できる
起動が完了したら事態は自動的に進行する




さてこの画面だが見たことあると思ったらUbuntuのx86版に
付属していたUbuntu Memtest86+と同じ画面だ
このままテストが完了するのを待っていれば良い
画面下に「テスト完了、メモリに問題無し」というような英文の表示が出る




テスト番号は1から99まで、上のプログレスバーで進行状況がわかる
全部終わったらまた最初から繰り返す




画面の右上には主にハードウエアの構成の情報が表示される




画面下には操作キーの説明が出るが残念ながらMacで使うとキーボードが無効なようだ
終了は電源ボタンの長押し以外に方法はない



<追記>
BBSに情報をいただいたが、intelMac以降もパケージディスクではなく製品付属のシステムディスクにはハードウエアテストが同梱されているそうだ。
私は知らなかったので、「無くなってしまった」と書いたが、実際には隠されていてDキーを押しながら起動するとハードウエアテストが見えるそうだ。





anchor

新型webサービス顔文字メーカーで、あなたのwebテキストも充実だ!

amachangさんのwebサービスサイト、
お顔☆メーカー - あなただけの顔文字作ります

最近自分の文章に出てくる顔文字がワンパターンだと感じているなら、ここで気に入った顔文字が出るまで、「再生成」ボタンをクリックしてみると良いm9( ゚д゚)っ

新しい顔文字を仕入れることができると思う。
いいと思うよ┐(#≧ェ≦)┌





顔文字メーカーのインターフェイスはシンプルそのもの
ランダムに顔文字がジェネレイトされるので気に入ったらお持ち帰り






Previous  Index  Next



site statistics
あわせて読みたい



青木さやか