Previous Topへ Next

OSXのtips6-19

今まで運用記録に書いてきたシステム運用のtipsを一カ所にまとめることにした。 要するに記事の量が当初の想定よりも多くなってしまい 私自身探すのが大変になってきたからだ。 ちょっとしたメモとしてのtipsも結構重要な情報になったりするので ここで項目を集めることにした。

anchor

最近どうもトラックパッドの反応がおかしいと思っていたら…バッテリーが膨らんだ〜敢えなくバッテリー交換となりました…

最近MacBook Proの動きがおかしいと思っていた。

ドラッグアンドドロップをするときに、トラックパッドの反応が切れて掴んでいたファイルを落としてしまう…ときにはトラックパッドが反応しないこともある。

トラックパッドは一度不具合を起こしているので、カリフォルニアのパーツベンダーから並行輸入したものに交換している。

クリックが反応しなくなるだけでタップやスワイプは問題なく反応しているのでパーツの不具合ではないと思っていた。

そういえばトラックパッドを交換した時に、購入当時から感じていた漏電によるものと思われるパームレストのビリビリが治ったと書いたが、そのビリビリがまた最近ぶり返してきたような気がしていた。

これでピンとこなくちゃいけないのに、最近Macに関心がなくなってきているのか
「トラックパッドの交換の時にネジを強く締めすぎたかな?」
ぐらいに思って気にしていなかった。





MacBook Proの近影
この写真を見てピンときたあなたは鋭い…




そういえば最近トラックパッドがパームレストよりも盛り上がってきている気がする
いや、こうして横から見ると気がするじゃなくて明確にトラックパッドの方が出っ張っている
ここでふと嫌な予感がした




早速裏ぶたを開けようとするとネジが一本脱落して蓋が盛り上がっている…




そしてこの通り…
内蔵バッテリーが見事に膨らんできている
いやトラックパッドの反応がおかしいと思った時にすぐに気づけよ>オレ




問題のバッテリーは純正品ではあるがこちらの記事を書いた2014年に交換したものだ
こちらはXBatteryで確認したバッテリステータスヒストリー
初代のバッテリーはちょうど5年で容量が2000mAまで下がったがこのバッテリーは
6年使っても容量が4600mAも残っていて優秀だなと思っていたが…




coconutBatteryで確認するとこのバッテリーは250回充電している




coconutBatteryでチャージヒストリーを確認する
リチウムバッテリーの寿命はだいたいフル充電500回というのが相場なので
250回充電で充電容量が80%も残っているという数字がおかしい気がしていた




coconutBatteryのサイトでこの履歴を世間のビッグデータと比較ができるが
やはり充電容量の減り方の少なさが突出している
バッテリーの制御チップが膨らんだ影響でちゃんと動いていないということか…
そういえば最近表示の割にはバッテリーが減るのが早い気がしていた…
いや、気がしていたんだったら早く気がつけよ…


ここまでの診断は…過充電でしょうね。

以前会社の事務機やビデオ編集機として使っているMac bookやMacBook Proをサポートした時に気がついたけど、ずっと電源アダプターに繋ぎっぱなしで使っているMacBook Proなどのモバイルはバッテリーが膨れやすい傾向がある。

そして膨らんだバッテリーはもう寿命であると考えるべき。

無理して使っていると発火したり、最悪爆発してMac本体ごと黒焦げ…なんてこともありうる。

昔はMacBook Proを毎日のように持ち出して、バッテリーを結構放電させていたので容量は減少していったけど膨らむことはなかったが、最近はMacBook Proはずっとお家でお留守番で電源アダプタ刺しっぱなしでスリープしている時間が長いので、容量は減っていないがバッテリーが膨らんでしまったということなんだろう。

ほとんど使用していないバッテリーだったら交換プログラムの対象になっていないか調べる手もあるが、今回のこのバッテリーは純正品のバルクとはいえ交換したバッテリーだし実際に300回近くはフル充電しているはずだから寿命と考えるしかない。

前回の交換の年月日を調べたら6年3カ月も稼働しているし、まあ寿命なんでしょうなぁ…

物入りで痛い時期だが、バッテリーを購入することにした。





ところが以前発注したMacBook Pro純正バッテリーバルク品はページごとなくなってしまった
そりゃそうか、もう11年落ちだから純正品はさすがに手に入らんわなぁ…




ということでおそらく中国製のA1278バッテリーを購入した
それまでバッテリーの固定ネジは外しておき裏ぶたも半分だけ閉めて残りのネジは
紛失しないようにシャーシ側のネジ穴にねじ込んでおき交換バッテリーの到着を待った
中華バッテリーについては悪い噂も聞くが純正品も膨らんでしまうんだから
どちらにしても同じことでむしろBOOT用の電池が必要だから容量がすぐに激減しても
膨らんでないバッテリーが付いている方がマシという考え方で注文した
蓋を浮かせておくとなんとトラックパッドのクリックが普通に使えるようになった(!)
漏電も止まったような気がする…



2020年5月19日



anchor

バッテリーを交換した〜膨らんでないバッテリーを入れるとトラックパッドもクリックできるようになった&ビリビリもなくなった…

先日MacBook Proのバッテリーが膨らんで、その影響でトラックパッドがクリックできなくなった現象は、アマゾンに発注した新しいバッテリーが来て交換したところ治った。

トラックパッドが普通にクリックできて、ドラッグアンドドロップでもファイルを落とさなくなったのはとても使い勝手が向上した。

3本指でドラッグできるように設定していたので実はクリックができなくても支障はなかったのだが、それでもクリックでドラッグができるのはやはり画面を超えてURLなどをドラッグするときには便利。

そしてトラックパッドを交換したときに治ったパームレストのビリビリが再発しているような気がしていると書いたのは、気のせいではなかった。
バッテリーを交換したらビリビリがなくなった。

現在一度完全放電して再充電中。





到着した互換バッテリー(左)と膨らんだ純正バッテリー(右)
交換自体はY型ドライバーがあれば数分で完了する




せっかくなのでここで一つの実験
Mac ProもiMacも内部にブートメモリ励起用の電池が内蔵されていた
昔のPowerBookにも内蔵されていたはずだがどこかの世代でMacBook Proの
内蔵電池は省略され内蔵バッテリーがブート用電池を兼ねる仕組みに変わったはずだ
昔のMacBookは内蔵バッテリーを外すと起動できなかった
この世代のMacBook Proも起動できないのか試してみたことがなかったが
やはりそうなんだろうか?…とやってみたところやはりバッテリーなしでは
電源アダプターをつないでも起動できないことがわかった
ということは今のMacBook Proはバッテリーが死んだらもう起動できなくなる?
それともブート用の乾電池が復活したのかな?興味深いテーマだ




気を取り直してバッテリーをつないで起動したところあっさり起動した




そしてトラックパッドは引っ込んでいる
素晴らしい!




XBatteryで確認したところチャージ回数は1回で充電容量は6008mAとなっている
出荷時の充電率は83%まあまあのコンディションだ




coconutBatteryで見ると製造後70日となっている




そして履歴を見ると充電1回、設計スペックの104%の充電容量となっている
6008mAの充電容量は設計スペックを上回っているが新品のこの数字はアテにならないので
一度完全放電して充電容量や起動時間などのちゃんとした数字が出るように
バッテリーのメモリをリセットすることにした




2%まで放電した状態
過放電はバッテリーを傷めるのでここまでにしておく




やはり残充電量が20%を切ったあたりで5%ぐらいまでストンと落ちている
実際の充電容量は5000mAというところのように思われる



とりあえずMacBook Proが治って良かったのだが、内蔵バッテリーが死ぬとブート用の電池がないと起動できないという、なんとなく気づいてはいたけどやっぱりそうだったのかという事実を突きつけられると、最近のバッテリーが交換できないMacは大丈夫なんだろうかと思ってしまう。

リチムウムイオンバッテリーは充電回数500回で充電容量は25%を切って、MacBook Proの場合一時間も起動できなくなるのは経験済みなので、今のバッテリーが交換できないタイプのMacモバイルも、内蔵電池が入っていないならバッテリーが死ぬと同時に起動もできなくなる…ということにならないだろうか?

それとも内蔵電池が復活したのかな?

興味深い疑問だ。

【追記】

チャージが完了した。





チャージはおよそ6時間かかって途中チャージレベルの
ジャンプもなくほぼスペック通りの性能になりそうだ
互換バッテリーは当たり外れがあるようだがこれは当たりだったかもしれない



さらに TemperatureMonitorでバッテリーの温度も監視しているが前のバッテリーが
33℃前後で推移していたのに対して新しいバッテリーは27℃前後となっている
前のバッテリーはやはり発熱していたということなのかも


2020年5月21日









anchor

USBあるある〜USBプラグに関するチョーアフォなTIPS…これを考えた奴は見つけ出して公開銃殺にするべき…

USBケーブルについてのあるあるネタの話である。

USBケーブルを挿すと差しグチの向きが逆になっていてプラグが入らない…という経験をしたことがない人はおそらくUSBユーザーで一人もいないはずだ。

USBのタチが悪いのはもともとプラグの立て付けが悪いため、最初にプラグがうまく挿さらないので逆にしたらまた入らないので「あれっ?」と思ってよく見たら最初に差した向きであっていて2重にイライラさせられるなんてところ。

これもそもそもUSBケーブルがぱっと見どっちが上でどっちが下かわからない形をしているのが問題だ。


工業製品のジャックというのは例えばD端子とかDINケーブルとか必ず上下がわかるような形状にデザインされている。

RCAピンケーブルやBNCのようにそうなっていないケーブルはどう向きに差してもだいたいうまく挿さるようにデザインされている。
AppleのLightningケーブルなんかもそういう考え方だ。

しかしUSBは向きに関しては何の表示も形状の工夫もないくせに、上下を間違えると絶対に挿さらない仕組みになっている。

こんな規格を考えたアフォにはイグノーベル賞を与えるべきだ…と常々思っている。

世界中のUSBユーザーが1日に少なくとも5秒はこれでイライラさせられている。

1日に5秒ということは週に35秒、月に150秒、年に1825秒、つまり30分25秒、この20年間に36,500秒、つまり10時間8分20秒も損失していることになる。
全世界にUSBを抜き差しする人口がこの20年間に平均30億人だとすると、109,500,000,000,000秒もの時間を人類は損失したことになる。
これはおよそ300,000,000,000時間、1,250,000,000日、3,424,657年と6ヶ月、実に300万年もの時間を人類は失ったことになる。

これはアファール猿人から人類に進化するまでの時間に相当する。

この時間を千葉県の最低賃金でかけると、312,000,000,000,000円、つまり312兆円もの生産性が失われたことになる。
これは実に日本のGDPの6割に当たる。(コノケイサンアッテイルノカナ?)

こんな規格を考えたヤツは公開銃殺にされても文句は言えない。





口絵写真のごとくMacやPCにUSBケーブル、フラッシュメモリを
挿そうとして挿さらないというイライラは日常的
これはUSBのプラグの形状がこのように片持ち接点の
デザインになっていてオスもメスもどっちが上でどっちが下か
わかりにくいデザインになっているからだ




そこで電極ベイで窓がふさがっている方をアクリル塗料で赤く塗る
赤でなくても蛍光グリーンでもショッキングピンクでもなんでもいい
とにかくこちらが下だとわかるように塗る




Macの場合は大抵筐体側のベイは上側なので
このように赤が見えている時はUSBは挿さらない
挿してみてイライラする前に挿さるかどうかがわかるようになる




WindowsPCも概ねMacと同じはずなのだが中には逆のデザインもあるかもしれない
あるいは充電アダプターなんかも向きがどうなっているかはよく見ないとわからないので
このTIPSはほぼ日常使いのMac限定でしか効果がないかもしれないが一応イライラは減る



このUSBのジャックのデザインだが、確かなことはわからないが以前に聞いた話ではUSBの策定をする時にジャックは任天堂のゲームボーイかかなにかのデータケーブルのデザインを参考に決められたという話を聞いた。

任天堂のデータケーブルのジャックの形は長方形の一つの角を斜めに切り落とした変則五角形の形をして逆に挿せないようにちゃんと考えられていたが、USBにこのデザインを取り入れる時に製造コスト低減を考慮に入れてこの切り欠きをやめて長方形のジャックの口に決めたということだった。

本当かどうかは知らないが、本当ならまさにこれを「劣化コピー」というんだろう。

おかげでUSBは300万年もの時間と日本の実質GDPの6割もの生産性を毀損する規格になってしまった。

1日も早く絶滅して欲しいものだ。




2020年11月16日









anchor

MacBook Proを更新しました…といってもM1ではありませんでした…Retina MacBook Pro

二ヶ月ぶりの更新

もう限界に近づいていたMid2009モデルのMacBook Proについに引退の時がきた…

新しく入手したのはこれ。

MacBook Pro Retina 15inch Mid 2015




そろそろ旧MacBook Proに見切りをつけてM1 MacBook Airあたりに買い替えをしようかと思い始めてたところ
「Macが遅い、重い」
という父の愚痴を聞いていた長男が初任給でMacBook Proをプレゼントしてくれた。

実のところ最新Mac、BigSurに乗り換えてVMWare Fusionに見切りをつけるところまでなかなか踏み切れていなかった。
駆け込みでインテルMacを買おうかと迷っていた。

負うた子に教えられ…というやつやね。

会社で使っていた修理品らしいけど、コンディション的にはほぼ新品なので気に入ってます。





Retina 15inch MacBook Proのデスクトップ
たった2インチの違いだけどデスクトップが広い
もうMacを持ち歩くこともそんなにないし老眼にはこれが優しい




Blackmagic Disk Speed Testで読み書き速度を計測
SSDのストレージはMacBook Proの自前FusionDriveの10〜20倍の速度




ちなみに同じテストを旧MacBook Proでやってみたところこのスピード




この旧MacBook ProをFusionDrive化した2015年にはこのスピードが出ていたが
Trim Enablerをかけていたにもかかわらず6年でここまでSSDが劣化したということだ
SSDはバッテリーと同じで書き込み回数に応じて寿命が決まっている



このMacBook Proは速いし軽いし見やすいし起動も速くていいんだけど内蔵ドライブが256GBしかない。

息子の会社はソフト屋さんなんで大きなドライブは必要ないんだろうな。

映像屋さんでこのドライブはあり得ないのだが、せっかくのスピードなので前々から考えていた使い方をいろいろ試している。

そこらをおいおい書いていくかもしれないし、他のことを書き始めるかもしれない。




2021年2月15日


anchor

新しいMacBook Proのドライブが256GBしかないのでかねてからの構想…『手元Mac以外全部サーバ』を構築

先日新しいMacBook Proが我が家に来たという話を書いた。

このMacBook Proの内蔵ドライブが256GBしかない。

SSDモデルのデフォルトの容量なのだが、手元に2TBなどの大容量ドライブを内蔵したMacを置いてファイルを直接操作するという従来の考え方にはそろそろ限界があるなと思い始めていた。

SSDは登場した当時よりは格段に安くなってきているが、それでもHDDのようにコモディティー化するというところまではいっていない。

多分構造的にそういう未来は来ないのではないか、大容量ファイルを保管するのはHDDでファイルを操作するのはSSDという住み分けがスタンダードになるのではないかと思っている。

手元はSSD内蔵の高速なMacを置いて、AppleTV向けのメディアファイルやiTunesライブラリ、FCPのビデオリソースとかでかいファイルは全部HDD駆動のサーバーにおいて、そっちをVNCやリモートデスクトップ、AnyDeskなどで遠隔操作すればMacもWindowsも関係なく全ての端末を一台のSSDMacで操作できるという構想を試してみることにした。


結論から言えば快適。





Retina MacBook Proをリモートのコントロール側に据えて旧MacBook Proはファイルサーバーにした
SpamメールフィルターサーバーだったMac miniは廃止してWebServerのiBook G4に兼任させ
VPNサーバーはメディアサーバーのMac mini Intelに兼任させてデバイスを整理した
ファイルのバックアップは旧MacBook Proにぶら下がってるHDDに集約して
どの端末が飛んでも全体としては安全なリダンダンシーを確保した
手元のデスクにはRetinaのMacBook Proが一台あるだけでスッキリした
バーチャルもWindowsでないとできない作業も全部MacBook Proから
リモートを取ってやらせているのでとても快適




ちなみにこれが2年ぐらい前のネットワーク概念図
MacBook Proは大容量ファイルを加工する端末として時に
HDD群やサーバーに直接続したり役割が不明確だった
今はほぼ完全に据え置きのサーバーになっている




この旧MacBook Proにぶら下がったHDDがちょっとした問題があって
OSをEl Capitanに上げてしまったためにRAID操作ができなくなってしまった
El CapitanではRAIDメニューがディスクユーティリティからなくなって
RAIDの解消や組み換えができなくなったため左ペインに全部「名称未設定」のボリュームになっている
Time Machineボリュームがいっぱいになってもボリュームの消去・フォーマットもできない
これEl Capitanの有名なバグだったようでSierraでは治っているのでRetinaでフォーマットする羽目になった



ちなみに今までこのサイトの画像加工はImagewellでやっていたが、書き出し画像のサイズがおかしくなってしまいついにまともに使えなくなってしまった。

もうとっくにサポート終了のアプリなのでこういう時がいつかくるだろうと思っていたが…

お手軽なアプリだったし画像にシャドウをつけるのも簡単だったんだけど、そういうアプリを見つけきれていないので当面はToyViewerで加工する。

ついに弊サイトもフラットデザインの時代に突入である…?




2021年2月16日



anchor

Sierra/MacBook ProでMain MenuでCPU履歴が表示できなくなった…滅びる運命のものを延命しても仕方がない…

先日から手元のリモート用の端末機のMacBook Proをいじっているが、概ね前の環境を復元できているが口絵のキャプチャーのようにMain MenuがCPU使用率の履歴グラフを表示できなくなっている。

CPUがどれぐらいフルアップ状態になっているかの表示でトラブルシューティングで助けられたことは幾度とあるのでこれだけはなんとかしたい。

とはいってもいずれmacOS10.15以降32bitのアプリは完全に切り捨てられる運命が確定しているのでいまさら延命してもしかたがない。

かわりになるアプリがないか探していたところ、なんとシステムバンドルのユーティリティのアクティビティモニタが使えることがわかった。





アクティビティモニタを起動して「CPU使用率」だけチェックしてアクティビティモニタのウインドウは閉じる




するとデスクトップにコアの数だけCPUメーターが表示される
「CPUウインドウを常に手前に表示」のチェックでフローティングにもバックグラウンドにも表示できる
本当はメニューバーの方がうれしいけど画面が広いからこれでも邪魔にはならない




バックグラウンドでVMWare Fusionを起動しその上でWindows7を
フルアップさせさらにCarrier Landingの再生機能で負荷をかけた様子
Mid2009 MacBook ProだとデュアルコアのCPUがフルアップして上に張り付いていたが
Core i7のクアッドコアだとかなり余裕がある




CPU温度は90℃に届かないのでファンも3000rpmの中盤あたりで止まる
6年でこんなにスペックが上がるのなら最新のMacは…という件については後述




CPUメータはあっても履歴が確認できないなと思ったらアイコンにヒストリーメーターを表示できる
知らなかったけどアクティビティモニタなかなか優秀じゃない!



6年でこんなにスペックが上がるのならさらに6年たった今の最新Macはいかに…ということだが、これは微妙。

このMacBook Proには10.12.6のSierraをインストールしているが、これは長男の会社の方針のようだ。
IntelMacの一番新しめで比較的マシなOSは10.12ということになっているらしい。
それ以降のHigh Sierra、Mojave、Catalinaは「入れてはいけないOS」という評価のようだ。
詳細はこちらでも同じような評価の回答があった。
歴代のMacを家に喩えるとどうなる?というQAを見てmacOSの歴史に思い致す…というかOSなんてどうでもいいか?

macOS Xはもう死に体ということらしい。

じゃあ最新のmacOS XI、Big SurとM1 Macはどうなのか?

多分趣味で個人的に自宅で使うぶんにはM1Macは最高の選択肢なのかもしれない。

しかし業務で使用するということに関してはまだ評価が定まらない。

というより業務で使用している人は、M1Macはまだ手は出せないだろう。

使うとしたら今の私のようにリモートのコントロール端末という使い方かな。




2021年2月18日









anchor

MacBook Proの発熱の傾向をHardware Moniterで確認した〜手のひらアッチッチは解消

CPUの稼働率はアクティビティモニターで表示、温度センサーの数値はHardware Moniterが引き続き使えることが判明したので、負荷をかけるテストをしてみた。

いろんなアプリを動かしてみてやはりビデオエンコードが一番CPUパワーを使うことが判明。

VOBファイルをmpeg3に変換するようなHandBrakeみたいなアプリを稼動するとCPUのすべてのコアがフルアップする。

その状態で筐体の温度を測ってみた。

CPUの瞬間最高温度は100°、平均で97〜8°というところまで上がったが、デュアルファンの恩恵かファンの最高回転は6000rpm前後。

CPUはやはりチンチンに暑くなるが排気口やパームレストはほとんど暑く感じない。

旧MacBook Proは膝の上に置いてClamXavのフルスキャンやビデオエンコードを走らせると膝を火傷しそうなぐらい熱かったが新しいMacBook Proでは熱いという感じはしない。





デュアルクアッドのCore i7のCPUを全部フルアップさせるにはやはりビデオエンコード
HandBrakeでmp3ファイルエンコードをかけて負荷をかけた




ファンの回転数は左6100rpm、右5600rpm
ガンガンぶんまわっているというほどでもない




それでもHardware Moniterで見ると瞬間値は100°
90°から98°あたりを行ったり来たりしている感じでやはりIntelは熱は持っている




でもパームレストの温度は最高28°、平均25°
それにパームレストがビリビリしなくなった
実際にはコアは熱を持っているが体感的には感じなくなった
M1Macはさらに発熱も抑えられているという話なので機会があれば検証してみたい



2021年3月4日









anchor

SIMフリーiPhoneを新調したところバッテリーヘルスを取得できなくなったので「このコンピュータを信頼しますか」を再表示させる

今まで使っていた私物のiPhoneがついに寿命というかパネル上部が膨らんできて中身が完全に見えるようになってしまったのでiPhoneを新調することにした。

といっても実のところiPhoneでいつも使っているアプリって10にも満たないので、それが動くiPhoneならなんでもいい。

かなり古い機種だがiPhone SEで別に不便を感じていなかったので初めて中古SIMフリーiPhoneを購入した。

1万5千円なり…安いしセットアップも30分ほどでできたので問題なかったんだけど、バッテリーヘルスを coconutBatteryで確認しようとしたら「iOS側で信頼できるデバイスとして許可しないと情報が取得できない」という警告が出てバッテリーの情報が取れない。

普通は新しいiPhoneをMacに初めて繋ぐと「このコンピュータを信頼するか?」という警告が出て「信頼する」をタップするとすぐに情報が取れるようになるのだが、USBをつなぎ直しても何も出てこないので信頼を許可することができない。

こういう場合の対処法。





新しいiPhoneをセットアップしたのでUSBをつないでバッテリーヘルスの確認をしようとした
coconutBattery「iOSデバイス側でこのMacを信頼する設定をせよ」と出る




普通は初回にUSBをつないだときのこのポップアップが出て「信頼」をタップすると
問題なく情報を共有できるのだがセットアップの時に間違えて
「信頼しない」をタップしてしまったのかもしれない




こういう時はMac側でiTunesを起動すると「このコンピュータが
iPhoneにアクセするのを許可するか?」
と聞いてくる
続けるをクリックするとiPhone側で「このコンピュータを信頼するか?」のダイアログが出てくる




間違って「信頼しない」をタップしてしまった場合iPhone側でもリセットできる
環境設定一般に入って下の方のリセットメニューに入る




この一番下の位置情報とプライバシーをリセット」
タップするとこの設定が工場出荷状態に戻る
他のアプリのプライバシー設定も全部初期化されるので
面倒な人はMac側からやったほうがいいかもしれない




この操作は当然最初に設定したこの端末のパスコードを要求される




最後に出てきたメニューのこの部分をタップ
これで出なくなった「信頼するか?」のダイアログがまた出るようになる




こうしてiPhoneの詳細情報を取得できるようになった
環境設定のバッテリーメニューでは85%になっていたバッテリーヘルスだが
coconutBatteryで見ると約73%になっていた
残念ながらこちらの方が信頼できる数字だと思う



2021年8月15日













Previous Topへ Next





site statistics