Previous Topへ Next

OSXのtips1-19

今まで運用記録に書いてきたシステム運用のtipsを一カ所にまとめることにした。 要するに記事の量が当初の想定よりも多くなってしまい 私自身探すのが大変になってきたからだ。 ちょっとしたメモとしてのtipsも結構重要な情報になったりするので ここで項目を集めることにした。
システムメンテナンスのtips

anchor

外付けハードディスク(NTFS)に大容量ファイルをコピー中にクラッシュ〜sudo rmでも削除できないファイルができてしまった…NTFSのトラブルはNTFSに解決させろ

Windowsでフォーマットされた外付けハードディスクに大容量ファイルを大量にコピー中にFinderがクラッシュしてしまった。

このFinderの癖というかドラッグアンドドロップでファイルを転送しようとすると、特にネットワーク間や外付けハードディスクなどにコピーなどをするとクラッシュしてシステムが固まってしまう悪癖は昔から一向に改善されない。

最近ではそういう時はターミナルを起動してcpコマンドでファイルの転送をすることにしているが、先日は魔が差して、つい大容量ファイルをWindowsのファイルシステムであるNTFSの外付けハードディスクにドロップしてしまった。

『MacからNTFSのボリュームには書き込みができないのでは?』
と思った人は、この辺の事情に詳しい人だ。
実はMacからもNTFSのボリュームに書き込みができるMountyを使用していた。
その時に虹色ボールがぐるぐる廻り始めて二進も三進もいかなくなった。
そしてFinderを再起動したら削除できないファイルができてしまった。





転送中のファイルがFinderのクラッシュとともに削除できないファイルになってしまった




ゴミ箱に移動して削除してもエラーコード50を表示して削除できない
What's Keeping Me?で確認するとなんと「Finderが使用中のため削除できません」という結果に…
そのFinderを再起動してもOSを再起動しても相変わらず
Finderが使用中のため削除できません」との結果
要するにFinder的には「まだ転送中」という認識らしい
つまりMacからは削除できないファイルになってしまった




こういうゴミ箱に消えないファイルができてしまった場合の魔法の呪文…
ターミナルを起動してrm -rf と打って削除したいファイルをドロップ
これでどんなファイルでも削除できるはず…が「フォルダが空ではないので削除できない」とな
-rfオプションはフォルダも再帰的に強制削除するはず、フォルダが空でなかろうが関係ないはず…
これよりももっと強力なオプションがないか探してみたがやはりこれが最強のようだ
要するに何かが正しい動きをしていないということらしい




結局MacではどうにもならずNTFSのトラブルはNTFSに解決させることにした
Windowsにこの外付けハードディスクをマウントすると「ディスクのスキャン」を推奨された




不良セクターの診断までやらせると時間がかかるのでファイルシステムエラーだけ診断させる




それでも結構な時間がかかるが…




その結果長大な診断結果のポップアップが出て大量のファイルが修正されたとのこと
詳細表示をクリックすると…




大量のファイルが修正されているがこれがどうも
例の「転送中のため削除できない」ファイルのようだ




マウントに成功するとMacのゴミ箱が.Trashesという名称で見えている




これを削除する




右クリックで削除メニュー




ごみ箱に移動するか聞いてくるのでとりあえず移動させる




ごみ箱に移動したのを確認したら「ごみ箱を空にする」メニューをクリック




ここでも空にするかの確認が表示される




ごみ箱が空になった!




無事削除できないファイルはWindowsで削除できたのだが
先にrm -rfコマンドを打った時に初歩的ミスをして
Macのユーザフォルダとシステムフォルダの一部を削除してしまった
仕方がないので今回は以前システムをインストールしておいた外付けハードディスクから
MacBook Proを起動してTime Machineから内蔵ディスク全域を復元する羽目になった
問題なく復元はできたが作業は1日半の遅延となった
なにやってんだか…



2018年10月7日













Previous Topへ Next





site statistics
青木さやか