Previous  Index  Next


2011 年 2 月 28 日




anchor

MacBook Proのハードディスクを500GBに換装、Windows7を導入してみた

1)まずはディスク交換〜andついでに先日死んだと思われたディスクを復活させた

表題写真の通りこういうものを買った。

主力機のMacBook Proの内蔵ディスクが手狭になってきたので、250GBに換えて500GBのディスクを購入することにした。
ただディスクだけ買っても面白くないので、Windows7のDSP版付きディスクを購入することにした。
楽天ー秋葉館のネット通販で
Windows7DSP版+HITACHIのSATA500GB2.5インチHDD+センチュリーのハードディスクケース
のセットが21000円也になっていたので、これに飛びついた。
アフィリエートでもないので敢えてリンクを張らない。
各位ググってみてほしい。

それを発注した翌日、先日ここに書いたようにMacBook Proの内蔵ディスクお亡くなり事件が発生した。
例の有名なジンクス通りなのかどうかは知らない。
さっそくこの三点が届いたのでまずディスクを交換してみた。





MacBook Proのカスタマイズは全てこの底板のネジを外すことから始まる
何度も書くが以前の製品に比べたら本当に分解は楽になった




底板を外したらもうすぐにHDDが見えているのでこれを外す
バンパーの固定ネジ2カ所を外す




するとバンパーが外れる




これでタブを引っ張ればハードディスクを持ち上げることができる




ディスクのSATAインターフェイスにケーブルが
差さっているのでこれを引っ張って抜く




ディスク交換の最大の難関はここ
といってもこのバンパー固定用のネジを抜いて新しいディスクに差すだけだ
ネジを抜くには特殊工具の6角ドライバーが必要だというところだけだ
ただし精密度が要求されるわけではないので
やや乱暴だが私はラジオペンチでこれを抜いた
多少キズはつくがディスクを固定できれば問題はない




このバンパーネジを新しい500GBディスクに差したら半透明タブを
新ディスクに貼り直して(写真では忘れている)ネジをバンパーの所定の位置にはめ込む
このタブはなくてもMacは問題なく動くがあった方がディスクを外す時に作業が楽になる




底板のネジを締める時にAppleらしいプロダクトのこだわりに気がついた
このアルミボディの底板にはアールがついているのだが
ネジ穴はそのアールの部分にかかっているものとそうでないものがある
アールにかかっているネジだけネジ穴が斜めに切られていて平頭ネジを締めると
底板のアール面とツライチになるようにネジ切りがされている
最初これに気がつかないでネジ山をつぶすところだった
日本のメーカーだったら全てのネジをシャーシーに直角になるようにネジ穴を切る筈だ
見た目の良さよりも工作の容易さ、正確性を重視したらそうなるからだ




全てのネジが底面とツライチになり組み込みは完了した
ここからシステムインストール大会が始まる


ということでSATAディスクは組み込みが完了した。
非常に簡単だ。
これも初級クラスのカスタマイズになると思う。

ここからシステムを新ディスクに復元していくわけだが、いくつかの方法がある。
1)システムディスクから起動してTime MachineバックアップディスクをUSBかFirewireで接続しTime Machineアプリから復元する
2)OSをクリーンインストールして取り出した旧ディスクをUSB等で差し移行アシスタントで環境を移す
3)設定を引き継ぐアーカイブインストール

今回はどの方法も使わないで、
1)クリーンインストールをしてアカウント設定も前と同じアカウント名でやり、起動ボリューム名のみを変える
2)外付けハードディスクに旧ディスクを入れてマウントしそこから起動して
/Applications
/Library/Desktop Pictures
~/Sites
~/Downloads
~/Desktop
~/Public
~/Pictures
~/Music
~/Movies
~/Library
~/Documents


の中の任意のフォルダ、具体的には事後インストールしたアプリや
ユーザライブラリの中の

~/Library/Application Support
~/Library/Calendars
~/Library/Dictionaries
~/Library/Fonts
~/Library/Internet Plug-Ins
~/Library/Keychains
~/Library/PreferencePanes
~/Library/Preferences
~/Library/Printers
~/Library/Sounds
~/Library/Thunderbird
~/Library/Favorites


等の環境に関連するフォルダの中身や

~/Library/Safari
~/Library/Feeder
~/Library/Mozilla
~/Library/Thunderbird

等の一部のアプリの設定項目をコピーした。
移行アシスタントを使うのとあまり差がないが、この方法の方が不具合を引き継がないと思っている。

そこで問題は先日不具合を出した内蔵ディスクが認識できるかだ。
だめならTime Machineボリュームからも同じ手順で復元できるが。
OSXをクーンインストールして旧ディスクをマウントしてみた。





このセットについてきたセンチュリーの外付けハードディスクケースに
取り出した旧ディスクを装着する
ケースふたを開けて中に見えているSATAソケットに
直接ディスクをスライドするように差し込む




あとはレールにケース蓋をはめてスライドして閉める




最後に完全にロックがかかっていることを確認する
ドライバーなどの工具を一切必要としないスグレモノだ




このケースはUSBケーブル端子も内蔵装備するお手軽品だ
このケーブルが断線したらどうなるという疑問はあるものの
ディスクからの起動には早速反応している




ディスクユーティリティで診断したところUSB経由なら
SMARTエラーを回避してディスクの修復に成功した
これで信頼できるディスクに戻ったかは何ともいえないが
当面バックアップ用としては使えると思う
ある程度時期が来たら初期化してバックアップシステムをクリーンインストールする予定


ということでとりあえず内蔵ディスク増量、旧ディスク復活作戦は成功した。
次回は同時購入したWindows7導入〜BootCamp奮闘編を








2011 年 2 月 27 日




anchor

MacBook Proのメモリを8GBに換装してみた〜その体感速度の差は想像以上だった

先日、Twitterではリアルタイムでお伝えしていたが、愛用のMacBook Proをいろいろパワーアップすべくパーツなどを購入した。

その一つがこれ。

現在愛用しているMacBook Proは
Mid 2009モデル(MB991J/A)
で、250GBの内蔵HDD、メモリは2GB×2の4GBという構成で使っていた。

それでもここにも頻繁に書いたが、VMWare FusionでWindowsXP等を常駐させて走らせながら、Safariのタブを30ほど開きっぱなしにしながら、Wordなんかを起動するというようなことをすると、虹色ボールが回りっぱなしになって、Swapがどんどん増えて7〜8個、3GBなんて普通で、ちょっと作業に熱中するとSwapが4GB、5GBなんてことも頻繁にあった。
Wordってメモリリーク起こしてるんじゃないか」なんて本気で思っていた時期もあった。

VMWare Fusion上のWindowsXPを軽量化して負荷を小さくする方法をいろいろトライしたことはここでも書いたが、もうソフトウエア的に対策するのは限界のように思う。 それで今回ハードウエアも強化することに踏み切った。





久しぶりのハード関連購入品第1弾はこれ
Macとは相性が良いという定評のSanMaxの4GBモジュールを2枚、計8GB




Macのモバイルはこのモデルの一つ前あたりから
DDR3というタイプに変わってそれ以前のモデルとは互換性が無い
購入には自分のモデルを確認しないと折角の新品メモリが使えないという悲しい事態になる


ところで今回はいろいろ購入したのだが、全てネットで発注する通販で買った。
今までとにかく自分で出向いて買いに行く主義で、こういうものを買いに秋葉原に行って歩き回るだけでいろいろ新しい情報も得られて刺激になるのだが、今回は通販の方が買いに行くよりも安いという実利をとった。

メモリの価格も底といえるぐらい下がっているからだ。
この合計8GBのメモリを今回15000円也で購入した。
メモリは多い方がいいのは当然MacBook Pro購入当時も知っていたが、昨年はまだ4GBメモリモジュールは1枚2万円近くしていたと思う。
それで断念した記憶がある。
いくらパフォーマンスが向上するのは分かっていてもこの値段は厳しいなと思っていた。

それが1年ほどで半値以下に値下がりしている。
これは買い時だと判断した。
そのメリットを最大享受するために今回は全て通販で調達した。

以下換装の様子とその効果について。





以前も書いたがかつてのiBook等と違ってMacBook Proの内部アクセスは非常に簡単になっている
底板のネジを紛失しないように一つずつ抜いたら底板のアルミプレートは簡単に外れる




アルミ底板が外れればもうそこにメモリモジュールのスロットが見えている
MacBook Proのメモリー交換は初心者クラスのカスタマイズになるが
それでも一応注意点はあるのでやるなら自己責任でやってほしい




メモリは静電気で死ぬことがあるのでできれば直接指で触りたくない
ドアノブ等に触れて充分放電した精密ドライバで
メモリを固定している左右のレバーを少し開いてメモリを持ち上げる
この時に固定レバーを折らないように力を入れないで少しずつ拡げること




左右のレバーが外れればメモリモジュールは自分でポップアップしてくる
それを抜き取る




1枚目を抜き取るとその下にもう一枚メモリモジュールが見える
メモリは必ず1GB×2、2GB×2というように対称になるように差されている
2枚目も同じ要領で左右の固定レバーをこじって開く




メモリを抜いたら交換モジュールを同じ位置に差す
ラベルが下になるように端子の切り欠きが右に来るように
向きに注意して下のスロットから差していく




メモリモジュールがスロットの奥までしっかり入っているかを確認すること
メモリ交換のトラブルは大半は「しっかりモジュールが
刺さっていなくで認識できなかった」というものだ




交換後Macを起動する
もうこの時点で体感できるほどスピードが速くなっている




左上の林檎マークから「このMacについて」を開いて
メモリが8GB認識していることを確認する




私は大抵いつもこれくらいのアプリを起動しっ放しにしている
Safariはタブを常時30ほど開いているしVMWare FusionでWindowsXPは常時起動している
この切り替えが以前はもっさりしていて切り替えの度に虹色ボールが
回ったりしていたのだが今は実にキビキビ切り替わる
新規アプリの起動も速い




以前は7〜9個、3GB〜5GBなんてSwapファイルは当たり前だったが
最大で3個、256MB、使用中領域はゼロという数字が新鮮だ


ということで予想以上に8GBメモリの効果は絶大だ。
これは皆さんにも是非トライしてもらいたい。

メモリは多ければ多いほど快適というのは昔からの常識だが、今のヘビー級のOSの時代には益々その効果は大きくなっている。

それにしてもノートパソに8GB!
数年前ならジョークのタネにしかならないような数字だ。
10年前に買ったiMacDVに640MBのメモリを奢ってやって、「オレって酔狂なのかな?」と思ったのを思い出したが、今じゃそんなメモリなんて雀の涙だ。

これだけSwapができなくて、物理メモリも空き容量が常時1GB余裕があると、うむらうす「ハル」さんの
Freemem Keeper
も入れて効果があると思われる。
長い間止めていたFreemem Keeperを常駐させることにした。

これで効果をさらに見てみることにした。

ところで取り出した2GB×2のメモリモジュールは近日中にメモリ2GBのMac miniに移植しようと思っている。
それもいずれトライしたら紹介する。



2011 年 2 月 26 日




anchor

内蔵ディスクが死んだ〜SMARTのアラートが生まれて初めて役に立った〜その時の脱出法

内蔵ディスクから起動できなくなった・・・

今回のトラブルはこれ。
こちらのIT用語辞典〜リダンダンシィにも書いたが、長くコンピュータを使っているとこういうことは必ずあることで、特に内蔵ディスクお亡くなりは歩留まりに近いものがある。

今回はある事情から大量のファイルを書き込んだり消したりディスクアクセスが増える作業をしていて、スリープ状態から復帰できなくなった。
それで強制再起動したところ、今度は起動できなくなった。

全く反応しないわけではなく、ジャ〜ンの例の起動音のあと、スクリーンが点灯してグレーの林檎マークが出る。
しかしそこから全く進まない。
林檎マークの下にデイジーギアも出てこない。


そこでやったことは
1)コマンド+Sキーを押しながら起動してシングルユーザモードに入る
しかし、最初の「System/Library/Coreservise/boot.efi」がブートカーネルを読み込むというところで表示が止まってしまう
2)コマンド+option+P+Rをトライ
可能性は低いがPRAMの問題も否定できないのでトライしたが、予想通り何ら変化は無い
3)Tキーを押しながら起動してターゲットディスクモードに入り、他のMacにマウントして、そこからディスクユーティリティをかける
これは最初数回は失敗
こういうものは根気強くやらないといけないので、数回失敗するごとにアンマウント、再度T起動、マウントして修復を繰り返す。
5〜6回目でパーティションのみ修復に成功、
4)この時点で再びシングルユーザモードに入りfsck -fyのコマンドをトライする
今回はシングルユーザモードにログインすることに成功、
fsck-fy
で長大なファイルシステムのエラー表示が出たので、これがなくなって「appears OK」の表示が出るまで繰り返す。
さらに、OK表示が出たらApplejackで全ての修復をかける
5)これで再起動したところ、漸くGUIのMac環境のログインに成功した
異常に時間がかかるが、ここからMainMenuのバッチタスクを実行、GUIでできる全ての修復動作をトライした。





シングルユーザモードに入って修復を試みたがEFIが起動系のカーネルを
呼び出すというシングルユーザモードに入る前の表示で止まってしまうので
ターゲットディスクモードに入って他のMacにマウントしてみた
最近のターゲットディスクモードの表示ってこんなトーンに変わっているんだという発見




格闘すること数回やっと起動ボリュームだけ修復に成功したが
相変わらずGUIでは起動できないのでシングルユーザモードに入って
fsck、Applejackをトライした
今度はちゃんとログインしてコマンドも動いた




ファイルシステムに大きな破損、アクセス権の大量の書き換えなど
数回のトライの結果やっとクリアしてGUIでのログインに成功
ところがログイン項目の設定など大量のアカウントの設定情報が失われていた




ここでSMARTReporterがSMART(ディスクの自己診断・詳細はリンク先)エラーの表示
SMARTが当てになるのかは議論があるところだが今回は初めて役に立った




そのSMARTエラーが出たハードディスクをディスクユーティリティ
診断したところ「修復できないハードウエアエラー」とのこと
この表示なので修復も消去にも進むことができない
Apple正規販売代理店に連絡してディスクを交換してもらえとの詔だ




今回初めて見たがSMARTReporterのアイコンが
真っ赤になって警告を発している(普段は緑色)


ということで一応起動にも成功したが、このディスクは修復不可能という表示。
普通ならここで諦めるところだが、以前にもディスクを復活させた経験があるので(もっともそういう前科持ちのディスクは信頼できないので予備バックアップ用にしか使えないが)、今回もバックアップを取ったあと後日トライしてみる。

Macには何かを買うと必ず旧機材が機嫌が悪くなるというジンクスがあって、昨日まで快調に動いていたMacがAppleストアの新製品を物色し始めたところ急にエラーを出して動かなくなってしまう・・・という話をよく聞く。
実は今回も、新しいディスクをすでに発注済みでそれが届く前日にこのトラブルが起こった。

その新しいディスクはWindows7のDSP版といっしょに購入した。
その件については後日。










Previous  Index  Next



site statistics



青木さやか