Previous  Index  Next


2011 年 1 月 31 日




anchor

暖炉
(Freeware, via App Store)
OS10.6SnowLeopard対応

Macのデスクトップに暖かい暖炉を表示するアプリ。

美しい動画のビジュアルで暖かい暖炉を表示、フルスクリーンボタンあるいはコマンド+Fキーでフルスクリーンも可能で、今のところ機能としては暖かい暖炉のビジュアルを表示するだけの単機能だが、今年の冬は異常に寒いのでこの単機能でもありがたいかもしれない。

パチパチと薪が爆ぜる音つき。

これはApp Storeのみの配布となる。
これからこういうアプリが増えていくのかもしれない。
2011年1月末の段階ではApp Storeフリーウエアの部の人気第1位だ。





ドックに登録されたアイコンをクリックするとこんなウインドウで起動
下のスライドで薪が爆ぜる音の大きさを調節、フルスクリーン表示はボタンをクリック




フルスクリーン表示した雰囲気はなかなか良い
Macをこういう部屋のアクセサリにする秀作環境アプリだ






anchor

Cathode
(Shareware)
OS10.6SnowLeopard対応

ブラウン管時代の雰囲気たっぷりの表示を実現するターミナルアプリ。

名前のカソードとは真空管の陰極のことでブラウン管のモニターをCRT(カソードレイチューブ/陰極線管)といったことから来ているのだろう。
三極真空管はカソード、アノード、グリッドから成っている・・・なんてことをヲジサン達は中学の技術家庭の時間に習ったのだが、今は学校ではもうそういうことを教えないのかもしれない。
真空管なんていじることはまずないだろうし、最後の真空管だったテレビのブラウン管もこの数年でほぼ絶滅して、液晶やプラズマに置き換わってしまった。

真空管はダイオードやトランジスタ、液晶パネルにすっかり置き換わってしまい、パソコンというとあのチラチラする画面のブラウン管とキーボードが付いた機械というヲジサン達の時代はもう終わってしまった。

でもブラウン管モニターに文字が出てくるCRT時代のモニターも今見ると懐かしいんだなぁ。
このCathodeはカソードレイチューブ時代のモニターの雰囲気を再現するTerminalアプリ。

コマンドラインを使うならOSXに標準で付属しているTerminalで特に不満はない。
不満はないんだけどデフォルトの白地に黒文字のコマンドが並ぶシェルはなんとなく味気ない。
黒地に白文字の方が目に負担もかからないと思うので、そういう設定にしているけど、Cathodeならあのグリーンのキャラクター表示モニターの時代の表示を再現する。

再現しているのは昔のテレビっぽいスクリーンの枠とCRT特有の表面が球状に歪んだ表示面だけではない。
緑の文字が出るスクリーンは、CRTらしくチラつきが出るし、時々画面が揺れて水平同期が乱れた時のような荒れた表示になる。

表示はウインドウ表示とフルスクリーン表示、2倍表示などがショートカットキーを用意されている。
フルスクリーンはコマンド+Fキー、
ウインドウ表示はコマンド+1キー、
2倍サイズのウインドウ表示はコマンド+2キー

という感じ。

また設定でテーマをいろいろ選べるし、設定で新しいテーマを作ってそれを保存することも可能。
自分好みの「昔使っていたあの懐かしいモニター」を再現してみるのもいい。

一応シェアウエアになっているが、レジストしなくてもフリーでも使える。
ただしレジストしていないと段々画面表示の乱れが激しくなってきて「壊れかけたCRT」も再現してくれるというギミックもついている。
勿論アプリを再起動すればまた元の表示に戻るが、起動時間が長くなればまた段々乱れてくる。

レジストするかどうかはお好みで。
「あの壊れかけたブラウン管モニターが懐かしい」
という人はレジストしないで使い続けるという選択肢もある。





Cathodeのデフォルトテーマの表示ウインドウ
画面が曲面状に歪んでいるし黒地に緑のざらざらでブラウン管のちらつきも再現
よく見ると枠や画面の映り込みも再現されているし、
スイッチが入る時に画面が広がるように表示が始まるCRT独特の癖だとか
ターミナルコマンドを使いたいという目的にはムダなリアリティがオモロい




コマンド+Fキーを叩けばフルスクリーン表示に切り替わる
CUIコマンドを使うならこういうモニターでないと嫌だというヲジサンユーザにお勧め




メニューバーから表示を切り替えることも可能
コマンド+1で実際のサイズ表示、+2で2倍サイズ表示、
+Fでフルスクリーンと切り替えができるのを覚えておこう




設定画面でテーマはいろいろ選べる
プリセットで用意されているものはこんな感じで結構バリエーションがある
よく見ると色目だけでなく枠やスクリーンの艶、映り込みもそれぞれ微妙に違う




ターミナル画面のテーマを選ぶのは上のプルダウンから
下でさらに自分好みの詳細設定も可能
Familyはフォント表示のことで、文字サイズ、文字数、
カーソルタイプ、背景・文字色目など細かくいじれる




スクリーン背景の色目、画面の枠の色目、局面のRとかこれも細かい設定が用意されている
フリッカーやジッター、水平同期の設定はレジストするといじれるようになる




これらの設定をいろいろいじって自分好みの
懐かしいCRTモニターを作ってテーマを保存することもできる
設定画面下の「Save As」ボタンをクリックして名前をつけて保存する




なおレジストしないでずっと使っているとこのように
ジッターや水平同期の乱れが段々ひどくなってくる
アプリを再起動すれば元に戻るが長い時間起動したままだとまた段々乱れてくる
このまま「壊れかけたCRTモニター」の雰囲気を楽しむもよし
レジストして設定をいじれるようにするのも好みのままだ


2011 年 1 月 28 日




anchor

WindowsからMacに乗り変える疑問番外編〜ウインドウをしまう・開くTips

MacとWindowsの間の差で、たくさん開いたウインドウをどうしまってデスクトップを表示するか、しまったウインドウをまた選んでどう呼び出すのかというのがある。

以前Windowsユーザと話していた時に彼が
「Windowsのタスクバーは便利ですよ、複数のウインドウを格納してそれをまた選んで開くことができますから・・・」
と言っていたのをふと思い出した。

その時は聞き流していた。
別にそういうのを「便利だ」とは思わなかったし
「選んで開くことができるといったってWindowsの場合全部文字表示だからいちいち選ぶ時に読まないといけないぢゃないか、そういうのは便利とは言わんのだよ」
とも思ったので聞き流していたのだが、同じような機能がMacにもあることを知った。
ウインドウの振る舞いについては知らなかったこともあるので、今回は疑問番外編で「Macでウインドウをしまう、あるいはしまったウインドウを開くTips」ということで。


きっかけは先月の「マックピープル」の付録「Mac・Win」操作の違いの大特集の小冊子で、ここの頭に「MacとWindowsのウインドウの振る舞いの違い」の記事。

ウインドウが複数開いていて、それが重なって表示されるというのがMacとWindowsの大きな特徴で、Appleがこの表示法の特許をほぼ放棄したような状況があって(詳細はこちら『アップル』は当時を知る人達にちゃんと取材してまとめられた久しぶりに読んだ良書だったを参照)、今ではWindowsだけでなくUNIXやLinuxのX-Window、GNOME等も普通にウインドウを重ねて表示している。

重なったウインドウをどんどん切り替えて作業ができるのが便利ではあるのだが、このUIの機能は別の問題を引き起こした。
ウインドウがたくさん開くと段々収拾がつかなくなってくる。
それでそれをしまうことになる。
Windowsの場合はタスクバーに、Mac OS Xの場合はドックにということになる。
たくさんしまうと段々その表示も混雑してきて今度は開く時に不便になってくる。

そこで上記のように
「Windowsの場合はウインドウが増えてくるとタスクバーのシンボルがひとまとめになってリスト表示で選べるようになるので便利」
という機能がある。





WindowsのExplorerはウインドウがたくさん開くと
タスクバーのシンボルをひとまとめにする機能がある
ウインドウを開く時に格納しているウインドウをリスト表示して選べる


Macの場合はこれに対応する機能は何になるかというとドックへの格納ということになる。
旧MacOSではウインドウシェード(ブラインダーのようにその場でウインドウを畳める)機能があったし、私は主に「ウインドウを隠す」機能を多用しているのだが、一応ドックに仕舞うこともできる。

因にウインドウを隠す機能はメニューバーからもできるが
コマンド+Hキー
を覚えておくと良い。
ほとんど全てのアプリでこのショートカットキーは使えて、Macのウインドウ整理の最強機能だと思っている。
しかしそれでは話は終わってしまうので、OS X独特のドック格納の話を続ける。





Macのウインドウの左上、赤黄緑の三食ボタンのうち黄色をクリックすると
このようにジニーアクションとともにウインドウはドックに仕舞われる




これにもショートカットキーが用意されていて黄色ボタンをクリックしなくても
コマンド+Mキーを叩くと同じようにウインドウはドックに格納される




上記のマックピープルの付録を読んでいて知ったのだが
複数のウインドウを格納している時にドックのそのアプリアイコン、この場合Finderアイコンを
長押し(長クリック)すると格納しているウインドウのリストが現れる
このようにサムネールの下にタイトル表示されるという形式で
Windowsのリスト表示よりややビジュアル




ドックのアイコンにマウスオーバーするとウインドウタイトルを表示してくれるし
右クリックすれば「開く」メニューが何を開くかも表示する


ということでWindowsにある格納ウインドウのリスト表示機能はMacにもあるというお話(SnowLeopardから?)。

便利かどうかは知らない。
Windowsユーザのニーズに応えたということだろうと思う。

ところで以下余談。





ウインドウをしまう黄色ボタンはoptionキーを押しながら
クリックすると複数のウインドウを一気にしまえる
コマンド+M+optionキーでも同じ操作ができる




たくさんしまったウインドウを一気に開きたい時には
optionキーを押しながらドック上のウインドウアイコンの
どれでもいいからどれかをクリックすると一斉にウインドウが出てくる




そうなるとすぐに調子に乗ってしまう私
たくさんウインドウを開いて一気にしまうという遊びを始めた
さらにこの時にoption+shiftキーを押しながら
黄色ボタンをクリックすると面白いことになる




これぐらいウインドウが開くと例のFinderアイコン長押しのリストも意味があるかもしれない




と長々書いたが私にとって最強のウインドウ整理法はWindowShadeX
これと「隠す」機能の組み合わせがあればあとは特に必要を感じない
これはもともとOS9の機能をプラグインで復元しているのだがこれに勝る方法はない気がする
OS Xがウインドウシェード機能を廃止したのは返す返すも間違いだったと思っている


2011 年 1 月 26 日




anchor

VirusBarrier Express
(Freeware, via App Store)
OS10.6SnowLeopard対応

かの「インテゴ」が販売するMac向けのウイルス対策ソフトのVirusBarrierのフリー簡易版。

最近SophosとかNODとかフリー版のMacウイルス対策ソフトがちらほら出てきている。
多分機能に制限があるフリー版を体験してもらって製品版ソフトに移行してもらおうということなんだろう。

Mac向けのウイルス対策ソフトの老舗のインテゴがリリースしているVirusBarrierもフリー版が出た。
このインテゴという会社はいろいろ評判がある会社で、Macにはmp3にウイルスを仕込まれる脆弱性があると一人大騒ぎした時にも
「そんなウイルスは永久に現れない」
とエキスパートに冷ややかにあしらわれた。
実際もう7年経つがいまだにmp3ウイルスにはお目にかからないが。

そういう販売元が開発しているウイルス対策ソフトなので、それなりに自己判断で効果を評価して使ってもらいたいのだが、これはファイル監視などの機能を削ぎ落とした簡易版ということだろう。

VirusBarrier Expressは話題のApp Storeを通じて配布される。

ここからダウンロードページに入って「無料ダウンロード」ボタンをクリックすると例によって自動的にインストールされる。
ただしアンインストールは自動ではない。

アンインストールはアプリ本体と
~/Library/Caches/com.intego.virusbarrierexpress
~/Library/LaunchAgents/com.intego.virusbarrierexpress.agent.plist
/var/db/receipts/com.intego.virusbarrierexpress.bom
/var/db/receipts/com.intego.virusbarrierexpress.plist
~/Library/VirusBarrier Express
~/Library/Preference/com.intego.virusbarrierexpress.plist

あたりを削除することでOK。
一部は削除の時に管理者パスワードを要求される。

それで肝心のウイルス駆除効果の評価だが、Macのウイルス検体がないので確実性は不明だが、インテゴが提唱者のmp3genのウイルス検体はきっちり駆除した。
いまではこのmp3genに反応するウイルス対策ソフトはVirusBarrierしかないんじゃないかな。

Windowsのウイルスも反応して欲しいウイルスは大体駆除したが、手持ちの検体のうち以下の大物は取り逃がした。
W32Virut-5
Trojan Vundo
Trojan Downloader50347

Autorun/GamimaとかNetSkyとかのWindowsに迷惑をかけそうなウイルスに反応しているのは良いのだが、VirutとかVundoとか結構有名どころを素通しにしているのが、なんだかなぁ。
Macには感染の心配はないが、そのまま素通しでWindowsに渡してしまえば感染を媒介することには違いない。

またファイル監視機能は省略されているので、ウイルスファイルをMacに入れるだけでは何も反応しない。 本体ウインドウ、あるいはアプリアイコンなどにドロップするなどの操作をしてファイルをスキャンしないとウイルスを自動的に発見する機能は無い。
さらにウイルス判定したファイルを開くことができないようにロックをかける機能もない。

基本的には
VirusBarrierのスキャンスピードの速さを見てくれ」
という体験版だと思った方が良い。





話題のApp StoreVirusBarrier Expressをダウンロードする
例によって自動的にインストールされる




最初に起動するとアップデートをチェックするかどうか聞いてくる
勿論スキャンエンジンなどは最新の状態で使うべきなのでチェックする方をクリック




設定画面は別に用意されておらずツールバーで詳細を設定する
ここはスキャンを回避するディレクトリを設定するメニュー
ウイルス検体を置いているのでその隔離フォルダをドロップして登録した




定期スキャンはディレクトリとスキャン頻度のみを設定するという非常に大まかなもの




ウイルスのシグネチャー(ウイルスパターンファイル)は
2011年1月26日現在12月28日付けのもの
Mac向けのウイルスだけを扱っているなら充分な頻度だが
Windowsのウイルスの新種は毎日どんどん出てくるのにこの頻度は心許ない




スキャン画面はこんな感じ
スキャンしたいディレクトリを下のボタンで選択、あるいはウインドウにドロップ
クイックスキャン、フルスキャンの選択も可能




スキャン進行中の表示はこんな感じ




スキャンが完了したらこんな表示
「ウイルスは見つかりませんでした」とのこと




そこで早速手持ちのウイルス検体をスキャンさせてみた
ウイルスを発見した表示は標準的な「真っ赤になる」というもの




見つけたウイルスの場所とウイルスの種類を表示する
NetSkyを捕捉している




インテゴが「提唱」したmp3genもきちんと捕縛した
今ではこれに反応する数少ないウイルス対策ソフトだと思う




ところが反応していないファイルも結構ある




VirusBarrier Expressが反応していないファイルを調べてみると
Virut、Vundo等の大物Windowsウイルスも含まれている
Macのウイルス対策ソフトもWindowsウイルスに
対応しているべきだと考えているのでこの対応は中途半端だ




なおVirusBarrier Expressのワンクリックアンインストール機能は用意されていない
アンインストールはVirusBarrier等のキーワードを使ってFinderの検索ウインドウで検索する
タブの右の+ボタンで「システムファイルを含む」「不可視ファイルを含む」
と条件を足していけば設定ファイルも検索で一網打尽にできる




ファイル監視をしないくせに起動エージェントファイルが常駐していたり
UNIX領域にもファイルを残したり(App Storeの機能ではあるが)
するので徹底的に掃除した方がいいと思う
一部のファイルはrootパスワードを要求される


2011 年 1 月 24 日




anchor

Sunrise2
(Freeware)
OS10.5Leopard対応 OS10.6SnowLeopard対応

Web KitベースのMac専用オープンソースブラウザー。

このSunrise2の最大の特徴は洗練された操作ウインドウのデザインにある。
あらゆる場面で操作ウインドウが別に出てきて、それがメインの画面のしたに隠れてしまったり逆に操作画面が邪魔でメインの画面を確認しながら操作することができないというイライラを一切解消して、全てを一つの画面で表示するように考えられている。

例えばブックマーク。

Macの主力ブラウザのSafariですら、ブックマークはメニューからプルダウンでブックマークに追加ダイアログを開いて追加先を選ぶとか名称を変更するとかあまり直観的でない方法になっている。
このダイアログは今ではツールバーエリアからプルダウンみたいにして現れるデザインに変わったが、昔は別ウインドウで現れて、別ウインドウを表示中に誤ってSafariのメインウインドウをクリックしてしまったりするとダイアログが後ろに隠れてしまったり、いろいろ不便だった。

Sunrise2では、URLウインドウに表示されているファビコンをドラッグして、右のブックマークエリアにドロップするだけでブックマークに追加できる。
この方がはるかに直観的だと思う。
またブックマークをタブにドロップするとそのブックマークを開けたりする。

とにかく別ウインドウを表示しないという意味では徹底していて、ブックマークの上書きの警告やユーザエージェントの選択画面などもメイン画面のがひっくり返って出てきたり、サスペンドしてスモークパネルで出てきたり、ダウンロードウインドウも右下のペインに出てきたり、表示ウインドウが重なって見えなくならない工夫が全てにされている。

WebKitらしく表示は高速で、URLウインドウがGoogle検索フォームを兼ねているなど見かけはシンプルだが機能は盛り込まれている。
使えるブラウザだと思う。





Sunrise2のデフォルトの表示
見たところ右のブックマークのサイドバーが目を引く
ブックマークはこのようにアイコン表示もできるし
オーソドックスなリスト表示、タイル表示なんかも用意されている




このブックマークへの登録法が面白い
表示中のページのURLフォームのファビコンを
ブックマークエリアにドラッグアンドドロップする
これで登録完了




ブックマークをタブで開きたい時にはブックマークアイコンをタブの上にドロップする
あれこれ開いて順番を入れ替えるなんてことをしなくても開きたいタブに落とせるのが便利




ブックマーク登録が重複した時のアラートがこんな感じ
別ウインドウでタグが出るのではなく本体ウインドウにあくまで重なって表示される




URLウインドウはGoogleの検索フォームを兼ねているのでここにキーワードを入力して
フォーム右に現れた「ウエブ検索」ボタンをクリック(またはEnterキー)で検索を開始する




見つけたお宝ページをそのままキャプチャーを撮る機能もある
ツールバーのレンズアイコンをクリックするとこういうキャプチャー画面になり
「完了」ボタンをクリックすると保存先を聞いてくる




ユーザエージェントの切り替えもツールバーのボタンアイコンから可能
エージェントの選択画面はメイン画面が裏返ってその代わりに表示される
とにかくウインドウが重ならないというのがこのブラウザのコンセプトらしい




ツールバーの「ソース」ボタンをクリックするとメイン画面の下に
新しいペインが現れてページのソースコードを表示する




ダウンロードウインドウも右下に新しいペインが現れて
進行中のダウンロードを表示するという徹底ぶり




文字化けしているサイトに遭遇した時にツールバーの
プルダウンメニューでテキストエンコーディングを選択できる
これで文字化けサイトもすぐに表示を修正できるが
同じ機能を持つSafariよりもメニューが見えてる分だけワンテンポ操作が早い




ブックマークのサイドバーは右がデフォルトだが左に移すこともできる


2011 年 1 月 23 日




anchor

MacBook Proを開腹、掃除したぞ

MacBook Proを使い始めて間もなく1年になる。

その間、ほぼ毎日電源は入りっぱなし稼働しっぱなしで、結構ホコリっぽい環境でも酷使しているので内部のホコリが気になっていた。

年末にでも大掃除の時についでに、内部の掃除もすればよかったのだがいろいろ忙しかったので今頃開腹、掃除をすることにした。

MacBook Proの分解の仕方はこちらで紹介したMac分解サイトに手順が書いてある。
Macの分解手順解説サイト

それにしてもすごく分解は簡単になった。
一時期iBookやPowerbookは分解がかなり複雑になって、まるでルービックキューブのようになってしまいとても素人がかんたんに手を出せるような感じではなくなっていたが、サポートやらいろいろ問題があるなど反省があったのかもしれない。
MacBook Proの分解は、電源を落としたら底板のパネルのネジを全部抜くだけで内部の主要な部品にはもうコンタクトできてしまう。

これだけで後はソケットを抜ければHDD、ファン、メモリ、それに一応やってはいけないことになっているがバッテリの交換も簡単にできそうだ。


ホコリの方はやはり冷却ファンの通気路に細かいホコリが降り積もっていたが、思ったほどではなかった。
ホコリがつきやすい設計とつきにくい設計があるという話を聞いたことがある。
それでいえばこのMacBook Proの通気路の設計はホコリがつきにくい優秀な設計なのだろう。
年に一回程度は掃除をした方がいいと思うが、この感じならムリをすれば2年くらいはメンテナンスフリーで使えるかもしれない。





MacBook Proの分解の第1段階
底板パネルの10本のネジを抜けばパネルは
かんたんに外れて主要な部品にコンタクトできる




冷却ファンの3本のネジを抜いてファンを外す
これで通気路の大部分にコンタクトできるので
面相筆かなにかで丁寧にはたいてホコリを落としていく




ファンの口に当たっているヒートシンクのフィンには一番ほこりが積もっていた
ここをしっかり掃除しておく




冷却ファンの羽根にも結構ほこりが積もっている
これも表裏両側から面相筆などで丁寧にホコリを落としてやると良い




ソケットが緩んで冷却ファンが動かないというトラブルが
ないようにファンの回転数を確認しておく
私はsmcFanControlを使ってファンを監視している









Previous  Index  Next



site statistics



青木さやか